王子の方舟

ouji no hakobune

王子の方舟
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
16
評価数
8件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784835214900

あらすじ

郵便配達見習いのフィリップは、届かない手紙を待ち続ける「王子」に出会う。荒れ野のほったて小屋に住みながら、美しい容姿と優雅な物腰の彼が待つのは誰からの手紙…? 様々な光を放つ宝石たち7作を収録した円陣闇丸ファーストBBCへようこそ

表題作王子の方舟

従者
王子

同時収録作品永遠の檻

大河内智幸
柴田皆 22歳 無職

同時収録作品ラブ・チョコ

(多分?)大河内智幸 会社員
(多分?)柴田皆 フリーター

同時収録作品WILD SONS

同時収録作品夜明けの音楽

その他の収録作品

  • 方舟の行方
  • たからもの
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

雰囲気はとても好き

表題作シリーズはなんとも不思議な作品でした。
王朝モノだと思いきや、現実の時間はそうではなくて・・・SFモノ^^;
どこまでが現実で今なのか、どこまでがバーチャルで過去なのか、悪く言えばちょっと分かりにくい。
短めの話が3話で成り立っているのですが、構想が結構ややこしいので、3話だけでは説明が不十分な所が多いように思いました。

「永遠の檻」は監禁モノなのですが、ソフト目で、敬語攻めです。
メガネを着てスーツを着た優等生がロクデナシの男に一種の復讐をするお話。
「ラブ・チョコ」は「永遠の檻」の後日談なのですが、全くトーンが違ってコメディになってます。
メガネ攻め(もしかしたら受けかもしれない^^;)が天然になってて笑いました。

「WILD SONS」ははっきりとは書かれてませんが、アメリカの西部劇ものっぽいお話。
半分だけ血の繋がった兄弟の話ですが、はっきりした恋愛モノではありません。
絡みのシーンがあるんですが、私はちょっと好みではありませんでした。
女性が絡んでもいいという方にはOKかもしれません。

最後に収録されている「夜明けの音楽」が一番印象的続きで好きな雰囲気のお話でした。
家が隣どおしの作家志望の晴之と、もうすぐ死ぬと言う14才の章央。
「語り」が晴之なのですが、まるで文学小説を読んでいるような感じでした。
甘美な胸の痛みが印象的な作品です。


0

義手と死

「夜明けの音楽」が一番面白かった。
死ネタです。
Hはありません。キスだけ。匂い系です。
14歳でそろそろ死を覚悟している「章央」と
30歳の小説家で事故が原因で片方の手が無く義手をしている「晴之」。
家がお隣同士で 章央が晴之の家に入り浸っている。
しかし お互い意地っ張りで 大事な話はしない。
章央が入院する前に ポツリと漏らした一言。
「窒息しそうかも。」
中学生の死に対する不安な心の動きが 繊細に描かれている。
死ぬ間際 章央は晴之に キスをねだる。
美しい死の終わり方だった。
円陣闇丸先生の絵はとても綺麗だ。
死ネタだが 二人は両思いだった事を匂わせている。
読んだ後の 儚さや刹那さがたまらない作品だ。

0

ファンタジックではあるけれど

ヴァーチャルと現実世界の間を行ったり来たりするような感覚はそこそこ面白い。
でも、あまりに『心』の部分が抜けていて、パンチがないんだよね。

やまなし・おちなし・意味なしループに陥る寸前というか。

それにも増して、登場人物の魅力にちょっと欠けている。
キャラの存在感でいったら、表題作の王子様とフィリップが一番いいんですが、
王子様とフィリップの関係もイマイチわからないし、アルマンはなおさら意味プー。

ラストの「夜明けの音楽」は一瞬、来るかー!?悲恋オチ死にオチ!!
と期待したが、重さのないまま、ゆるみかけた涙腺があっさりもとに戻ったw

絵はうまいのに、コマ割りがスッキリしないのもちょっと惜しい。

0

円陣さんハードル評価

表題作連作他、短編集。

表題作なんですがちょっと分かりにくかったです。
中世風っぽく始まり、結局それはバーチャルだったという所までは分かるんですが、アルマンの存在がイマイチ分かりにくかった。あと手紙とか。
話の整理が足りないかなーという印象。

「永遠の檻」は監禁モノ、最初は良かったんですが意外にあっさり決着付いちゃったなあというのと「ラブ・チョコ」のカップル度の温度差が急すぎて、ありゃりゃってなりました。

絵はいいし漫画も上手いんだけど、今作はどれも微妙にもうちょい何か欲しかったんだよなー。
悪くはないんですが、円陣さん作品としてはイマイチ。
これは自分がハードルを円陣さんハードルに上げて読んだからで、普通だったら萌評価だったとは思います。

0

流れ流れて

不思議な感覚を覚える作品でした。
冒頭、手紙を待つ男と、配達員の少年。
来ない恋文を待つ男は、実は一国の王子で・・・!?
というお話。従者がやってきて、その次の話で「あれ?どんな展開?」とちょっとトリップしてしまいそうな感覚を覚えました。
一国の王子で、妃をもらい、しかし最後にはそれが夢?現実?という展開へと移ります。
記憶と、登場人物と、それにおける背景。いろいろな交差があって、考えさせられる作品。良くも悪くも。
結論としては、絵がすごくタイプだからそれだけで満足というのもある(´∀`)ケッキョク
アルマンがこれまた私のタイプのドストライクでしてww

ほか短編もいくつか。
『永遠の~』は、監禁陵辱モノです。妹のために~という攻もナカナカのもんですが、監禁されて、陵辱されて~の受の心理描写がすき。
終わりよければすべてよし。男気あふれる受がなんとも言えずw
性描写はあってないような感じでは有りますが、これはこれで有りだなと思わせてくれる作品。持ってて後悔はない。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ