トロンプルイユの指先

trompe-l'œil

トロンプルイユの指先
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×23
  • 萌17
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
17
得点
84
評価数
25件
平均
3.4 / 5
神率
16%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784904101087

あらすじ

別れた彼女への腹いせに選んでもらったスーツとネクタイを捨ててしまった三田は、買い直しに行った紳士服売り場で対応してくれた店員・大谷と出会う。ネクタイを試着してくれる大谷の綺麗な指と顔に思わず見蕩れてしまった。大谷に選んでもらったネクタイが会社で好評で、男前のくせにセンスの悪い三田は「ほかにも選んでください」と頼み、そのお礼に食事に誘うが…。

表題作トロンプルイユの指先

システム開発部社員 三田有友(24歳)
紳士服専門店店員 大谷瑶介(31歳)

同時収録作品目の覚めるような

同時収録作品弦 満ちどき

八木(弓道部)
山崎(教師・弓道部顧問)

同時収録作品われなべ、とじぶた

新木悠人(大学生)
内水真純(大学生)

同時収録作品木ノ下闇

拓真(弟)
基春(兄)

その他の収録作品

  • 貸し借りゼロ

評価・レビューする

レビュー投稿数17

想像とは…


表紙買いです!あらすじも読まずに買いました。
私にはよくあることです(°ω° ;)

想像してたお話とはちょっと違いました。
表紙からもどっちが受なのかわかり辛いですよね。
黒髪の方はドSに見えなくもないし!
でも、歳の差カップルで可愛らしいお話でした~。

これは短編集で色んな愛のお話が詰まってます。
一話終わると描かれている一人用ソファでのキス絵にめっちゃ萌えました!

父親とセックスしていた義兄を目撃した弟。
本当に好きなのは弟で父親と似てたからセックスしてたとか。
最初は無理矢理感があって弟に助けてもらって、弟を好きになって……そのあとは自分から誘ったんだろうか?
そんなところが、気になる私です(^ω^;ゞ

0

色気漂うモノトーン

初コミックスなのに表題作が書き下ろしという短編集。
なのでやっぱりページを捲った最初の感想は「騙されたかも」なのですが。

「目の覚めるような」「弦満ちどき」
エロスの漂う雰囲気に普通の会話がハマらず、後もうちょっとで手が届きそうで届かない物足りなさを感じます。

「われなべとじぶた」
この作品でその物足りない部分が埋まり、こういうのを期待していたんだと表紙に惑わされて損がなかったと思えました。

「木ノ下闇」「貸し借りゼロ」
多少ポップな仕上がりを見せてエロスだけではない仕掛ける楽しさと、悪戯めいた茶目っ気が見られてトキメキ度が上がります。

そして表題作。
ほぼ初対面なのにぎくしゃくと照れながら大谷に頼りきってしまう会話の流れ。
無理矢理感なく綺麗な指先に見蕩れ、私服姿にときめく。
なんとなく、三田の好意を上手く誘導して手を出させる。大谷の作戦の様な気もするのですが。
三田の無頓着と鈍感さが多少の波乱を起こして、執着心を強める終わり方に次作もチェックせねばと思ってしまいます。

0

ついつい絵に惹かれてしまいます

確かこの作品が私が初めて読んだ加東さんの作品だと思います。
絵柄が綺麗だな~と思って読み始めたのですが、今読み返してみてもやはり綺麗だな~と思います。
なんというか、匂いたつ艶というか、色気が時折感じられるんですよね。
表題作では特に受けにそれを感じました。2人で私服で一緒に食事している時とか、受けがアンニュイでドキッとしちゃいます^^。

表題作の他には義兄弟ものの「木ノ下闇」も気に入りました。
普段すました感じのお兄さんが、弟に迫られて本音を吐いてしまう時のギャップ・・・。
続きが読みたいな、と思った作品です。

加東さんの短編集には、ここから先が気になる!と思う所で終っている作品が多いように思うのですが、この本でもいくつかそういう作品がありました。

1

独特な世界観

全部で5つのストーリーで、つながりは無し。

最初のストーリーをチラ見した時は、
もしやショタ系?って思ってしまい
敬遠していました。
でもなんとなく絵が気になって借りてみると
ショタ系ではなかったですw

ストーリーの中に、先生と生徒や塾講師と受講生というのが
あるので、ほんのほんのちょっと・・・
そういう感じの印象を受けそうになるストーリーもありますが・・・。

表題作を含む2つのストーリーが
なんとういうのか・・・Sexyでした。
えっち度は高いのすが、そういう表現よりも
Sexyという表現の方が合うような。

加東セツコさんの描かれる絵は元々そういう雰囲気が
プンプン漂っているんですけどw

ちょっと独特の世界観・色気を楽しんでみたい方には
いいんじゃないかな~と思います^^

1

読み返して…ドキッ!漫画なのに『小説』みたい。

久しぶりにこの作品をなんとなく読み返してみたんですが……

読みながら何度もドキッっとしてしまいました。
あれ?この作品こんなに面白かったっけ…と。
すばらしい作品はやはり何度読んでも面白いものなんだなぁと改めて思わせられた作品です。

それと、ひとつ感じたのは漫画なのに『小説』を読んでいるみたいな気持ちになりました。行間を読む…じゃないけど、コマの間を読者に読ませるような漫画の描き方だな…と感じました。私だけかもしれませんが。笑

洗礼されていて美しく、とくに最初の2作品は静かな木陰で読書しているような気分でした。

このサイトに登録してずいぶん経ちますが初めてレビューを書かせていただきました。私の重い腰をあげさせた作品です。笑

気になっている方はとりあえず手に取ることをお勧めします。

1

この後が気になる。

独特の雰囲気のある絵柄。
どのお話も余韻を残すというか、この後どうなるんだろう…と妄想する楽しみがあるというか。

お気に入りは「木ノ下闇」
義兄が父親に抱かれているところを一度は助けたことのある弟。
けれど、それからも義兄と父親の関係は続いていて…。

義兄がそこで告白してしまうのってスゴイなと思ったけど、まあ、好きな人に誤解はされたくないか。
反発しているようでいてどこか気にしていた風の弟。
これからの2人の関係が見てみたい。

表題作もステキでした。
ネクタイ売り場の店員?が仕事の時と私服の時とではかなり雰囲気が違って見えるのがツボりました。
ギャップ萌えなのかしら。

1

何か気になる作家さん

全体的にあと一ひねり欲しいところ。
中立よりの萌評価。これからの期待を込めての萌です。
表題作が好きです。
他の短編はあまり引っかからず、、。

表題作「トロンプルイユの指先」
作者のフェティシズムを感じます。
指先、咽喉もと、目線、、ストーリーに織り込まれたディテールにドキリ!
淡々としっとりとした色っぽさ、、ストーリー的にはもう一ひねり欲しいのですが、この方の独特の雰囲気が、、好きだな。
勤務時のスーツ姿の大谷さんが色っぽい!スーツで撫で付けた髪型が、、堪らんですたい!!
そんで、誘い受け!大谷さんて、、だよね?
表紙裏を忘れずに読みましょう。
ラストの大ゴマが良かったです。

1

もっと読みたい!

好きなサークルさんの初オリジナルの短編集。
意識的に絵を変えようとしてるのか、雑誌の意向か…。
絵的にちょっとバラバラな印象なのが残念。
でも、どの作品も丁寧に書かれている感じがしました。
全体的なほわんとした雰囲気とえろすが健在なのは嬉しい!

短編集ではちょっと物足りない感じもしちゃいました。
ガツン!とえろすがふんだんなストーリーモノを読みたいです。
次作以降も気になります。

1

椅子がお好き?

絵は◎、話は△です。
なにか物足りない(・ω・`)

東京漫画社の作家は全体に基礎画力が高く、安心して読めます。特に加東さんはすこぶる評判が良く、わくわくしながら読み進めていったわけですが……私にはいまひとつピンとくるものがありませんでした。ぎゃぼん↓↓

悪く言えば、ストーリーも人物造形も特段魅力あるものには思えません。ついでに言えば絵も「動き」がないので単調に感じました。さらに言えば、キレイっちゃキレイなんだけど、血色が悪いというか、血が通っていない感じがします……不健康な人ばっかり?

でも加東さんは嫌いじゃありません。このマンガを読む前に加東さんのウェブサイトを拝見したんですが、イラストがとても美しかったです。特に不健全のは…イイ(笑)。サイトの良さが、そっくりそのままマンガにも出ればいいのにな、と思ったり。

椅子が好きなようで、マンガにもサイトにもよく出てきます。どこか謎めいていて魅惑的な作家です。

2

繊細なタッチに見惚れちゃいます

同人の頃からファンだった作家様の1人です。本屋さんで発見した時は狂喜乱舞しながら即レジにダッシュしましたよ~!!(笑
読み終えた感想は期待に違わずやっぱり素敵でした^^
綺麗な絵柄は勿論のこと、特にセツコさんの描かれるキャラはホント表情で魅せるというか色っぽくて(そしてエロい)大好きです!!それを商業誌で読む事が出来て幸せでした~。


内容は表題作を含む6編が収録された短編集です。年下攻やオヤジ受、ツンデレにライバルなどバラエティに富んだ一冊でございました。
レビューは皆さんがして下さってるのでここでは特にお気に入りの作品を2つほど…。

□われなべ、とじぶた□
初対面でいきなり真純(受)に「顔射したくなる顔」と言い放った悠人(攻)。その後、2人は本当にそうゆう関係になる訳ですが…
読み終えてみればただのバカップルの話なんじゃん?みたいな感じでした^^
まさしくタイトル通り(笑
何も考えてなさそうな無神経な攻めはあまり好みではなかった筈なのに何故か悠人は憎めかったです^^最初から真純が好きだとバレバレだったからかなぁ~?でもこうゆうアホで単純な子は嫌いじゃないで続きす、分かり易くて。
今後の展開としては悠人の要求が益々エスカレートしそうな感じではありますが、まぁ本人達が幸せならそれはそれでいいかと(笑


□貸し借りゼロ□
同期の新人医師同士のお話。
今回はこれが1番好きでした。話的にはありがちですが、ストーリー設定に萌えたというか。医者で同期でライバルで、そんで受けがツンツンの意地っ張り!!キャー、キターッ!o≧∇≦v
攻の事を勝手にライバル視しときながら、当の本人に「ライバルじゃない」と否定されてズキンとしちゃうガラスのハートがもう辛抱堪らんかったです!!なら最初から反抗的な態度取らなきゃいいのに~みたいな(笑)でもその直後に取った攻めの行動で全てが報われました。王道はやっぱこうでなくちゃね^^
ベタな展開、大いに大歓迎です(ウフッ


セツコさんは来月新刊が発売されるようなので今から凄い楽しみです!!もっと色んな雑誌で活躍されたらいいのになぁ^^;

3

可愛い

大谷さんの、ちょっとした表情の変化がすごく上手い。
柔らかい雰囲気で、微笑んだり、驚いたり。照れたり。
薄いかなとおもう絵柄ではあるんですが、表情が印象にのこるというのかな。

仕事とプライベートで髪型が違うのもマル(ノ∀`)
若く見える。
どっちかって言うと仕事してるときの前髪アップにしてるほうが好きだけどもね。

し・か・も。
Hの時は慣れてらっしゃるというかww
「指で慣らして」「入れて」とかww
いや、入れてとか言われたら入れるしかないでしょ(*´Д`)ハァハァ
もちろんww頂きますww
怒った表情も非情にイイゾ☆。


他作品も凄く良いです。
短編なんですが、しっとりとまとまったといいますか。
先生受と義父に~のくだりの二つは特に好き。
羊~の話の羊も可愛かったですが。
最後のあの表情はたまらなく良い。

今後期待の作家さんです。

4

年上美人受け

表題作は書き下ろしだったんですね~
『トロンプルイユの指先』年下×年上。
三田は彼女と別れて彼女が選んだものを全て捨ててしまい、紳士服専門店にやってきた。そこで出会ったのが大谷。三田は大谷の綺麗な手に惚れ、会うにつれて大谷自身が気になっていきます。
この大谷さんが美人でしたwいつもはスーツ着てビシッとしてる感じですが、私服はちょっとラフで、でもどこか色気がってw
エチの時手で口抑えたりするのは可愛かったですね~
まさか大谷さんが自分から「入れて…」なんて言うと思いませんでした(゚;∀;゚)

表題作以外では『木ノ下闇』が好きです。
弟×兄の義兄弟ものなんですが、2人は仲が悪く。そんなある日、自分の父と義兄が抱き合ってるのを目撃してしまいます。
そしてそのことを義兄に言い義兄を押し倒します。
義兄が顎つかまれて「あんたほんと俺のこと好きなんだな」って言われてるシーンがなんか主従みたいで萌えましたw

加東セツコ先生は作画が綺麗ですね~今後に期待です。
あと話と話の間のページにイスを使ってそれぞれのカプが絡んでるカットがあるんですが、それが好きです*加東先生ってイ続きスを使った構図が上手いですよね~

3

美しい

絵もきれいで、ストーリもしっかりしてて
ハッピーエンドなんだけどもなんだか切ない。
艶っぽいものの性的な描写は少ないので、
そういった意味では少し物足りなさも感じましたが
読み終えた後なんだか胸がギュッと締め付けられる、素敵な作品でした。

2

艶やかな1冊でした

1冊まとめての感想はとにかく艶っぽい!
線や描写が凄く繊細で、お話も少しアダルティな感じの物が多かったので入り込みやすくすらすら読めました。
表題作の「トロンプルイユ~」は攻の無神経さに思わず「もー!」となってしまったりしますが、年下ヘタレ攻めの醍醐味ではないでしょうか(笑)
個人的には「弦 満ちどき」がお気に入りです。生徒×先生な内容なのですが、先生の方が此処まで男らしく描かれている作品は初めてだったので新鮮でした。
表情の微妙な変化が物凄くよく描かれているので、ベッドシーンは勿論ですが、キスシーンの色っぽさは必見です!
どちらかと言うとエロよりストーリーの方が主なので、エロが読みたいという方にはオススメは出来ないかも(・ω・)

3

トロンプルイユの指先

初コミックスみたいです。
短編集で、表題作の「トロンプルイユの指先」は47p書き下ろし漫画!
絵は線も綺麗だし読みやすいなー☆
これからが楽しみです!
一番好きなのは「われなべ、とじぶた」かな?
攻めのことを変態、変態って言ってるけど、結局はたからみたらそれに付き合ってるあなた(受け)も変態なんだよっていう(>ω<)
気になったのは、目次にもあとがきにも「とじぶた」って書いてあるのに、漫画中のタイトルがどうしても「どじぶた」に見えるwww
こんな誤植ありえんのかなwww

2

繊細な画

 書き下ろし作品がタイトルになっています。繊細な画がストーリーにすごく合ってる。
「目の覚めるような」「弦満ちどき」「われなべ、とじぶた」「木ノ下闇」「貸し借りゼロ」「トロンプルイユの指先」と、6作品が収録されていましたが、ワタクシは「木ノ下闇」と表題作がよかったかな。
「木ノ下闇」は普段なかなか手を出さない近親モノ?ですが、短編集に入っていると抵抗なく読めますね。
表題作は王道のスーツもの。他にもメガネ、白衣と大好きなものが揃っていますが、やはりスーツ。大谷さんの色っぽい目にヤラレました。

1

タイトルどおり指先が美しい

絵がきれい。指先と襟元にとても気を遣っている人です。ネクタイの描き方も微妙に線を変えていて、かなり作者が魂込めているかわかります。
表題作のトロン・プルイユとはわざと奥行きのあるように見えるだまし絵のようなものですが、タイトルどおり指先の表情をとても気遣っています。指先の表現が豊かさにかなり時間を割いて描いていらっしゃる方だと思いました。
そしてストーリーの最後の一コマにこの方のポリシーを感じます。
BLのラスト一コマをギャグ絵にしたりするおちゃらけの傾向がありますが、作者は、次の展開を想像させてくれる力強い一コマでフィニッシュします。
このフィニッシュがいいんです! なんというか気分が高揚して、よぉし、これからやってやるぞ!って気分になって。うまいなぁ。本当にうまい!
そして流し目がいい。セクシー!こんな目で見られて平常心でいられるのは至難の技。
東京漫画社さんの作品は、先進的なものが多いと思うけど、この作品は先進的であって、かつ洗練されている。これから作者がどんな作品を生み出してくれるのか、本当に楽しみです。
ちなみに、Hのときはしっかりコンドーム着用しているらしい描続き写があって細かい。セーフティHは大切です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ