金瓶梅・奇伝 炎のくちづけ

金瓶梅・奇伝 炎のくちづけ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
28
評価数
8件
平均
3.6 / 5
神率
25%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784835215495

あらすじ

ド貧乏のはみだしっ子・金蓮は、たったひとつの取り柄である美肉を武器に成り上がるため大富豪に身を売り渡し、生きる性玩具となる道を選ぶ! でもその心の中には幼なじみの暴れん坊、お日様・武松がいた!! BL金瓶梅、待望の単行本化! 描き下ろし有。

表題作金瓶梅・奇伝 炎のくちづけ

武松
金蓮

評価・レビューする

レビュー投稿数5

かなり切ないです

1冊丸ごと同じお話です。
古典の「金瓶梅」が原作だそうですが、皆様のレビューを読むとかなり受け様のキャラ設定が変わっているようですね。
幼い頃から自分ではどうしようも出来ない運命の流れに押し流されながら一人の人を一途に思い続ける受け様は健気以外の何物でもない感じがします。
攻め様も男らしくて一途なキャラ。
凌辱シーン、複数シーンが多いので、ダメな方は要注意です。
悲劇要素が沢山あるのですが、一筋の光も見えてる感じです。
舞台が中国なので、衣装や髪形が好きな方にもお薦め。
登場人物たちはいずれも美形揃いで眼福でした。

0

金蓮 BL進出

原作とは話がまったく違っていて読んでびっくりしました。
『金瓶梅の金蓮』と言えば【美人淫乱成り上がり悪女】で有名な話ですが
この作品では【美人不幸受け】に描かれていました。
水上シン先生のエロチックな絵と話の内容が上手くマッチしていてこれはこれで有りでした。冷たくヒンヤリした感じがたまらなくそそります。

好き嫌いがはっきりわかれる作品でしょう。
金蓮が性奴隷となって沢山の男達の相手をさせられていますから。
私は楽しく読みました。原作の『金瓶梅』を今から読もうかどうか迷っています。


0

ついにきたか、金瓶梅BL版!

誰か絶対ヤルと思っていた「金瓶梅」のBL版。
これで、名作古典であと残すは「紅楼夢」ぐらいになったな~w
源氏物語のBL版があるなら、金瓶梅ぐらいでは驚かないんですが、
こちらは原典の武松とその兄嫁である金連を中心にかかれています。
原典よりかな~り健気で悲恋風です。

原典では、西慶門のちゃんちゃらおかしくエロエロな毎日のほうがクローズアップされていて、
金連はといえば、貧しい饅頭売りの嫁から金持ちの愛人になりあがる、上昇志向も性欲も強いキャラなのですよ…。
【原典】→金連はブサイクな夫、武大に愛想つかして、武大のカッコイイ弟・武松に惚れて言い寄るものの、ちっとも相手にされず、たまたま通りがかった金持ちの西慶門のほうがいいわ♪とばかりに乗り換え、ジャマになった夫を毒殺する、悪女の典型です。
【こちらのコミック】→薄幸の香りただよう金連に武松が一目惚れ、金連も武松の逞しさに惹かれることになっておりまする。
金連が不幸受けな感じですね。
性奴隷として調教されつつも武松を思ういたいけな子になっていますが、原典では西慶門を翻弄するツンデレ悪女…。
西慶門のほかの愛人、続き雪娥もそういう健気モードで描かれています。
原典のほうでは、権力をかさに好き勝手をやりまくる西慶門や、男と見れば色目を使うような金連に嫌気がさしてくるのですが、こちらのコミックではとってもかわいく切ない。

絵もすごくしっかりしていて、原典のムチャぶりに辟易していたワタクシはココロ洗われました。

0

たまにはこいうのも良いもんです。

水上シンさんの作品は、
初めて読まさせていただきました。
いや~面白かったです。((´∀`+*)) 絵も好きです。

劣悪な環境から、抜け出すために、
都一の美しさ武器に、権力者たちの性玩具になる道へと、
足を踏み入れた主人公の金蓮と、

その幼ななじみで、金蓮の初恋の相手でもある、
お日様のような男、武松とのお話。

痛くて辛い方向にちがいはないですが……
ストーリーが、しっかりと作られていて
なかなか読みごたえがありました。

金蓮の女王様気質なところはよかったです。

異色作というだけあって現代から
かけ離れた設定なのですが
とても新鮮で、楽しめました。

0

この作品は凄い

都随一の美女と呼ばれた売女を母にもつ金蓮。
ドがつく貧乏に加え、母が梅毒で倒れ、街でも金蓮ははみ出しものだった。
母親を良く知る悪い男達に絡まれたところを助けてくれたのは、虎を素手で倒したのだという武松。明るく豪快で、まるで太陽のような男。
二人は、次第に惹かれ合う気持ちを抱く。しかし、それもつかの間のこと。
美しい容姿をもった金蓮は、役人に連れて行かれ、多くの男達の性的行為の対象として調教・・・飼われる生活を強いられることになるのです。
さて、そこからどうやって二人が一緒になるか・・・・というお話。

本当に、最初から最後まで読むのにこんなに時間がかかるとは思ってなかったです。
ちょっと読んだら胸がいっぱいで止め・・・読み・・止め・・の繰り返し。
幼いからだを開かれ、たくさんの男達の相手をさせられる。
長いときがたち5年。
そこから逃げ出してもなお、運命はまだ上手い方向に進まず・・・・。
最後の最後まで魅せてくれる良作だったとおもいます。
一冊の中に、かなりの人物が書き込みされているのにもかかわらず、皆それぞれに生きた味を出しており、濃い濡れ場を描かれている続きものの、体だけの関係と、心あっての関係の違いが明確なのがまた良い。
自分と同じように、好きな相手の元から連れてこられた盲目の少年に金蓮は言います。
「忘れる方法を教えてやる」
「好きな相手の名前を呼べば良い」
盲目の少年を犯しながら投げかけるその言葉は、自分の心なのです!!
どんなに長く思っていても、相手は忘れているかもしれない。
むしろ自分を憎んでいるだろう。
そんな痛い心がまざまざとつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

あ、それから
もちろんメインの二人も良いんですが、サブなキャラクター達が良い味だしてました。
マッチョなお嬢さんと、男妾たちww
この子たち好きですwwwなんかさ、ここまでの殺伐とした空気のなかで凄く華やかで。
むしろ、お嬢含めての濡れ場がみたryww
リケイ。
この子がすごくなんかね、印象にのこってて好きです。
無理やりつれてこられた子たちも居ますが、この子はご主人が大好きだったんです。
好きだったあまりに、他に男を囲うのを嫌い、金蓮のところに入り浸る主人あって・・・ちょっとタガはずれてしまいましたが。本当はすごく可愛いこだとおもうの!!
寵愛を受けて幸せになる結末を妄想の中でだけでも実現させたい願望ヒシヒシ。

最後に。
話の展開で、お亡くなりになる方や、リバ。
乱交・出っ腹オヤジ攻なんてありますので、どーしてもダメという方にはお勧めしません

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ