夜に舞う薄紅の花

yoru ni mau usubeni no hana

夜に舞う薄紅の花
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リーフ出版
シリーズ
リーフノベルズ(小説・リーフ出版)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784434071829

あらすじ

亡き養父の厚意で、成宮家の一員となった一葉。幼い頃から兄のように慕い、密かに恋い続けた宏晃から想いを返され、今は甘い日々を過ごしている。宏晃の役に立つため法曹を志し大学生になった一葉の前に、ある日、祖父だという人物が現れた。自分を引き取りたいとの申し出に一葉は戸惑うが、宏晃は成宮の家を離れることを止めてくれなくて…。

表題作夜に舞う薄紅の花

鳴宮宏晃 開業医
一葉 鳴宮に引き取られた子・大学生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

1巻目よりだいぶ甘い後日談

「夜に薫る純白の花」が面白かったので続けて読みました。
これ単体でも読めるようになっていると作者さんは書かれていましたが、私は前作から読んだほうが楽しめると思います。(その方がこの二人を好きな状態で読みはじめられると思います)

肝心の内容ですが、前作がインパクトのあるお話だったのでこちらはやや大人しいかな、という感じでした。後日談のような感じですね。
一葉の兄弟やら母親が出てくるという衝撃的な出来事はありますが、あんまり大事にならないうちに収束してしまったというか、前半はけっこういちゃいちゃした日常のようなものが続きます。
あんまり大変な展開が起こっても困りますが、前よりはあっさり収まる内容でした。

しかし、やっと会えたと思った肉親があんな人たちで、一葉がかなり不憫でした。でもその分、宏晃に出会えてひきとられた事がどれだけ幸運だったか感じられて結果的にはよかったのかもしれません。

今回はかなりHシーンが多いです。
もちろんHシーンは嫌いじゃないし、二人とも好きですが、そもそもそんなに分厚い本じゃないので、二人のその後の後日談でラブラブHシーンが多いよりもストー続きリーがも少し見たかったなあという感じだったため今回は星3です。

この二人は今後、もう何があっても揺るがないで一緒に暮らしていくんだろうなあと絆を確かめ合ったようなストーリーでした。

1

続編です。

「夜に薫る純白の花」の続編になります。
前作から3年。家で大学受験の準備をしていた一葉が大学生になるところから始まります。
宏晃のために弁護士になる、という希望を抱いて入学した大学で一葉の出生の秘密が明らかに。
同級生の知り合いの先輩が「お前によく似たヤツを知っている」と言って無理矢理その人物に会わせたことから事件が起こってしまいます。

そんな感じで、前作も切なかったですが、今回も切なかったです…。
子供は親を選べないとは言いますが、揃いも揃ってとんでもない親に祖父……。
そんな人間の間で辛い思いをして飛び出してきた一葉ですが、実は宏晃もとっても切なそうで。
ラスト近くでは宏晃の気持ちを考えて涙が出そうになりました。

これでシリーズは終わり?のようですが、今度こそ二人で幸せになれるかな、というラストでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ