ソフトロマンティック

ソフトロマンティック
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
18
評価数
5件
平均
3.6 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784835216973

あらすじ

P.N.中河朱夏は男だてらに少女漫画家。担当の浅間が小娘作家にモテモテなのを冷めて見てたけど……こいつって実は俺にいちばん一生懸命!?やべぇ、ホレちゃいそう。
恒例★さっちんのHな描き下ろしコミックス。原稿あがった次は恋のシュラ場かよ!?

表題作ソフトロマンティック

浅間健二 朱夏の担当編集者 25才
中河朱夏 少女漫画家 22才

同時収録作品ハードロマンティック

浅間瑛二 高校生
本田和真 高校生

同時収録作品彼に関するウワサ

関矢 モテる高校生
筒井 ホモだと噂のあるクラスメート

同時収録作品恋とバカに効く薬

洋海
ちひろ

その他の収録作品

  • ―浅間兄弟の場合―
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

『ハードロマンチック』の話が好きです

少女漫画編集者と漫画家の、可愛いラブストーリーです。その他に、スピンオフの話と、短編が2作品収録されています。どのお話も可愛くて、キュンキュンします。特に好きなのは、表題作のスピンオフの話です。

浅間のバイトしてる本屋に、漫画を買いに来た同級生の本田。その時に本田が少女漫画を描いてるのを知って、編集者を目指してる浅間は興味を持ちます。
少女漫画を描いてることを誰にも言わないでほしいと、浅間に頼む本田。
本田が出した要求は…。そして、小学生の時に自分を苛めてた相手には、殴ってでも拒否するのに、浅間には抵抗しなかった理由。

実は本田は、浅間のことを気に入ってて、漫画のモデルにもしてたのが微笑ましくて萌えます。
本田に出会って、将来の夢がはっきりした浅間も良かったです。

表題作では、編集者の、恋人の甘やかしぶりが好きです。
この作品は気に入ってて、手放せない1冊です。

1

可愛くてラブラブのお話ばかりでした^^

表題作は少女漫画家の編集x少女漫画家。
この設定、時々お見かけするんですが、結構好きな設定です。
受け様の少女漫画家さんは、男なのに少女漫画を描いていることに多少コンプレックスを感じていて、公には男性だということは公表していません。
恥ずかしがり屋なんだけど、それをクールさで隠しているような…そしてそれがツンデレとして表れてしまう可愛い人です。
攻め様はちょっと天然入っててワンコっぽい。自分がどれ程恥ずかしい台詞を言っているか自覚がない所が可笑しいです。^^

「ハードロマンティック」は「ソフトロマンティック」の攻め様の弟が登場。
これがお兄さんに似すぎている弟さんで…最初、お兄さんの方かと思っちゃいました^^;
もうちょっとお兄さんと描き分けをしてくれたらよかったかな…(あとがきで作者さんも仰ってましたが…)。
こちらは高校生カプなんですが、受け様がモテるカッコイイ同級生なんですが、密かに少女漫画家を目指しているんです。
こちらもお兄さんカプに劣らず可愛くてラブラブでした。

他に短編が2作品。
高校生のクラスメート同士のお話と、幼馴染同士のお話。
この本続きに収録されているお話は全部ラブラブな雰囲気に溢れていて、派手さはそれ程ないんだけど、思わず微笑んでしまうような感じで良かったです。

0

オトメン同士が恋に落ちるロマンチック

タイトルのあおりと中身が微妙に違う感じがします。

中河朱夏は「やべぇ、ホレちゃいそう」とかいうタイプよりは幾分、引き気味なところがあり、透明な感じのする人。
年齢よりは少年っぽいかなー。いや、少女っぽいか。
甘いもの好きでロマンチックな雰囲気が好きで、でも実際にそんな雰囲気になると微妙に照れくさくって急に野郎出すところがかわいい。
男だって身ばれするのが嫌だったのに、ソフトロマンティックでは麻間に逢えるから、ハードロマンティックでは本田が男だと聞いたから、なんて割合簡単な理由で出てきちゃうところが変に軽くて可愛い。

ハードロマンティックの和真は朱夏よりは一回り大きいけど、やはり少女漫画が好きな乙女な部分の多い子でそれをまだ割り切れてないところがいとおしいキャラクター。
そこに村上さんの得意なテーマ、「ホモをどう割り切るか」を混ぜてくることによって同じロマンティックでも少し男風味強いかなと思わせる感じに。

ソフトロマンティックとハードロマンティックの2組はお互いに関係があるだけにクロスした話もあり、あ~こういう体格差なのかとかいうのもあったりして。

この本続きのエッチシーンはまさに「少女漫画のエッチシーン」な感じで生々しさが非常に少なく、さっぱりしています。生々しさが多くないのにどっかエロいのはこの人の持ち味だと思うのですが、このストーリーにはよくあってるなー。

0

編集×少女漫画家って結構ありますね

[ソフトロマンティック]
編集・浅間健二×少女漫画家・中河朱夏
村上さんの受けっていちいち可愛いんですよね。しかも男乙だし(笑)
ていうか朱夏のスーツにかなり萌えたwwしかもツンデレだしっ!!
[ハードロマンティック]
浅間の弟くんの話。作者もおっしゃっていましたが、お兄ちゃんとの区別がつきません・・・。むしろ弟の話じゃなくて、健二×朱夏の話にすればよかったのにと思います。(個人的に健二×朱夏が読みたかっただけなんですが・・・)
[彼に関するウワサ]
高校生同士の話です。クラスの子たちにホモ疑惑をもたれている、筒井。
そしてそれが気になる関矢。
そして体を重ねるけど、筒井が全然声を出してくれなくて悶々としている所がかわいいですね。
[恋とバカに効く薬]
幼なじみものです。ていうかほんっとに、ちひろくんは可愛いと思います。
ツンデレだぁ!!。短編なのが、残念。

0

うはーっ可愛い!!

「ソフトロマンティック」は漫画編集者×漫画家。
「ハードロマンティック」ではその編集者の弟×その友達(漫画家志望)のお話。
どの作品も乙女度高し!!さすが村上左知さんです。可愛い!

漫画家とその編集者ってわりと多いジャンルですよね。
しかも少女漫画家だから中身は超乙女。でもしっかり男の子ですよ。
デートの参考に二人でデートしたり。めっちゃロマンチックで男同士なのに憧れてしまいます(笑)
しかも受の朱夏はツンデレで素直になれないちゃんです。
そのせいですれ違ったりもするんですが、まぁ所詮ラブラブバカップルなんで!!
攻・ケンジの弟である瑛二は少女漫画家志望のモテ男・本田の弱みを握り、引き換えに身体を要求します。
そこから始まる恋ですが、実は本田は瑛二のことが好きで漫画のモデルにまでしていた…というオチつき。
こちらもとっても可愛らしい二人でした♪

他収録作品は
「彼に関するウワサ」モテ男の関矢×無口・無愛想でホモ疑惑のある筒井。
筒井に興味をもった関矢は筒井とセフレになるが…
情事のときに声を聞きたい関矢と、声を出したくない筒井。
「恋とバカに聞く薬続き」幼馴染同士の恋。
幼馴染兼セフレであるちひろに告ったけど振られてしまった洋海。
その理由はなんとも可愛らしい理由だったのである。

どの話もとても可愛いです。
でも村上左知さんにしてはエロ度は高いんじゃないですかね…??
絶版になっちゃってるけど、この作品、村上左知作品の中でもお気に入りの作品です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ