コンクリート・ガーデン

concrete garden

コンクリート・ガーデン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
31
評価数
7件
平均
4.4 / 5
神率
71.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784835213545

あらすじ

高校を卒業したばかりの清春の仕事は、ある重要人物の「お友達」。その役職は「彼」が清春を指名したものだった。しかし…!? TARAKO入魂の大長編2本立て! もしも、たった一人の相手と出逢ってしまったら、あなたならどうしますか? 感動巨編!

表題作コンクリート・ガーデン

人喰い天使・朱鷺
「お友達」清春

その他の収録作品

  • クロックダウン

評価・レビューする

レビュー投稿数3

何度も読み返してしまう

コンクリートガーデン
最初の数ページはちょっと難しい?お話なのかな…と思っていました。
読むにつれ、だんだんと引き込まれてしまいました。
こうゆうお話が大好きなんですよね。
受けが特殊な存在で何か抱えてたり、攻めが不器用で素っ気ないが受け大好きだったりと本当に萌えます。
雌は雄と接触し初めて生殖準備に入る…なんて美味しい設定なのだろうと思ってしまいました。
受けの性別が変わったとはっきり書かれていませんので、ここは両性具有と解釈します。
完全、女体化は苦手ですので…。
セクピスもそうですが、寿たらこ先生の世界って素晴らしいです。
難しい部分もありますけど、そこら辺は自分の想像力で補います。

2

世界観がステキ

『コンクリート・ガーデン』
こういう作品を読むと、もう一度、10代のころの脳ミソが欲しいと思ってしまう。当時の、みずみずしかった頃の脳ミソで読みたい作品だな、と。
あと関係ないけど、最強興味深く動向を注視してる捕鯨問題のことを思い出しました。あと藤子不二夫F先生の描いたとあるダークな短編とか。
こういうテーマって、多くのヒトが一度は突き詰めて考えたことがあったりする部分で、深いのに単純なんだよね。
私は、昔は人間の業だと思ってたけど、今はただの摂理に過ぎないと思っている。

『クロックダウン』
おおっ、パラレルワールドを使った正統派のSFでした。なんか懐かしい感じがしました。
使われてるパラレルワールドの理論は古典的なものにヒネリを効かせてる感じ。
ただ、オチにはひたすら鳥肌が立ちました。うわうわ、そうか、そうきたか!!と思って。
アンハッピーエンドを予想してたから、余計に鳥肌が。
もちろん、そこに至るまでの話の流れも素晴らしかったです。
ただ、幼馴染みな時雨にも未練があるw
どんな結末だったとしても、一抹の寂しさの残るお話だと思いました。それがイイ。

1

惹き付けられる短編

表題作の「コンクリート・ガーデン」は、ページ数で言えば同時収録の「クロックダウン」よりも短い作品です。
でもその短さの中で、偉そうな言い方ですが、緻密に練られた構成が展開されています。こんなに美しい短編は、読んだ事がないかも…

高校を卒業したばかりの主人公、清春の仕事は、ある重要人物の「お友達」。その仕事は、重要人物である「彼」自身が清春を指名したものだった。よく分からないまま「彼」と「お友達」になる清春。
人間と違う生き物である「彼」と清春は、本当の意味で寄り添うことができるのか……

コンクリート・ガーデンの簡単なあらすじはこんなところです。
これ以上書くと絶対話のネタバレをしてしまうし、興味を持った方は是非実際に読んで面白さを実感してほしいです。

「たった一人の相手と出逢う」のがこの作品と、同時収録の「クロックダウン」二作品にまたがるテーマだと思います。
唯一無二の私とあなた…みたいな感じです。
SFが大丈夫な人は、是非手に取って読んでみて下さい!!おすすめです!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ