愛しうる限り愛せ

愛しうる限り愛せ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイSLASHノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784835217291

あらすじ

若き財閥総帥・高階亨一は、義父の葬儀で、儚げな美貌の青年・薫生に心を奪われた。
「義父の愛人だったあんたも、俺が相続してやる」
バーテンダーとして働く薫生と運命の再会を果たし、恋の熱に浮かされた高階は、己の烙印を押すように、貪婪に薫生を貪る。金で言うなりになる、その美しい身体は淫らに蕩けていても、芯には哀しい過去を秘めているよう。どうしたら、心まで抱ける…!? 愛に濡れる、アダルトメロドラマ。

表題作愛しうる限り愛せ

高橋亨一・26歳・大手企業の若き総帥
北原薫生

その他の収録作品

  • アダージョ 愛執のセレナーデ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

攻の一目惚れ

若き財閥総師・亨一[攻]は母が3度離婚を繰り返し、今の地位に居るも、過去には母親の愛情をもらった事の無い男。
そんな彼が母の2度目の結婚相手のお葬式で、印象的な美しい男を見掛けます。
その相手は薫生[受]、2度目の義父が亨一に遺産として残してくれたビル内にあるバーのバーテンダー。
一目見て以来、ずっと気になっていた亨一は薫生のバーへと足を運び、この店を続けたいと訴える薫生に対して身体で払え、とその身体を犯します。
強引ではあるんですが亨一は、アンティークオルゴールをプレゼントしたり湯河原に旅行にぶっきらぼうの誘ったりとで、割と早めから薫生に惚れていてるのが分かるのでなんかちょっと可愛ささえ覚えてしまう程です。
そんな風に押されたらそりゃ落ちるよなーって感じで相思相愛に。
それで終わりかというとそうではなくて続きがあります。

2人でピーターラビットの故郷を訪ねるシーンはほのぼのしてて楽しそう。
そして薫生は右手が若干不自由でバーテンダーですが左手のみでシェーカーを振ってます。
実は彼は嘱望されていた若きピアニストだったのですが、事故で右手が思う様に動かなくなり、自殺続きしようとした所を亨一の義父に助けてもらいバーテンの職をもらったという過去があったのですね。
左手のみのピアニストも居るんだから、お前もやってみろと進める亨一。
音楽への未練はあるものの拒否する薫生。
結局は薫生は再び音楽の道を目指す事となります。

最初こそ強引陵辱だけど、その後、特に後半は結構甘い関係な2人でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ