朱いプロポーズ

akai propose

朱いプロポーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
10
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784835218502

あらすじ

雨は嫌いだ。2コ上、幼馴染みの晴美の鍛えた背中が香る…吸い寄せられる。それは恋だと気づいて抱かれた瑶太だが――
一瞬、恋以外のすべてが世界から消える長編描き下ろし。同時収録は”あかね節”という言葉を生んだ小品「負け犬コロッケ」

表題作朱いプロポーズ

藤井晴美 高校3年生
石野瑶太 高校生2年

同時収録作品カボチャより愛をこめて

橋正吾 高校生
田中亮 高校生

同時収録作品またの名を恋愛ノイローゼ

幸 高校生 
花之介 高校生

同時収録作品負け犬コロッケ

浜 高校生
四宮 高校生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

アホの子萌え

面白かったー。
高校生同士の恋のお話です。
幼馴染みだったんだけど、最近は疎遠になってて。
攻めは学校ではスポーツマンで人気者、
受けはアホ仲間とつるんでいる。
受けは攻めに反発してるんだけど、それは恋心ゆえであり、青春まっただ中であるがゆえであり、そしてアホの子であるがゆえである。
受けのアホの子っぷりが大好きです。阿部あかねさんはアホ可愛さを描くのが本当に上手い。
反発も目一杯なら、愛情表現も目一杯、ぴーぴー泣きながら好き好き言ってるのとかアホで可愛くて、本当にタマランです。
攻めは攻めでカッコいいんですよね。「もらってやる」のセリフにときめきました。

他短編いくつか。
どの作品もアホ可愛いキャラがツボにきました。

0

高校生ばっかりなのかな

多分、この本に出てくる主人公たちは皆高校生だと思います。
「またの名を恋愛ノイローゼ」の二人がちょっとはっきり分からないんですが、雰囲気からは高校生かな。

表題作はもともと雑誌に8ページの短編で掲載されたんですが、そのお話からはかなり変わっています。単行本で焼き直しされたそうなので。
でも主人公たちの名前や、嫁入り希望の設定は同じです。
私は単行本も雑誌の方も可愛くて好きだな。

他に気に入ったのは「負け犬コロッケ」。
ちょっとせつないお話だけど、カッコいいと思いました。
こんなふうに悩んで青春してるんだな~と。

0

コロッケ

コロッケの話は良かったです。これからのイチャイチャぶりが見たかったなー
よくある親友同士の秘めた恋話ですね

0

高校生同士

表題作は幼馴染み同士で高校生。
小さい頃は仲が良かったのですが、成長して攻めは真面目に部活に勤しんでいるのに対し自分は遅刻もするしだらしない学校生活を送っている。
なので今更どう接していいかわからず、そのわずらわしさから逃げるため受けは攻めを避けていました。
でも2人で話す機会ができ、そこからまた2人は会うようになるのですが、受けは攻めを見るうちに恋愛感情が芽生えてしまいます。

受けが可愛かったwいつも髪をピンでとめてるのとか甘党なとことかwでも口悪いし不良仲間とつるんでるしw
攻めを意識してから変な夢見たりドキドキしたりもう可愛い!wそんなこと考える自分は変態だ…と落ち込んだりね。
攻めは野球部でしっかりしてたんですが、「晴美」という名前がちょっと女っぽいのが気になりました(^_^;)
受けの友人がおもしろかったなあと思ったら『カボチャより愛をこめて』がその友人の話でした♪ヘタレ×ギャル男よかったですw
あと学ラン萌えました

短編
『またの名を恋愛ノイローゼ』
恋人同士の2人。しかし夏休みだというのに攻めはバイト三昧で、受けは自分がほんとうに愛されている続きのか不安になり「浮気する」と言ってふてくされてしまいます。
受けが攻めに会いたくて死にそうになってるのと、攻めはそんな受けを想像して「やべーw俺超愛されてるww」とニヤニヤしてる様がおもしろかったw
最後は受け良かったねっ

『負け犬コロッケ』
高校生同士。勉強もダメでまさに負け犬な2人の話。
受けは攻めが好きですが、それを伝えることができません。その間に攻めが離れてしまって取り残された気分になって。
この話大好きです!
これだけだと普通の高校生ものの話ですが、「コロッケ」が重要!というかそのコロッケを売ってるおばあちゃんが重要!笑
2人はよくそのおばあちゃんの店に行ってたのですが、店は小さく、自分達と同じいわゆる負け犬。でも死ぬまで店を続けるといった強い意志をもったおばあちゃん。
最後はハッピーエンドなんですがすごく切なかった。泣けます。
私も聞きたかったですね~
すごくいいお話でした*

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ