陰陽師の花嫁

陰陽師の花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784775511923

あらすじ

大学生の淳平は、幼い頃両親が狐と交わした契約のため、19歳になったら妖狐(オス)の花嫁にされてしまう。なんとかしなくては、とやってきたのが、美しい陰陽師・晴龍のいる神社。ところが晴龍まで「君の私の花嫁だ」と言い出し、淳平を裸にして指を這わせてきた! これってただのセックスでは!? でもあまりの快感に淳平は我を忘れて… 妖狐と陰陽師に奪い合われ、 淳平は無事19歳を迎えられるのか!?
出版社より

表題作陰陽師の花嫁

陰陽師・晴龍
大学生・淳平

評価・レビューする

レビュー投稿数1

無事に19歳の誕生日がむかえられるか?

大学生の淳平は幼い頃に両親が狐とかわした契約で、19歳になったら、狐と結婚すると、
両親は、いろいろと手をつくすが、なかなか解決できない。最後の砦が、美しい陰陽師の晴龍だった。
言葉不足の両親は、淳平に謝る。
とりあえず、自分のこるからがわからないまま、晴龍のところへやってきた。

呪いをとくのに大切なのは、愛と晴龍にいわれるが、なかなか、晴龍への愛を素直に表現できないでいた。
親友の里空や、彼が紹介した怪しい人・・・事態が悪い方向へ、
晴龍が助けだした時に、淳平は!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ