抱擁―すべてを捧ぐ

抱擁―すべてを捧ぐ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイSLASHノベルズ(小説・ビブロス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784835216140

あらすじ

 いつもそばにいてくれた彼の、突然の熱い抱擁と愛撫。その奥に潜む意味とは―?
 生まれたときから同じ家で育てられた、議員の子息である玖珂志束と、使用人の息子であり、今は玖珂家を支える辻本将希。将希への結婚話を、彼の未来のために志束が勧めた途端、普段は穏やかに志束を見つめていた将希の顔は苦しげに歪み、激情に彩られ!?
ずっとあなたを愛していた…そして今、根こそぎ奪いたい。主従関係ラブロマン。

表題作抱擁―すべてを捧ぐ

県会議員秘書で乳兄弟の辻本将希
文学部史学科の助手・玖珂志束(27)

その他の収録作品

  • 焦がれる、心音
  • すべてを捧ぐ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

支えあう一対

主従萌えに加えて幼馴染萌えもある方に、特にお勧めです。
幼馴染(乳兄弟)として育ってきたとても距離感が近い二人なだけに、ぎりぎりの緊迫感と切なさがたまらなく胸に迫ってきます。

県会議員秘書で乳兄弟の辻本将希(27)包容力一途攻め×文学部史学科の助手・玖珂志束(27)健気受け
将希の両親が揃って亡くなり玖珂家に援助を受けるようになると、いままで呼び捨てだった仲から敬語で話される仲に。
いくら志束が言い聞かせてもそれは直ることなく今になり、志束の兄の秘書となって志束の傍にいる。
将希にお見合いの話が持ちあがり、それは議員の兄の力になる話でおいそれと断れる話ではなくて。
思いを自覚した志束が諦める為に、お見合いの話を勧めると激情されて。

どちらも言い出せば負担となると思って、内に秘めている思いが切なく熱いです。
お互いがお互いのことを思っているが故に、がんじがらめになっていく。
身体だけを繋げて、無言でそれぞれの思いを訴える感じが色っぽくて、千路乱れる思いがあるからこそ、エロかったです。
距離を取る為の敬語が取れた時のHも、また格別でした。
抑制して思いを極限ま続きで抑える攻めの健気さも、たまらない。
究極の主従愛の良さと、思い合っているのに切ない心情にうるっとさせられました。

すべてを捧ぐ
ラブラブ過ぎてどうしようかと思う位ラブラブで、本編が切なかっただけに嬉しくなります。
結婚指輪が出てくるエピソードで、改めて、将希の男前さを感じずにはいられませんでした。

エロ:★4 最初は無理矢理気味ですが、気持ちがあるので殆ど同意です。
敬語攻めと、普通の言葉と2パターン味わえるのが美味しいです。
総合:★5 とてもいい主従で、互いが欠かせない存在というのが感動を呼びます。 

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ