最果ての君へ

最果ての君へ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784835216317

あらすじ

事故で両親を失い、兄と二人で尊堂家に引き取られて暮らしている陵は、同い年の尊堂あきひとに、恋心を抱きながら幸せに暮らしていた。
あきひとや兄の愛に守られながら、何も知らずに・・・。
ある日、兄と尊堂家の当主との関係を目撃するまでは
その出来事がきかっけで、大切なあきひとに強引に身体を奪われ。まるで物のように扱われている。
お互いに思いを寄せ合っているふたりの恋のゆくえは・・・・・

表題作最果ての君へ

大企業セレブ御曹司
遠縁もらわれっ子

評価・レビューする

レビュー投稿数2

シリアスでもエロはそのままで^^

シリアスで切ないお話だということで期待して読みました。
ただHだけのお話よりやっぱりお話で読ませてくれる方が私は好きなので、こういう作品の方が好きです。^^
設定にはかなり強引な所もあるし、色々細かいところは気になりますが、大筋としてのお話は良かったのではないかと思います。
幼馴染で両思いなのに思いっきりすれ違ってしまうのが切ないですね。
攻め様の受け様に対する執着もかなり強いので、執着攻をお好きな方にもお薦めだと思います。
痛い所もあって、結構ドロドロな展開だと思うんですが、Hシーンもちゃんとあって流石だなと思いました(他の作品と比べたら比重は低いかもしれませんが^^;)。

ただ一番不憫だった受け様の兄と尊堂父とのラストでの成り行きが気になります。
と~っても兄を気に入っていた冷酷そうな尊堂父が果たしてそんなにあっさりと兄を手放すだろうか?というところをもうちょっと知りたかった気がします(ページ数足らなかったのかもしれませんが)。

0

父親に注目

みなみ作品では非常に珍しいシリアスストーリー。
これだけを読めば、なんだみなみ遥ってせつない系?などと、きっと勘違いしてしまうと思う。
大体みなみさんと言えばイメージはピンクなのだが、このお話に関してはブルーといった雰囲気だ。
著者作品を全て読んでいる読者だったら、きっとこの作品だけやや異色なのが分かるだろう。

いつものスチャラカストーリーとは一転、今回は一応(?)筋らしいものが用意されている。
両親が亡くなってから遠縁の豪邸に引き取られる(陵/受け)だとか、そこで兄は当主の慰みものになっていただとか、それを知った途端に友人だと思っていた息子(晄人/攻め)までもが豹変して自分を酷く犯しまくるとか、ちょっとした昼メロ風味な仕掛けが用意されている。

しかし兄の精神状態がおかしくなってしまったのは、情事の現場を目撃した陵のせいだし、陵を傍において守ってやりたいと願う晄人が、その手段として彼をバコスカ犯しまくる理由がよくよく考えれば少々不明だ。
ともあれあれだけ愛人と息子に執着していた当主が「・・・フ」と割と簡単に、2人を諦めてしまいオールオッケイ&ハッピーエンドに納まっ続きてしまうところが、やっぱりみなみ遥だなと。

色々と粗探しをするのではなく、切ない系エッチを読むんだ!ぐらいの大きな心で、その雰囲気を楽しめばいいと思う。
またハッキリとは描かれてはいなかったが、兄と主治医も興味深い関係である。
しかし当主である晄人の父親はナゾだ。
薬で縛りつけてでも気に入った物は傍に置く性格らしいのに、こんなにアッサリと愛人を持っていかれて平気なのだろうか・・・などと思ったが、考えれば父親をそう評していたのは息子の晄人であるから、それは息子に対する父の驚異のあらわれと言うか、そういう風に見せていただけかもしれない。
やはり晄人程度の子供はいくら突っ張っても青いな、という事なのか。
もしかしたらみなみ作品なのに深いのかもしれない(笑)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ