ラブ、ライン、アロー。

love kine arrow

ラブ、ライン、アロー。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784835217086

あらすじ

青春真っ只中、高校生の牧男と公介は家も隣同士の幼なじみ。ある日牧男は、公介に友情以上の関係を望む自分に気づき、戸惑い、悩み、そして…!? キュートな表題作に加え、等身大のオトコノコ達のラブ♥読み切りも収録。左京の物語を召し上がれ♥(裏表紙より)

表題作ラブ、ライン、アロー。

房野公介,高校1年生で幼なじみ
津川牧男,高校1年生で幼なじみ

同時収録作品ラブ、バインド、スタン。

崎山風児,高校3年生
桐谷,高校2年生/高校1年生の後輩/崎山の先輩

同時収録作品ノン・セキュリティーホール

竹下修,脱サラして独立した社会人
植松義人,竹下の後輩

同時収録作品HEAD LOCK CHOKE

間宮肇,法律を勉強中
轟,間宮の同居人

同時収録作品赤道係数

大村大,高校の体育教師
紺悠司,高校の古典教師

その他の収録作品

  • ラブ、ライン、ゴーゴー。
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

夜桜さんの初コミックス

初読み作家さんです。
あとがきによると同人誌畑でやおい系のパロディを描かれていたそうですが、絵柄も画面も綺麗で読みやすかったです。
顔も体型もかなり好みの絵でした。
表題作は全部で3話シリーズなんですが、そのうちの2話が表紙になっているカップルのお話、あとの1話がリンク作です。
表紙のカップルのお話に関しては完結しているのですが、リンク作に関してはこのままだと中途半端に終わっている印象です。
主人公の攻め様があまり好きなキャラではなかったのですが、続きがあるのなら読んでみたい気がします。
明るめで安心して読める作品ばかりですが、「赤道係数」はちょっとファンタジー要素もあって個性的かなと思いました。

0

がくえんもの

ちょっと古めの短編集であります。
可もなく不可も無く~というところですが、なんか懐かしい
感じがジワジワと感じる作品でしたねぇ。
最近のbLにはない何かを・・・(*´-з)気のせいか

表題作「ラブ、ライン、アロー」
親友同士の二人、ずっと仲良くやってきたのに、なんだか最近ものすごくそっけない。
同じ部活のオレがレギュラーになったとたん、喜んでくれるでもなく部活すらやめて他の部へ行ってしまった。
何考えてんだアノヤロー!!から始まるお話。
結局のところ、受は攻が好きすぎて、しんぼーたまらんくなるから逃亡というやつなのですが、これまた、攻がわりとあんぽんたんなのかな・・・
一喜一憂がちょっとずれてて面白かったww
馬鹿な子ほど可愛いとは言いますが、なんだかんだでバカップル(・∀・)

■ラブバインドスタン~
好きな人とは結ばれない~なエンドではるのだが
いつかいい子と巡り会っていただきたいですな。
傷ついた心をもった子はきっといい出会いがあるに違いないよ

■ノンセキュリティ~
この話が、意外と一番すきでした。
隣同士、薄い壁にあいた穴から行き来で続ききるのをいいことに
なんだかんだの半・共同生活。
そんなさなか、穴の先でひとりエッチを始めた隣人さん。
ちょっ・・おぃ・・おま・・・しかも連日っっ!!!
是非ともわたしも覗きたいwwじゅるり

■赤道係数
呪いのかかった赤い糸。そーとは知らず糸がつないだのは
犬猿な教師ふたり。最初はイヤイヤだった距離が、お互いをしるほどに近づいて。
距離が近づくほどに糸は長くなり~な図式になるほどww
いいお話でした。

0

お風呂

学園ものもいいですねぇ~☆高校生とか青春ですよね(*^_^*)
幼なじみで高校も同じで部活も同じ!
とっても仲が良かった二人なんですけど、公介が1年でレギュラーになったと
同時に牧男は部活を去って行って・・・
レギュラーに選ばれなかったから辞めたのかと思っていたけど
実は牧男には密かに思っていることがあって・・・
幼なじみってこうゆうので悩みますよねぇ~
そんなときに公介の家のお風呂が壊れて
近所の牧男の家のお風呂を借りることになって・・・
お風呂で激しすぎですよ(>_<)壊しちゃうなんて(>_<)
う~ん仲直りできてよかった☆
そのあとはお風呂以来Hしてい二人なので
牧男が悩んだり、焼きもち妬いたり、萌えます。




0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ