月夜ばかりじゃないぜ

月夜ばかりじゃないぜ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・ビブロス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784835213866

あらすじ

貧乏だが腕の良い探偵・鳴海は、ヤクザの跡継ぎに生まれながら大のヤクザ嫌い。
今夜も潜入捜査に出かけたが、そこで出くわしたのはかつての教育係…他者を圧する獰猛な瞳、男の色気が滴るような美丈夫、「神武の虎」の異名を持つ甲斐だった!密かに愛する男に鳴海は…!?見つめられるだけで、発火する。

表題作月夜ばかりじゃないぜ

甲斐 ヤクザ『神武の虎』
鳴海 貧乏だか腕の良い探偵

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ヤクザものです

気持ちよく王道でした。
なんだろな、先の展開が読めすぎる王道でうんざりするパターンと、王道ゆえの心地よさを味わえるパターンの二種類があるんですが、この差はなんだろう?
このあたりの分析はまだできないんですが(個別分析はできるけど、俯瞰しての分析はできない)、岩本薫さんの作品は明らかに後者の場合が多いです。私には心地のよい王道。

ヤクザものです。
ヤクザ嫌いで今は新宿で探偵事務所を経営してる組長の息子が受け。
攻めは、受けのかつての世話役。
受けがかなりおバカな行動をするので、「いい加減にしろよー」とは思うんですが、そのたびに颯爽とあらわれてピンチから救い出してくれる攻めがやたらとカッコイイです。
受けが誘っても誘ってもなびかない攻めなんですが、じつは攻めにはかなりのジレンマがあって誘いに乗るのを必死で我慢しており、そのストイックさに惚れました。ストイック萌え。
このお話は、攻めのステキさを味わうお話だと思いました。
受けはねー、この攻めと釣り合うだけの魅力が足りてないので、もう一回り成長しなければいかんぞ!
喝!

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ