イジワルナ個人授業

ijiwaru na kojinjugyou

イジワルナ個人授業
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
16
評価数
5件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
エンターブレイン
シリーズ
B's‐LOVEY COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784757741003

あらすじ

高校に入り、森は憧れの天文部に入部するが、そこは部活とは名ばかりの帰宅部。顧問もやる気のなさそうな理科教師。でも、質問すればちゃんと教えてくれる優しい先生と知って…。天文部を舞台に生徒と教師のきらめく恋を描く表題作をはじめ、吹奏楽部の先輩後輩、幼馴染み同士など、珠玉の作品を集めた著者BL初コミックス。
出版社より

表題作イジワルナ個人授業

小宮山先生 天文部顧問 
森くん 高校生 天文部員

同時収録作品UNISON

関 後輩
田中 先輩

同時収録作品そのスピードで/うそつき。(『そのスピードで』後編的な)

芹沢誠 高校生
遠藤裕樹 高校生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

同人誌から

初読み作家さんです。
表題作は描き下ろしで、その他の収録作品は2006~2007年に発行された同人誌からの再録のようです。
短編集ですが、カップルの数としては3組のお話です。
表題作の先生x生徒カプと、部活の後輩x先輩、同級生の幼馴染もの。
高校生がメインのお話なんですが、普通の高校生のありふれた日常生活を丁寧に描かれていたと思います。
どちらかというと地味な方に入るのかもしれませんが、メガネで大人しそうに見えた男の子がいきなり好きな子にキスして襲ったり(笑)、意外なエロさを見せたり、ちょっとギャップのある面を見せてくれて、うまくお話にアクセントを加えているのではないかと思います。

0

少女漫画のようなやわらかな雰囲気の絵です。
ストーリーは一昔前のBLな感じですが、とてもいいお話を作られる方だと思います。
正直エロを期待せずに買ったのですが、いい意味でイヤらしいです。何回読んでもドキドキします。

0

いろいろな要素がつまった短編集ちょいノスタルジックでちょいショタ

天体観測が大好きな森くんは、もちろん天文部在籍。ところがこの天文部は実態は「帰宅部」といわれ、部活動をしたくない生徒の集まりであった。
このまま活動休止状態が長引くと廃部の危機。あせる森くん。しかし天文部の顧問でもと天文台の研究員・小宮山先生はまったく無関心。どこかひねくれた性格で、教師らしからぬ超現実主義。「やる気があるやるがやればいい」と森くんを突き放すが、間違ったことは言っていない。反論できない森くん。
なんとか活動実績を残さなければと、流星群の観測会を計画するが…
十門字さんは、同人で活躍されて、今回のコミックが初出版ということです。
表題以外に3本、正確には2本のストーリーが収録されています。
作者は、独特の感性を持っている方だと思いました。それが今のBL界に合っているかわかりませんが、編集の方が見込んで商業の世界で本を出すのですから、絵がうまい、という要素以外に何か感じるものがあったのだと思います。
絵は、草食系の虫も殺さぬようなエロとは程遠い感じですが、Hシーンは思っていた以上にエロです。この絵とギャップがあるなぁ。
また笛を吹く場面とか、茂みの中でうなじを続き見て興奮する場面とか、作者のフェチな感性が光っています。
萌えの属性がかなりたくさんあります。学生のファッションはしっかり萌えアイテムとして練られて描いていると思います。
作品から器用というかソツのなさ、というのがなく、どちらかというと野暮ったいほうに属するかもしれませんが、それがほんわかした感じでよいです。ノスタルジックでショタなテイストがちょうどいい感じです。
これからも、自分の萌えに閉じこもることなく、この感性をよい方にひろげていってほしいと願っています。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ