二人だけの喝采(アプローズ)

二人だけの喝采(アプローズ)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・ビブロス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784835213873

あらすじ

美貌の舞台俳優・杉本樹の恋人(遠距離恋愛中)は、元トップアイドルの片平進矢。
復帰作の舞台で共演するものの、進矢不在の稽古に樹は不安を抱く。
「助けに来い」というメールにさえ、なかなか返事はなくて・・・!?
小説b-Boy掲載作に加えて、スターな進矢&樹のラブラブ同棲新生活もたっぷり書きおろし。
演劇界成り上がりロマンス完結。(裏表紙より)

表題作二人だけの喝采(アプローズ)

片平進矢・元アイドル
杉本樹・舞台俳優

その他の収録作品

  • 君は永遠の。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

懐かしの『ピンスポットシリーズ』です

鹿住槇先生のシリーズもので、初めて読んだのが『ピンスポットシリーズ』でした。

芸能界ものに興味がなかった筈なのに、完結までには、しっかりとファンになってしまったという、思い出の作品でもあります。

さて、舞台俳優として憧れの存在だった樹(受け)の恋人になったアイドルの進矢(攻め)が、紆余曲折の中、芸能界を追放されたような形で姿を消し、もう一度役者として再生するのがこの巻です。

さすがに、人々の思惑が渦巻く芸能界。話題性やら、集客の為やら、樹にとっては進矢の復帰戦でも、周囲にとっては『舞台の成功が全て』という感じ。なので、ダブルキャストになり、進矢は名字を変え(本名の『片平』から『大和』に)、所謂『新人』としてのりスタート。

しかも、ダブルキャストは梨園の御曹司、藤間孝臣。藤間のチケットはすぐに完売するほどの注目度で、マスコミの話題も藤間で持ちきり。焦れる樹を嘲笑うかのように、進矢とは一緒に稽古もできないまま舞台が迫る。当然、共演する役者たちも、もう1人の主役『大和進矢』への不信感や猜疑心が芽生え、そんな中での通し稽古。そこで、進矢が元トップアイドルだった『片平進矢続き』であり、彼の役者としての再出発舞台になることが明らかにされる。

とはいえ、それがマスコミに知られれば、進矢が舞台に立つ前に潰されてしまう。関係者には箝口令がしかれ、藤間とは大きく差がついた状態で初日を迎える。

この初日までの焦れったさは、樹が彼らしくなく『進矢が一番』をだだ漏れにさせ、キャラ崩壊?と思わなくもなかったですが、それ位大事な存在になってしまった進矢への樹の心の変化を書きたかったのかと。。ある意味、人間味溢れる。。と言えば良いのでしょうか。

樹は舞台俳優として、本当にプロだなぁ。。という、実に格好良い男前。男前受けのツンデレが好みの私には、樹は『どストライク』なので、『進矢が好き好き』光線を出しそうな樹に、どうしようか。。と、内心ハラハラしたものの、進矢が良い感じで『(天然+ワンコ÷ヘタレ)×樹さん大好き!』だったので、ちょっと安心。心を落ち着けて最後まで読めました。

公演を重ねるたび、進矢が主演の舞台に客が入り始め、当日券が立ち見まで満席に。かつてのアイドル時代のファンが静かに、そして熱い思いを込めて見守ってくれる進矢の舞台。。本当の意味で再出発でき、一安心です。

始めは『下剋上』とも言える展開でしたが、精神面で樹は強く、ぶれない。だから、身体繋ぐ時の役割的には『進矢×樹』ながら、樹は常に進矢をリードしてくれている。まるであねさん女房?!

そして、そんな二人には応援者もいて、書き下ろしでは同棲生活に入ります。(とは言っても、その前の巻で一緒に暮らしていたので、同棲生活に戻れたという表現が正しいかもしれないです))当時の小説としては、結婚できないゲイカップルの最終目標は『同棲』になる、王道スタイルですね。

キラキラしい芸能界ものは、それほど興味がないのですが、この作品は二人が恋に堕ち、役者としての自分をお互いに高めながら成長し、成功していくお話なので、抵抗なく読めました。

まだ同人誌では続いていて、鹿住先生のサイトでは通販もしてくださっているので、その後の二人を妄想しなくても(笑)、ちょくちょく楽しませてもらっています。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ