恋愛ドルチェミスト

renai dolce mist

恋愛ドルチェミスト
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・ビブロス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784835216416

あらすじ

フードコンサルタント会社の社長である奈津が、天才イタリアンシェフの栗栖が新規に開店する店のコーディネートを任されますが、オーナーと栗栖の意向が食い違い悩みます。傲岸不遜な栗栖を当初は苦手に思っていた奈津ですが、仕事に対して妥協を許さない栗栖の真摯な姿勢に、次第に惹かれるのを止められなくなり…

表題作恋愛ドルチェミスト

栗栖毅士 イタリアンシェフ 32歳
天宮奈津 フードプランナー会社社長 30歳

同時収録作品恋愛志願

片桐恵市 元陶芸家(38歳)
天宮真末美 フードコーディネーター(26歳)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

兄弟そろってお幸せに

前半が表題作で美貌の兄弟の兄編(イタリアンシェフ×フードプランナー企画会社経営(兄))で後半が弟編(元陶芸家の家具営業×フードコーディネーター)でした。

私の好みは兄編。もともと弟編の方が小説b-boy掲載作品で兄編はその1-2年後の話。1冊の本にするには弟編は地味すぎてちょっと花が欲しいというところで美貌で才気も能力もある兄にこれまた派手な美形のイタリアンシェフを登場させてメインに据えたというった感じです。

天才シェフ・栗栖はほんとに傲慢で人の話は聞かないイラつくやつなんですけど、そんな俺様で頑固な男に反発しながらも恩ある先輩に頼まれた仕事なので始めたのですが、一生懸命にいいレストランを作りたい気持ちと本物を見分ける力のある男に力を貸したくなりやがて無自覚に恋心が芽生えていくフードプランナー・奈津の変化していく気持ちが見ものでした。
栗栖が、周りが見えないほどまっすぐ進まざるを得ない理由や自分の作りたいレストランが作れないジレンマなど複雑な事情があり、追い詰められていく。そんな栗栖を救う奈津がかっこよかったです。
奈津の企画したこじんまりとしたトラットリアが魅力的で行続きってみたくなりました。
男前な受けは好きです。可愛く健気な受けちゃんも大好きだけど強くて前向きなバイタリティーある受けは読んでいて気持ちがいいです。

後半は時系列も作品としても先に作られた弟(真末美)編。
4歳年下の弟は、陶芸作家として思うような作品が出来ないままフードコーディネーターとして兄の会社でそれなりに充実していた。そこで家具会社の新営業担当者として学生の頃憧れていた教師で才能のある陶芸家でもあった片桐と再会しました。
片桐が急に仕事を辞め行方が知れなくなったとき、たちの悪い元カレから片桐の居場所を教えるかわりに体を自由にさせろと言われるが言いなりになるふりをして情報だけ聞きだし逃げ出すという都合のいい展開にはこれまできっちりと書かれていただけにちょっと残念でした。
このページ数では仕方ないでしょうけれど。
よくある展開では逃げおおせると甘く考えていた受けがまんまと餌食になるかヒーローの様に登場した攻めに助けられるという流れですけどね。
家庭の事情で帰郷して家業を継いだ片桐と想いが通じて甘い一夜を過ごす、と言うところで終わりましたが、この後しばらくしてからが前半の兄編へと続く訳ですね。その序盤で、多忙な兄に家を出て恋人と暮らしたいと相談するが奈津は可愛い弟の恋人が同性と知り苦労を思い保留になっているという部分がありました。真末美は東京でフードコーディネータで遠恋になりますがこの先のことなど細かいところが気になってしまいまいました。仕事辞めるのかな、兄も頼りにしているのに地方で夫の仕事を手伝う専業主婦になる?にはもったいないけどね。ま、兄弟どちらも幸せで何よりです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ