小夜時雨の宿

小夜時雨の宿
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌5
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
39
評価数
14件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784877249120

あらすじ

長年付き合っていた恋人に一方的に別れを告げられて一年が経った。ある日飯島佳史は、元恋人の病死を彼の弟・南方修司から聞かされる。悲しみと後悔に暮れる佳史。そのあげく追い討ちをかけるように「病気だと聞かされて兄貴の元から逃げたんだろう?」と鋭く責め立てられ、憎しみの余りか陵辱されてしまう。何も知らされていなかった佳史は修司の誤解に戸惑いを隠せず…?
出版社より

表題作小夜時雨の宿

死別した恋人の弟・南方修司
ぼんやり系でお人好し先生・飯島佳史

その他の収録作品

  • 青水無月
  • 徒花
  • 月下の縁

評価・レビューする

レビュー投稿数6

それぞれの想い

タイトルに惹かれて。Kindle版を購入。

恋人に突然別れを告げられた佳史とその元恋人の弟修司のおはなし。
かなり切ないお話です。後半涙が止まりませんでした(T_T)

約6年も付き合っていた恋人に突然別れを告げられ縋ることも出来ず1年経った今でもひきづっている佳史。
ある日その元恋人雄司の弟修司が訪ねてくる。そして修司が亡くなったと教えられ衝撃を受ける。
そんな佳史に修司はなぜ兄を見捨てたと言って責め立て、そして強引に佳史を抱いたのだった。
それ以降修司は佳史につきまとい…

想いのまだ断ち切れない元恋人の死を知らされその弟にはレイプされてしまうという衝撃。気持ちを傷つけられかなり読んでいて心が痛くなります。
でも読み進めていくうちに修司の気持ちも見え隠れして切ないです。

このふたりが一緒にいるのは禁忌に近いのかもしれませんが、でも雄司の死をふたりが乗り越えるには必要なことだったのかもしれません。
そしてその時間が佳史がまた新たに人を想うようになれた時間。修司が兄の死とそれまでの想いを浄化させる時間。

いろいろな問題を乗り越えてやっとふたりの想い続きかひとつになったかに思えたのに、佳史は修司の前から姿を消してしまいます。
雄司も修司も家族から奪えない。そう思って離れたのです。
ああやっとふたりの気持が一緒になったのにと切なくて切なくて。

でも修司は迎えに来ます。
自分が幸せになるのに悲しむ人がいるのは嫌だと言う佳史。だけれど、修司は何があっても守ると何もかも背負わないでと。

両親にしてみれば息子ふたりとも男性に取られてしまうというのは辛いでしょう。
だけれど、人の気持ちは止められないのです。

本当に親が願うのは子供が幸せになること。理解は出来なくともきっとそう願ってくれるからこのふたりは幸せになれるでしょう。
と、思いたいです。とても切なかったので。祈りを込めて。

ラスト、佳史と雄司との思い出の宿にまた行こうと言う修司に、あそこじゃない別のところへ行って修司との思い出を作りたいと言う佳史。
それを聞いて修司が涙をひとすじ流すところがとても印象的でした。

2

死別した恋人の弟と

佳史には付き合っている男・雄司がいました。
しかしいきなり別れを告げられ、その1年後、雄司の弟・修司が飯島のもとへやってきて雄司の死を伝えにきます。

最初は弟の修司の行動が謎でした。
佳史を兄を捨てた奴だと憎んでいるのかと思えば、兄に「佳史を頼む」と言われたからといって兄の代わりになろうとしたり。
最後にはちゃんとわかるんですけどね*
恋人の弟と関係を持つということで、兄に申し訳ないんじゃと思ったんですが、最後は綺麗にハッピーエンドに終わって良かったと思います。
タイトルの『小雨時雨の宿』は雄司と佳史の思い出の場所であって、佳史と修司の思い出の場所でもある、話のキーポイントとなる場所ですね。
とても切なかったです。

挿絵の夏珂先生のイラストがすごく合っていると思いました(^_^)
修司がすごいかっこよかったw

1

誰からも愛される人

長年兄の恋人に片思いをしていた弟・修司(大学生)と兄・雄司(故人)の元恋人・佳史(高校教師)のお話。

長男である雄司から別れを切り出され、彼の将来も考えて自分の気持ちは押し殺しあっさりと身を引いた佳史でしたが、恋しい気持ちはそのままで、一年たってしまいました。
そこへ突然の訃報を持ってきたのが弟の修司。
雄司の最後の言葉「佳史を頼む」を伝える為にやってきたのですが、
病気の兄を見捨てた佳史への憎悪とそれでも気にかけている兄の無念、
今まで押し殺してきた自分の気持ちなどがあいまって、段々と偏執的に佳史に迫るようになります。
始めは抵抗していた佳史ですが、修司に雄司の面影を見るに付け、修司の抱える悲しみを感じるに付け、
また、自分の寂しさを埋めてくれる存在として、修司を修司として受け入れるようになっていくのです。

病のことを告げずに去った雄司。
誤解を解くのをあきらめてしまった佳史。
始めから好きだったのに微妙な立場になってしまったため素直になれない修司。
佳史に恋する高校生・田嶋。
それぞれ肝心なことが口に出せないために、複雑になってしまう関係。
田嶋が続き関係する事件により絡まった糸がほどけ始めるのですが、お話はそれだけでは終わりませんでした。

全体的に悶々としながらもそれなりに納得のいく終わり方になっていますが、修司が暴力的なセックスをするのが何故なのか、私としては納得がいかないところです。ちょっとキレ気味に佳史を抱いたら良さそうだったので、と言うのじゃあんまりだと思うし・・・。
ちょっと強引だけどひどいことはしない程度でよかったんじゃないかと・・・

それにしても、雄・修兄弟、仲が良すぎだろう。
弟は兄に遠慮して最初は身を引き、兄は最愛の人を弟に託すなんて。
ま、佳史は守られなきゃ生きていけないようなか弱い人ではないんですがね。
諦めはよすぎるけれど、一番大人な考えの持ち主だと思いました。

2

お兄ちゃんは何を考えていたんだろう

 一年前に恋人雄司から一方的に別れを告げられ、一人でいろいろ考えて
理由を聞くこともなく別れてしまった主人公。

 ある日、恋人の弟が、兄が病死したと伝えにきました。
弟修司は、主人公が病気の兄を捨てたと思い込んでいて、薄情な奴だと
辛くあたり無理に関係を持ちます。
主人公は、いまだに気持ちを残している恋人の弟と本意じゃなくても
関係を持つことに戸惑いがあるのですが、修司のためになるなら、雄司の遺志に沿うならと
自分の気持ちを置き去りにして関係を続けます。

 関係を続けるうち、いつの間にか修司のことを恋人の弟ではなく
一人の男として意識するようになります。
しかし、修司が兄に憧れて、成り代わり願望で自分を相手にしていると思っているので、
その気持ちを利用して恋人のようなポジションに縛っていると罪悪感を感じます。

 主人公が自分の気持ちを軽視していて、頭で考えてばかりで言いたい事
というか伝えるべきことを伝えません。
そのいい子ちゃん具合が過ぎて、主人公を主体性のない薄味な人にしていると思いました。
後半の方の主人公の行動が意味不明です。フォローが続きあったのでよかったですが。

 恋人に振られたと思ったら病死で、恋人への気持ちも覚めやらぬ中、その弟から関係を強いられて詰られる割に精神的な痛さが伝わってこないのは、主人公が感情的じゃないからでしょうか。
そもそも雄司と付き合ってた頃から浮気されても何度も許しているあたり、感情が薄い・・・?
たぶんそういう態度が相手にひどいことをされる要因のひとつではないかと。

 話のまとめ方はきれいでした。

3

兄と弟から愛された男

一年前一方的に自分をフッた元恋人が、実は不治の病に犯されてたということを、その弟から知らされるところから物語が始まります。
さらにその弟に、兄を見捨てたことを詰られて、レイプされる。

ぶっちゃけ主人公にイライラさせられました。言葉が不器用すぎるんだよぅ。
ウジウジと「気を使って(orどうせ理解してもらえないと最初から諦めて)言わない」くせに、「嘘ついたっていい場面なのに、正直に言う」せいで、どんどん状況を悪化させてる気がして。
でも最後の最後で、言わないことにも意味があったんだなァとちょっと評価が変わりました。
自己犠牲とただの偽善は紙一重のようだけど、貫けるならどちらも美しい。

あと、表紙絵の修司の横顔が超キレイ。

1

傷つけあってそれでも乗り越えていくんです!

最期までしんどい思いをさせたと作者からも同情された主人公佳史(よしふみ)ですが・・精神的な痛みはそれほどでもないかも・・
主人公の優柔不断さが、なんだかねえ・・もっと身をよじって苦しがってほしかった?

恋人に別れを告げられ、傷心の日々を送っていた佳史。別れて1年後、ある日、恋人の弟修司(しゅうじ)が尋ねてきて兄の死を告げる。
意味のわからない詰りや、佳史を責める言葉に戸惑う主人公ですが、読者も戸惑います。なんであんたにそこまでいわれにゃあかんの?って。(#゚Д゚) プンスコ!
恋人との突然の死別という現実さえ受け入れられないはずなのに、なぜか弟にふりまわされてます。
人のいい佳史は、何かと理由を付けてやってくる弟をむげにできません。しろよ!絶対下心ありだろう!笑
ラスト近く、どうして佳史につっかかるような態度をとったか修司が告白しますが、言われるまで気づきません。気づけよ、佳史!(ノд`)
告白されて初めて、自分も修司によって、恋人の死という事実を乗り越えられたという事に気づきます。
最期のエピソードにもっとページを割いていただけたら、「神」だったと思います・・残続き念!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ