皇太子の結婚

koutaishi no kekkon

皇太子の結婚
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
4件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルスHYPER(小説・心交社)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784778105495

あらすじ

父の死を機に兼田啓人が知った出生の秘密――それは、啓人がルエノア王国の姫君が日本で生んだ隠し子だということ。啓人はルエノアに連れ去られ、長年敵対関係にある隣国の皇太子ルークに女として嫁がされる。おとぎ話の王子様のように優雅な姿とは裏腹にシビアで冷徹なルークは、妻が男だと知っても動じず、両国の関係が改善するまで完璧なプリンセスを演じれば啓人を日本に帰してやると約束する。だが婚礼の夜、形だけの花嫁であるはずの啓人をルークが気まぐれに抱いたことで、二人の関係は険悪なものになり――。
出版社より

表題作皇太子の結婚

ルーク・皇太子
兼田啓人・日本人

評価・レビューする

レビュー投稿数2

政略結婚モノ

花嫁モノです。
所謂身代わり花嫁モノではなく、政略結婚花嫁モノ。
初っぱなから結婚式シーンで始まっとります。
啓人[受]ことケイトは父親の死後に突然やってきたルエノア王国の使者にその国へと拉致されちゃいます。
そして自分がルエノア王国の姫の隠し子だった事を知る訳ですが、啓人を女だと思っているルエノア王国は政略結婚の駒として啓人を隣国へと嫁がせる事を強要します。
日本に帰る手だてもなく状況に流されるままにウェインダル王国の皇太子ルーク[攻]と結婚式を挙げ、花嫁となる啓人。
しかし啓人を男と知ってもルークは特に驚く事は無く政略結婚だと割り切って、花嫁として振る舞えばその内に離婚して日本に帰してやると告げます。
冷淡な部分のあるルークを啓人は好感が持てず、更に無理矢理抱かれた事によって更にルークに対して反感を抱きます。

流され体質の啓人ですが、そこはルークがビシッと指摘してくれるのでそこまで気になりませんでした。
相性の悪い2人ですが共に暮らして、業務をこなしていく内に啓人はルークの皇太子としての責任やその人となりを知り次第に魅かれて行く。
そこはセオリー通りの展開で続きすなー。
エロの回数はやたら多いです、ハードではなく甘いエロなのであまりエロエロとは感じませんが寝室を筆頭に、パーティ会場、ダンス練習場とあちこちで犯りまくってます。
最後は甘く結ばれて本当の意味での花嫁に。

花嫁モノが好きな方なら普通に面白く読める一冊なんじゃないでょうか。
自分的にはルークの弟が気さくでいいヤツで好感が持てました。

0

ショコラらしい、なんちゃってハーレ

いかにもハーレクインロマンスのような展開を、大真面目にBLでやることを楽しめる人にはおすすめ。
イラストが、ちょっと貧乏くさくてゴージャス感がなかったのが残念。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ