嵐を呼んでくれ―「その男、凶暴につき」シリーズ

嵐を呼んでくれ―「その男、凶暴につき」シリーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・ビブロス)
発売日
価格
¥900(税抜)  ¥972(税込)
ISBN
9784835216812

表題作嵐を呼んでくれ―「その男、凶暴につき」シリーズ

凶悪凶暴危険極まりない雰囲気の極道の息子な弁護士
天使の美貌の持ち主で向こう見ずでファザコンなホスト

その他の収録作品

  • Summer Vacation

評価・レビューする

レビュー投稿数1

今度は秋一郎のパパが登場。

 21歳差の恋人同士、秋一郎と千尋は、何のかんの言いながら、変わらぬラブな日々を送っていた。
 ところが、砥上家では秋一郎の父親が突然、「引退する」と言い出し、勇虎会の跡目を秋一郎に継がせる企みを進めていた。千尋と別れるか、千尋を愛人にして勇虎会を継ぐか、選べと迫られた秋一郎だったが、どちらも拒否する……。
 けれど、そんな時、次期会長候補だった秋一郎の義兄が襲撃される事件が起こり、後始末に「引退した」と言い張る秋一郎の父親のせいで、秋一郎が駆り出されることになる。
 そうやって秋一郎が部屋を空けた隙に、今度は秋一郎の父親が千尋を呼び出した。

 そして、千尋に大金を渡して秋一郎と別れろというんだけど、お金だけでは千尋を別れさせることはできず、今度は刀で千尋を脅しました。本当に、命を奪われそうなその迫力に千尋はふらふらとそのお金を持って帰ってしまう。すると今度は、その持って帰ったお金を秋一郎に見つけられて、大ゲンカ。

 まぁ、結局は、千尋の魅力で秋一郎の父親はメロメロになっちゃって、千尋と秋一郎の関係は認められちゃうんですが。
 さすが、ファザコンのオヤジキラー・千尋続き(爆)

 でもまぁ、千尋だって悪い子じゃないし、真っ直ぐだから、まぁ、話せば分かってもらえるっていうのはあるよね。
 これで一応、どういう形にしろ、両親公認なわけなんですね、このカップルは……。よかったよかった……のかなぁって感じですが。
 もうここまできたら、きっと二人の仲は誰も邪魔できませんよね……

 と思ったら、ここまでの黒幕。
 秋一郎の義兄を襲わせた張本人が、秋一郎の事務所で働くことになりました。
 しかも、どうやら彼は秋一郎に惚れてるようで。
 これは千尋にとってはかなりのピンチなのでは?? だって、秋一郎の事務所で働くってことは、千尋よりも長いこと、秋一郎の傍にいるってことにもなりかねないんだよね……。
 ってところで終わってます。
 まだまだ続きが書けそうな感じはありますね!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ