真空融接 下

真空融接 下
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×26
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
82
評価数
18件
平均
4.6 / 5
神率
61.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
エンターブレイン
シリーズ
B's‐LOVEY COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784757733169

あらすじ

今俺は本当に幸せなんだ。
ラエルの留学…。供給者と補給者、お互いになくてはならない存在だったふたり。パートナー解消の不安に揺れるアレクシの決断、そして…。文化の違う世界での出会い、そして新たな真実とは…? ファン待望の『真空融接』続編、一挙169ページ描き下ろしで上巻と二冊同時刊行!!
出版社より

表題作真空融接 下

フロラン
ジル

評価・レビューする

レビュー投稿数6

なんとも複雑だなぁ…

シリーズ2冊目で丸ごと1冊描き下ろしです。
新しい学年が始まり、アレクシとラエルが隣国に短期留学に行くことになるのですが、この2人の絆も益々強まってきています。
そして留学先で明らかになるアレクシの出生にかかわるお話も読みどころです。
前巻のレビューでも書きましたが、やはり2人の母国の特殊な習慣がカギとなっていて、生きるための「充電」をするパートナーと恋愛の相手が違う場合のあらゆる不都合が浮き彫りになっています。
結婚の制度もないというのもやっかいですね…(汗)。
そのせいでこの作品のような複雑で非常に切ないお話になって、キュンキュンするのですが…。
やはりフロランとイルゼの幸せが蔑ろにされている気がして…切ない。まぁ、BLだからこういう結末になるんでしょうが…それにしてもイルゼが男前すぎて…笑。
男女間の恋愛が描かれているので、苦手な方は要注意かもしれませんが、私は少女漫画も大丈夫な性質なので、萌えに萌えました。

3

なくてはならない存在だった2人

高校生たちの可愛いラブストーリーが詰まった1冊の下巻になります。下巻も、上巻に引き続き、キュンキュンの宝庫です。いろいろなカップルが登場するけど、お気に入りは、ラエルとアレクシの2人です。今回は、ラエルの留学騒動と、アレクシの出生の秘密が明らかになります。

ラエルは、学年1位を常に取るほどの天才で。そんなラエルに、留学の話が出ます。ラエルから力をもらっているアレクシは、パートナー解消になるのではないかと不安になります。
だけど、離れたくないと、ついて行くことをあっさり決めたアレクシの、ラエルへの深い愛情にキュンとなります。
お互いになくてはならない存在を、改めて自覚した2人が可愛くて萌えます。

その留学先で、本当の母親と再会するアレクシ。
体質のせいで母親と別れた事情や、母親を挟んでのジルとフロラン(アレクシの父親)の関係とか、エピソードの一つ一つが切なくなります。

登場する人が皆イイ人で、雰囲気も良くて、おまけにキュンキュンできるし、おススメしたいシリーズです。

4

読まなきゃ分からない、言葉じゃ伝えきれない良さ!

上巻では単純に「萌え~」とか思っていた設定だけど、実際の恋愛が絡むとこんなにも複雑なんだと感じました。

パートナー以外の人を好きになったとしても、その好きな人とのことは置いといて、パートナーとは毎日一緒に居てキスをする。
逆にパートナーのために、恋人とは唇にキスは出来ない。
パートナーと恋人、選ぶとか迷うとかじゃなく、恋人に対しては「パートナーと2人でいる場所に来てください」という選択肢しかないんですよね。
パートナーは唯一無二の存在だからやっぱり大切なのです。
それは「生きるため」でもあるだろうけど、やっぱりそれだけじゃないと思うんですよね。
子供の頃からずっと2人で支えあって生きてきて、これからもずっと一緒にいると決めている相手だから、「力」だけじゃない絆ってのがやっぱりちゃんと培われていて、選ぶとか選ばないとかいう次元じゃなく「2人でセット」というのが大前提なんですよね。

そんな中でアレクシを産んだイルゼも凄いし、当たり前みたいに一緒に育てようとするジルも凄い。
そして、アレクシがとても愛されて産まれてきたんだと言ってあげられるラエルがとても好きです。
続きラエルの言葉に私の腐った脳は「らぶらぶ~」って思うんですけど、「波長が合う」って愛の言葉じゃないですよね(笑)
でも「らぶ~ww」って思っちゃったんだもん!

これはとても優しい人たちが作り出す、優しいお話。
なんだか読むと、ほわぁ~っと幸せな気分になれるんです。

絵がわりとしょっちゅう崩れるし、決して上手とは思わないんですが、キスシーンは何故かすっごい綺麗でキュンキュンドキドキするんですよね~w
きっとそこまでの物語やエピソードの深さ、キャラの魅力なんかが作用しているんだと思います。
ちゅってするだけなのに、ホントに萌えるんだもんっ!
雰囲気や作品全体の空気も萌え萌えで、本当に大好きな作品です。

あ、そういえば、私このページの受け攻め見て、ちょっとビックリしました。
フロラン攻めでジル受けなんですか?
私、逆だと思ってました!
いや、どっちにしてもへタレ攻めなんですが(笑)

3

泣いてしまいました……

男とか女とか関係なく、
大切に思える人と出会えた喜びや切なさを、
実感できた作品でした。

アレクシとイルゼの駅の場面で、涙が……

素敵な作品でした。
読んで良かったです。

4

ココロノイデンシ

『家族の繋がり』と言うBLでは描き難いとされる
主題をさらりとクリアした挿話を収める。
二つの恋模様は少し重なり、そして離れてゆく。
新しい時間を刻む為に。

4

感動します(T_T)

アレクシとラエルは隣国へと向かった
そこでアレクシは母親と再会する―

上と同時発売の続編です(書き下ろし!
アレクシの母と父の話―
そして、結婚さえ難しい この国の者として産まれてしまった
アレクシと母親との悲しい別れ―

読んでいて感動します!
BLと考えずに読んでみてください!!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ