神様、お願い!! CJ Michalski 短編集 1

神様、お願い!! CJ Michalski 短編集 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥933(税抜)  ¥1,008(税込)
ISBN
9784862633842

あらすじ

ずっと退屈な入院生活を送っている武田和紀のもとに、突然あらわれた黒髪の青年・クロウ…。恰好良いクロウに見惚れながらも、病弱な和紀が口にした本音は「…恋愛を…してみたい」。そのあまりの可愛さにノックアウトされたクロウは「禁」を犯してしまい!? クロウの本当の正体とは…。
大人気『神様シリーズ』が収録された単行本「宅配キューピッド」、可愛くて、ちょっぴりHな初期作品を集めた「王子様のKiss」ほか、商業誌未発表作品&描き下ろしも収録されたファン必見の読み切り傑作集、遂に登場
出版社より

表題作神様、お願い!! CJ Michalski 短編集 1

死神
病気で入院中

その他の収録作品

  • 宅配キューピッド
  • ラブビーム
  • まるでシンデレラ!?みたいに
  • いつまでもキミと
  • 愛・絶叫(アイスクリーム)
  • 大きな夜空の下で
  • その後の宅配キューピッド
  • 猫耳少年
  • 王子様のKiss
  • TENDERLOVR!? 優しい!?恋人
  • 変人になりたい
  • ナイショのお勉強
  • 約束
  • SWEET HOME SWEET
  • その後のいつまでもキミと
  • 好きになっちゃいけない人
  • その後の好きになっちゃいけない人
  • 門地かおり寄稿イラスト

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ギュッと詰まった短編集

CJ Michalskiさんらしさが詰まった短編集です。神様や天使が登場したり、もちろんショタもたっぷりで、バラエティ豊かで面白いです。たくさん収録されていて、全部の感想は書けないので、好きなのをいくつか書きます。

『約束』
施設で育った健一と明夫。大の仲良しで、幼いながらも本気で付き合っていて。将来は、一緒な家に住んで、幸せになろうと約束していました。
そんな中、二人で遊んでいる時に、明夫が崖から落ちてしまいます。その後に、どれだけ明夫を探しても、見つからなくて…。
15年後、健一だけが大人になります。明夫を忘れられない健一は、あの時の崖に行くと、空からあの日のままの明夫が降ってきて、不思議な再会をするのです。
とにかく、明夫が、思いっきりショタで可愛くて萌えます。約束を叶えて、一緒に暮らして、幸せそうなのが良かったです。

『好きになっちゃいけない人』
題名のままなお話です。姉が連れてきた恋人は、一度だけ抱かれた人で。
弟君の切ない恋心がキュンキュンします。

1冊が500ページほどのボリュームがあるので、読み応えたっぷりで楽しめます。

2

クロウさんがカッコイイ

CJ Michalskiさんらしく、ギャグ&ショタの雰囲気がプンプンしてるんですが、私がこの本を手放せないのは、「宅配キューピット」の天使ちゃんのかわいさと、「いつまでもキミと」のクロウさんのかっこよさのせいですかね。
掟を破ってまで守りたいというクロウの気持ちにグッときました。
神様のキャラもおいしいです。^-^

「好きになっちゃいけない人」シリーズも収録されてて、こちらはせつない&シリアストーンです。
こちらも大好きですが、単行本でも出ています。

0

短編集です

これまでの集大成と言う感じですかね。
短編集です(ノ′∀`*)
書き下ろしの表紙が可愛すぎてタマランww

分類ワケは、表紙の二人です。
この作品大好き。

病院入院中の受。
余命がもう残り少ないんです。
そこにやってきたのは、その魂を迎えに来た死神。
ひょんなことから二人の会話が始まります。
受は言います。
「外に出られたら、恋がしてみたい・・・」

その純粋でピュアな気持ちに死神は惹かれていき・・・

と言う話。
なんにしても、死神・クロウさんがね。
こぉ、カッコよくてね!!!コラ


古い作品も多く含まれているので、絵柄はマチマチです。
最初のころの作品が多いせいか、ショタ山盛り。
ショタ苦手な人はご注意あれw

書き下ろしも含めて、ボリュームたっぷり。
コミックスは別に全てコンプリートしているんですが、買って損なしの一冊だったとおもいますヽ(感'∀'激)ノ

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ