不遜で野蛮

fuson de yaban

不遜で野蛮
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
24
評価数
8件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・ビブロス)
発売日
価格
¥900(税抜)  ¥972(税込)
ISBN
9784835218342

あらすじ

「お前と俺が『男夫婦』だと!?」警察庁のエリート・上條は、やむをえない事情から、有能だが型破りな刑事・織田と極秘捜査をするハメに。参考人を張り込むために織田が指示した方法は、男同士のカップルとして隣の部屋に住み込むこと―。「そうだ、その調子で隣にエロい声聞かせてやれよ」「い、いくらヤツに素性を疑われないためとはいえ、やりすぎだ!」しかし上條は抵抗も空しく、織田のエロい指や舌に翻弄されまくって…。

表題作不遜で野蛮

織田冬輝,型破りな刑事,29歳
上條玲司,警察庁のエリート,29歳

評価・レビューする

レビュー投稿数5

仕事はできるのに恋に不器用な男たち

主人公の二人は同期でありながら真逆のキャリアを進んでいる。
一方はトップで警察学校を卒業しながら一匹狼の平の刑事。一方はエリートキャリアの本庁刑事。
だが、二人とも自分の道では優秀で一目置かれている。
そんな頭もいい二人が恋にはなんとも不器用で鈍感で。
一つの誤解が招いた、長~いすれ違い。
特に攻めが強引で野蛮に見えながら、意外にヘタレなところがもう!!
読者には二人の気持ちが見えているだけに、もどかしい~>_<
でも、二人とも一途なので、一途愛がお好きな方にはお勧め。

1

うーん

手コキのシーンだけ萌えた。
それだけ。
警察関係者が色ボケしてる話は好きじゃないんです。

1

刑事モノですが岩本節は甘い甘い。

無骨なノンキャリ刑事×美人エリートキャリア刑事
ふたりは同期で、再会モノv

奪われた警察内部情報入りのPCを内々に取り戻すため
コンビを組んだふたり。
ボロアパートでゲイの新婚カップルを偽装するんですよw

織田と上條の視点を交互に読むスタイル。
どっちも定番定番の勘違いすれ違いw

刑事モノ。
無精ひげなんか生やして無骨な攻めですが
手先は超器用で料理もうまいとか最高v
眼鏡美人でキャリアな受け。
岩本さんお得意のゴージャス設定もチラリ。
いろいろ定番どころな設定が目白押しではありましたが
楽しめましたv

が、ま、まあ定番という感じでしたね。
これCD化が決定してますが
森川智之×鈴木千尋
キャストはぴったりなんじゃないでしょうか?
ただ、よくも悪くも定番。
新しさや驚きはなにひとつないです。

0

大人の刑事同士のカップルで、張り込みHも見所!

熱情シリーズ第三段で「不器用な純情」のリンク作で、織田の弟の話です。
話自体は続きではないのでリンク作を読まなくても話は通じるので、この話だけでも大丈夫です。
「好きの鼓動」「不器用な純情」を先に読んでいる方には、ちょっと嬉しい小ネタも仕込まれています。

不遜で野蛮な刑事・織田×キャリア組のエリート警視・上條
捜査の為に、隣の住人に音が聞こえてしまう位狭いアパートにゲイカップルとして張り込みをすることになって……という話。
織田が考えた二人の愛の逃避行な脚本に、新婚さんカップルぶりっこなど、笑えるツボなどありつつも、ちゃんと真剣に捜査もしているので読み応えもありました。

互いに信頼しあい、尊敬できるぐらいに仕事が出来る仲で、受け攻めが対等な大人のカップルを探している方にお勧めです。
クールなようで根が熱い上條と見かけも心も熱い織田とで、情熱的なカップルです。
メガネを取られ、髪を乱されて、冷静な顔が崩された時の上條……普段、乱れがないだけに、それだけで色気に溢れてました。雰囲気のある大人のエロも楽しめます。

0

ワイルド系刑事xツンデレ系刑事

ゲイを公言しているヒラ刑事の織田と、警察庁エリートの上條は同い年でかつての同僚。
同じ署で勤務をしていた頃はそこそこ仲の良かった二人だったが、ある事件を切っ掛けに袂を分かつことに。
それから5年。
突然織田の前に現れた上條は「力を貸してほしい」と土下座までして――。

刑事ものです。
BLでなくても刑事もの好きなので、かなり楽しく読みました。
しかもワイルド系xツンデレ眼鏡ということで更に楽しさ倍増(笑)という感じです。

ある事件のため、二人は協力していくのですが、その過程でゲイのカップル役をしなければならず、上條は織田に翻弄されっぱなし。
それでも長い間一緒に過ごしているとかつての仲の良かった時代を思い出してきて、と、現在の事件、そして過去の決別に至った事件と両方解決されていきます。
そこに二人の関係も加わって、色々な側面から楽しめるのではないかと思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ