>
>
>
窮鼠はチーズの夢を見る
  • --位 ※今年度
  • レビュー数16
  • 得 点115
  • 神 率76.9%
  • 評価数,平均26 件 , 4.5 / 5
20 2 2 1 1
作品名
窮鼠はチーズの夢を見る コミック
著  者
 
作  画
 
媒 体
コミック
出 版 社
小学館
発 売 日
2006/01
価 格
¥505(税抜)  ¥545(税込)
ISBN
9784778010010
アマゾンで買う

eBook 電子書籍

どこでも読書

Android対応 BLコミック、小説豊富な品ぞろえ!

あらすじ

既婚者だが女性との不倫を繰り返す受けとそんな受けを慕い続ける攻め。


表題作

窮鼠はチーズの夢を見る

今ケ瀬

EX6 EX15

恭一

B

エロ度

標準的

プレイ

設定

リーマン 日常の出会い

トーン

せつない

既読(思い出した順)/きみどり気になる/いんちゃん売却/syusyu持ってる/みーぽぽ読んだ本/ruru9797 読んだやつ/みずやん購入済/蓮田既読済 漫画、本/。みぃ。漫画/めままめ読んだもの/あもlibrary(comic)/このいと既読/香雛既読本/るるたん所持作品/ぱりぱりうめ既読/どてかぼちゃ特に好きな本/どてかぼちゃコミック 殿堂の書庫/はうるスルメぼん♥/はうる神本たち/たなか水城せとな/シーザーのバンダナ既読/shoma所持*Comic/ゆうすくりーむよんだもの/にっこコミック/雅兎Lv.7/徹michi本棚/鈴猫コレクション ま行/椎名あんず既読本/MOLAMOLA☆神☆/sanda今の本棚/tsukasa既読漫画/みみたん。読んだよ~/持ってる本(ま行)/たまコミック+小説/altskylove読んだ/天河手元にあるコミック/ひろっくすコミック/わらびもち所有BLコミック/muff既読作品/ブックマーク/tuzu所有 作家・ま行/万斎手放せない本棚 ②/カイ(漫画家/挿絵家・み)/カイ所有/rkrk◆BEST of ストーリー/イチ。ドラマCD/さおりんlikes loves/山D未レビュー/商業誌/修行中

関連記事


16

※このレビューはネタバレ有です

言葉じゃ表せない魅力のある作品です。

作品名だけは聞いたことがあり、友達に借りる機会があり読みました。
読んでよかったの一言に尽きます。
借りて読んだものですが、今度は購入したい。

BLという括りにするのはもったいない。
いや元々その括りで売っているわけでもないようですが。
不倫や離婚、そういう部分まで書かれていて、ひとつの恋愛…人生を描いた作品というか。

主人公はややダメ男・恭一。
でもそちらに感情移入もできる。
年下攻めのゲイ・今ヶ瀬は、攻めなのに(?)すごい色気を感じます。
今ヶ瀬の気持ちを考えると、とても辛い。

特に最後は一気に読んでしまいました。止まらない。
終わり方はどうなんでしょう…ハッピーエンドとはいえないような形にも見えますが、この終わり方はよかった。
これからどうなってしまうのだろう。
どうしていくのだろう。
物語のキャラクターも、読者である私たちにも想像はつかず、読み終えてからも暫くこの世界から抜けられません。
私は切ない系のBLがすごく好きなのでこの気持ちも憂鬱ですがそれもまた楽しめましたが、苦手な人には気持ちを引きずってしまって辛いかもしれません。

絵が特に好みというわけではないのですが、話の内容にやられます。
見た目で選んじゃだめですよ、みなさん読みましょう。笑
BL好きじゃなくても薦めたい作品です。
たぶん私の中でこれを越える作品にはもう出会えないんじゃないかな。

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

切なすぎます。

今まで、
ほのぼの系を読んでいた私が初めて買った
せつないお話がこの本でした。

学生の頃、
初めて恭一と出会ってからずっと
恭一に片思いをしてきた今ヶ瀬。

でもその思いは、ずっと閉まってきた。
だけど、ある事で恭一と再会した今ヶ瀬。
それ以来、ずっと心の奥で閉まってきた

恭一への気持ちがあふれだしてしまって・・・

今ヶ瀬の気持ちを考えるとすごく悲しくなります。
「男同士」と言う厚い壁や、
夏木先輩の事とか、いっぱいあるけど、
今ヶ瀬の恭一を思う気持ちがすごく心に伝わってきます。

それでも、最後はハッピーとはいえないけど
2人の気持ちが1つになって良かったです。

この2人の幸せがいつまでも続きますように。

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

窮鼠はチーズの夢を見るレビュー。

BLモノは読み手を選ぶのであまり人には薦めないんだけど、コレだけはBLが苦手な人にも薦めたい1冊です。発売がレディコミなので腐女子向けというかBL特有のノリや女の子みたいに可愛い男が出てくるとか無茶な設定が無く、恋愛モノとして読めるのがオススメの点です。

不倫や離婚が絡んでくるのでどろどろとしてますが、そんな汚い部分を出してても好きだから手に入れたい。好きだから幸せになって欲しい。好きだから、本音は言えない。そんな切ない要素がギュッと詰まっています。

吸殻が捨てられないとか、貰ったモノをずっと大切にするとか、心理描写が凄く丁寧で所々共感出来ます。

タイトルを今ヶ瀬=『猫』、恭一=『鼠』、チーズとは恭一が夢に見た『女になった今ヶ瀬』と解釈するとより内容の濃さが読み易くなると思います。

BLに食指が動かなくてもいい。だけど食べず嫌いな状態ならコレだけは読んで欲しい。そう思える作品です。

ただオビ文が「――男とセックスするのは恐いですか…?」とすげぇのでレジに持って行くのは怖いかも。

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

窮鼠はチーズを諦められるのか

問答無用で読みなさい!と言いたくなる、超一級作品。
綺麗ごとではすまない男女を交えての恋愛が、心臓に直に突き刺さってきます。

もうすぐ続編と一緒に新装版が発売なので、そっちのほうで追々ねちっこく語りたいと思います。
これを読まずに腐女子の名は語れませんえ。

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

切ないっっ

今更の遅いレビューですが…

この作品を読んで改めてBLに嵌まりました。

正直、最近のBL作品は主人公達が出会ってヤるだけと言う印象を受けていました。内容が薄いと言うか、胸に刺さらないと言うか…

勿論探せば好きな漫画家さんや小説家さんにも出会えるのですがホントに少ないと感じます。(まぁ単に私の好みが偏ってるだけだからかもしれませんが…)

だからこの作品に出会えて本当に良かったと思います。
何と言うか、胸が締め付けられるんですよね。痛くて痛くて仕方なくてどうかこの二人を幸せにしてやって下さいって切に願ってしまう。こう言う作品を待っていた!!!って感じ。

今のところ1番大好きな漫画家さんです。

あーでも、ほのぼのが好きな方には向かないかもしれません。最後の方はかなり切羽詰まって来るので。
シリアス大好きな方にお勧めですね★
と言っても所々に笑えるような息抜き?的な部分はあります。個人的には、これはBL好きなら読むべき!!と思ってる作品です。

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

生々しくて切ない。

この本は、私が最初に読んだ水城せとな作品でした。
とにかく、主人公たちの感情が、“生々しくて”ひき込まれます。

好きで好きでどうしようもない人を、どんな手段を使っても手に入れたいと、
どんなに浅ましく、みっともなくても、欲しいと渇望する今ヶ瀬。
それに対して、誘惑にはめっぽう弱く、自分が可愛い身勝手な恭一。
彼の狡さや、優しさ、葛藤は、リアルだと思う。
だってノーマルな30男がいきなりゲイの道へ足を踏み入れるって、
相当な覚悟がいることだろうし、わざわざ茨の道を歩かなくても…と、
考えちゃうのも当然だと思うのです。
そのくせ、自分は返せない重みの愛情を、
今ヶ瀬に求めているような部分も見え隠れして、
今ヶ瀬は、いつまでたっても恭一への思いを断ち切れない。
なんとも切ない余韻が残る作品です。

そして、彼らの抱える薄暗い感情や欲望って、
多かれ少なかれ誰の心にも潜んでいるのではないかと、
だからこそ、これだけ多くの人がこの物語に
ひき込まれているのではないかと思います。

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

BLにハマったきっかけ

BLには興味なかったんだけど、なにげなく携帯からダウンロードして読んだのがこの作品だった。上位にランキングされてたから。
読み進むうち、今ヶ瀬の心情が切なくて切なくて、すっかりハマってしまった。
今ヶ瀬の「限界です」のセリフに号泣、ラスト近くのタクシーでのキスシーンに号泣。
読み終えて放心。そしてすぐさま再読。
本当に最高に素晴らしい作品だと思います。

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします
むつこ 09/04/05 01:48

>>乱菊さん
マジですか!
私も嬉しいー♪やっぱり紙で読みたいですよねぇ。
水城せとなさんは私にとったら切ない教の教祖です。たいがい結末で地獄に突き落としてトラウマをいただいてしまうんですが、それでも嫌いになんて絶対になれないという…もっとトラウマくれくれみたいな…もはや病気。

モバフラ、私もドキドキしながら読んでます。
たしか次回でラストだよねぇ…今度こそハピエンこいこい(念念念念…)

乱菊 09/04/05 01:25

「俎上の鯉は二度跳ねる」がついに発売決定ですね~♪
嬉しいです。
携帯で読んでましたが、やはり本で読みたかったので。
これで沢山の人が続編読めますよねっ。
ああああ、そしてモバフラの方の続きも気になるです。はい。
(先ほど最新版をよんだところ)

とにかく切ない

内容は他の人のレビューに詳しいので、割愛します。
今ヶ瀬のキャラが最高です。一途でいじわるで、不器用なんだか器用なんだか分からない。
恐喝したり携帯やパソコンをチェックしたり、やってることは無茶苦茶なのに許せてしまう。
この作品で水城せとなさんの大ファンになり、過去作品をがっつり揃えて読みまくるほどハマりました。
そして不安になりました。
水城せとなさんの漫画って、結末で鬱になる…。
悲劇も好きなんだけど、でも、これは今ヶ瀬を幸せにしてあげて下さい!
続編配信中ですが、完結が楽しみなような怖いような…。

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

続編を“出版”して!

何故にBLの新刊にジュディコミックスが?と思い手に取り、とっくの昔に読み終え、もっぱら車内でドラマCDを聴くばかりだった作品ですが、改めて読み直してみました。

今ヶ瀬の情の強さ(こわさ)におののき、恭一の流され侍にヤキモキし、女性陣の気持ちにも頷き、「ということは、殆ど端折ることなくドラマ化されているんじゃない?」と思った次第です。

なので、ドラマCDについて少し書きます。
恭一の優しいんだか事なかれ主義なんだかという、流され侍っぷりがよりハッキリとわかる中村悠一くんの情けなくも甘い声。
今ヶ瀬の奥に秘めた熱情と、表に出した非情が遊佐浩二氏の少しかすれたエロ声から伝わります。
続編もドラマにと、水城氏もおっしゃっていますので、是非出してほしいところです。

もちろん、続編の出版もしていただかないと困ります。携帯で読むのは苦手なもんで。

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

もっと早く出会いたかった

ここのサイトで皆様のレビューを見て購入。
表紙の絵にも題名にも全くもって興味をそそられなかったのですが…

なんだよなんだよコレ!!
こんな素晴らしい作品があったなんて知らなかったですよ!!

ほんと皆様がおっしゃる通り、ほんとムカつくくらい流され侍な恭一。
その彼を一途に思い続ける今ヶ瀬。
…ねぇ今ヶ瀬、ほんとにコイツでいいのかよ…と思ったのが正直な感想。
恭一に腹を立てつつ読みすすめていき、例のタクシーのシーンから最後までの流れでもう大興奮!!
壮絶色っぽい…!これBL誌じゃないんですよね?!
今ヶ瀬よかったね、と思いつつ、微妙な終わり方。。
「どうなっていくのかなぁ」は正直こっちが聞きたい。

しかし!続編の憂鬱バタフライと梟を読むとダメ。もうダメ。
涙腺決壊です。
今ヶ瀬の想いも恭一の想いも切なすぎる。
何でこんなにうまくいかないの??
この2作品を読んで今ヶ瀬がますます好きになるし、恭一のことも好きになりました。

ほんと、お願いします。
どうぞこの二人を幸せにしてください。



コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

切なくて切なくて

雑誌掲載当初と出版された当初、話題をさらった名作だそうですが、つい最近まで知りませんでした。しかし、私のBL漫画人生(最近始めたばかりです)の端緒とも言える作品です。

綺麗な絵とシュールな題名に惹かれて読み始めたら、これが!

優柔不断で流され侍(なんて素敵なネーミング)の主人公大伴恭一と、彼にずっと片思いをしていた大学時代の後輩今ヶ瀬渉の、偶然の再会から物語は始まるわけですが、この偶然をここぞとばかりに必然に変えようとする、今ヶ瀬がとにかく魅力的です。
最初は腹黒い奴と思っていた私は、わずか数ページで今ヶ瀬のけなげな姿にやられてしまいました。

何がって、恭一の手にひざまずいてキスするところ。
卑怯だって分かってるけどそうしたいほど恭一が好きだと迫るところ

序盤から見せ場ありすぎです。

大伴先輩の流されまくりの姿は、確かにイライラさせられますが、人生長く生きてるので(笑)、ああこういう人っているよねー、と私的には許容できてしまいました。

二人は、お互いの感情でお互いを振り回しつつ(ちなみに周囲はもっと振り回されるのです)、すれ違い、傷つけ、逃げて追いかけ・・ということを繰り返しながら、やがてどうしようもなくあふれ出る気持ちに気づきます。今ヶ瀬のあきらめなきゃ、あきらめなきゃと思いながらも、あきらめられないその気持ちと、恭一の認めたくない、怖い、いけないことだと否定しつつも感じてしまう感情が、終盤真っ向からぶつかるシーンは、読んでいて、息をすることを忘れてしまいそうでした。

未読の方は、この臨場感をぜひ!経験してください。

余韻と波乱を感じさせるラストは秀逸です。続編に続きます。ちなみに現在最終章を残して中断した形になっています。私が最終的に望むのは多くの皆さんと一緒・・・2人が主体的に幸せになることです!頑張れ恭一!未来はあなたの手にかかっていると思うよ。

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

慟哭

こんなに切ないお話を私は知らない。
水城せとなの作品はいくつか読んだことがあるが、たまたまなのか所謂ハッピーエンドというものがなかったので、この作品に関しても多少覚悟はしていたわけなんだけども・・・。

学生時代から気が狂いそうになるくらい先輩である大伴恭一に執着していた今ヶ瀬渉は、半ば脅迫に近い形とは言え、彼の弱みを握ったことで恭一の傍に居るチャンスを得る。
よくある展開を予想するならば、無茶であろうが犯罪まがいであろうが、押しの強い方に流されていつの間にかラヴ・・・みたいなのが常套なんだろう。
ところがこのお話を読んでいて無性に腹が立ち、そしてやるせなくなったのは、結局最後まで恭一が本当の意味で今ヶ瀬を愛してやれなかったところにある。
とにかく流され侍な恭一は、相手の気持ちに合わせて自分の生き方を決める悪い癖がある。
それは一見優しいと映るかもしれないが、裏を返せば決断を全て人任せにする最悪な人間とも言える。

今ヶ瀬が自分を愛していると言うから一緒に居る。
このおごりが抜けない限り、恭一の手には絶対に何も残らないのではないだろうか。
いくら2人が体を繋げる関係になろうとも、恭一が今ヶ瀬を渇愛しない限り、永遠に今ヶ瀬は片想いのままだ。
激情に駆られて今ヶ瀬を求めたかと思ったラストも「さあ これからどうしたらいい」とぼんやり思い悩む恭一が、本当に腹立たしく、そしてリアルだった。
どうしてのこの男はここまできて溺れないんだ、と・・・。
この操縦が利かないような何とも言えない浮遊感は、きっと今ヶ瀬の不安と同じなのかなと少し思ってしまった。

ちなみにコミックスの続編として小学館の携帯サイトで「憂鬱バタフライ」と「梟」が有料配信されているが、これはかなりオススメ。
コミックスだけでは消化不良だという方は、絶対に読んだ方がいい!と自信を持って言える。
こちらについては勿論、あまり深く触れないつもりだがひとつだけ。
非常にヘビーな終わり方ではあったが、私はまだ続きがあると信じている・・・というか、信じたい。
今ヶ瀬だって「愛してるから傍に居る」のではなく、「愛されてるからここに居る」ことを選びたいはずだ。
だって永遠に片想いなのはあまりにも辛すぎるから。

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

生々しい愛の言葉が溢れています。

主人公・恭一の後輩でゲイの今々瀬に脅され、思わぬ彼からの告白に流され、絆されていくのですが、この今々瀬が不思議なキャラなんですね。
普段は悠々と構えているのに恭一の事となると喜怒哀楽を全面に出してくる姿が可愛くて、とても共感しました。主人公はダメ男で女の子大好きです。。。
ノーマルである恭一が今々瀬の想いを受け止める事が出来ず苦しみ、今々瀬もそれを知りつつ恭一をひたすら求めていく様は泣けて泣けてしょうがない。
こんなに人はみっともないぐらいに人を好きになれるのだなぁと思いました。
続編の憂鬱バタフライはそんなダメ男・恭一成長記録のようなものでしょうか。
カッコ良くなってます。今々瀬が相変わらず後ろ向きなので、それを恭一が言葉や態度で示して今々瀬が嬉しそうにする姿は可愛いです……。また大号泣ですよ。

携帯サイトで憂鬱バタフライ・梟が見れます。
けれど何故携帯サイトオンリーなのか……。

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

すすめられて

読むかいありました。
ダメ男受けに対して、悪者になっても求めてく男がせつない。
あんな風に想われてみたいっす。。
読み終わった後、物思いにふけるようにぼーとした本。


コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

ランキング1

好きな人を忘れる為に・・・ラクになりたいなんて私は思ったこと無いですなぁ。そんな恋が私の元には一度くらいは訪れるんでしょうか・・・・皆さんは一度くらいは体験されてるんでしょうかね??
ハイレベルBLに私はやられてます・・・・(´ω`。)
というか、BLというジャンルを逃避して、感動を覚えました。
この作品凄い。
そもそも、なんだっけ・・なんだかのランキングで常に一位を保持していたんです。読んだ当時。
読み終えての読後感はこれが過去一番かも解りません。
決して、ハッピーな終わりではないのですが、始まりを感じさせるエンド。そして感情の動きナドなど、これは凄い作品だとおもう。
読んでみるといいと思う。
携帯コミックでこの本の続きも読めます。
終わり方が終わり方なので、切ない系苦手な方はオススメしません。
というか・・・いまだ不完全燃焼な読み後だったりもするのです。
うんうん。
泣きたいなら読むがいいよ

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします

まじ神!

こんなに興奮した漫画久々でした!
優柔不断なの恭一が大学の後輩だった今ケ瀬にゆすられるとこから話が始まるんですけど、今ケ瀬の一途さに心がわしずかみされました!
読んでて胸きゅん間違いなしです!

コメント

※このコメントはポイントになりません。作品レビューをする方は間違えないようにお願いします
Page Top