mayu

繭
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
4件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784835217536

あらすじ

若手官僚・吉川己の家は、政界に入ることを義務づけられた一族。己は父から将来の秘書官候補として真木聖という男を与えられる。その獰猛な瞳を見た瞬間、真木に蹂躙され快楽にあえぐ自分の姿が駆けめぐった…! 番外編描き下ろし20ページも収録!!

表題作

真木聖(秘書官)
吉川己(若手官僚)22歳

同時収録作品

高宗 社長
笹木未央 父に売られた男

同時収録作品総司

その他の収録作品

  • 放蕩
  • Material Flight
  • 間男
  • ブチ
  • 倉内白書
  • Monsieur de Classique
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

果たして鬼畜なのか超甘いのか…

表題作シリーズの他に2つの短編と描き下ろしで環さんが書かれた表題作シリーズの短編の小説が収録されています。
漫画家さんが小説まで書かれてしまうなんて珍しいですよね。
表題作シリーズは政治家の箱入りの息子とその息子のために将来の秘書として傍につくことになったかなり年上の男のお話。
かなりシリアスな雰囲気で進んでいくのですが、この年上の男、真木の印象が最初はかなりクールで鬼畜な感じだったのですが、途中からかなり甘々になってて、どっちなんだろう?と思いつつ読破しました。
「放蕩」で真木が取った行動が己に対する愛情ゆえだとしたら、真木はかなり歪んだ愛情を抱いているなぁと感じました。
その後はとっても甘々に…。こういう展開は私の好物なので良かったのですが…。

同時収録の「枷」も攻め様がかなり鬼畜です。
いや、不器用と言った方が正しいのかもしれませんが…その愛情表現は分かりにくいよ、受け様には!(笑)。

「総司」は沖田総司を主人公にしたお話。
はっきりしたBL表現はありませんが、ちょっと切ないお話でした。

0

チョッと違和感

もともとテーマの決まっているアンソロで掲載されてたので
話のつながりにチョッと違和感?

最初、真木は己に対して、ただの手駒のような扱いなのかな~
(なんで己を金でヤクザに抱かせたりしたんだろう)
と、思ってたんですが
3話目から急に己に対してラブラブぶりが発揮されてるというかなんというか…
大人の余裕を見せながらも
恐ろしい執着と独占欲を感じてしまうような(^^;)
でも私はこの方が好みなので良いけどねvv

中盤は別の作品で
攻めが受けの写真に一目惚れして
その両親をそそのかし、まんまと受けを手に入れるお話。

そして最後は新撰組のお話でした。
環さんの描く土方は男前でしたよvv
顔は真木さんでしたが・笑(この顔好きだな~)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ