社内恋愛

shanai renai

社内恋愛
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
12
評価数
4件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784775511817

あらすじ

地味なメガネ君の朝比奈は、男として心酔しきっている社長の元で幸せに働く社会人2年生。ある夜、上司からマスクで素性を隠して楽しむ秘密のセレブパーティーに、仕事の一環として誘われる。朝比奈はメガネを外され髪をいじられ、コケティッシュに大変身! パーティーでは本人無自覚ながらモテにモテまくり、ついには社長似の客に初キスまで奪われてしまう…!! ショックから立ち直れないまま出社すると、なぜか社長からの熱視線、そしてまさかのドセクハラが待っていて!!?
出版社より

表題作社内恋愛

イベント会社社長 錦織暁彦
社長秘書 朝比奈千尋

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

眼鏡を外すとアラ不思議!

実は美人だったっていうパターンですね。

個人的に、日向さん作品は文体がどうにも苦手なんです。
でも面白いとは思うのでいつか読みたい・読むから!と長いこと積んでた作品がたくさんあったんですが、思い切って『極』シリーズ第二弾(?クロスノベルズの方)を読み始めたのをきっかけに未読本消化に励みました。

え~、私はもともと所謂『お仕事・リーマンもの』が好みじゃないんですよ。
それに加えて『セクハラ(特に職場での上司から部下へ)』もものすごく苦手なんです。

なので、こちらはあらすじの時点で『これはダメだろう』と(積み本の中でも)なかなか読めませんでした。←あのあらすじでは『お仕事もの』かどうかはともかく、職場でのセクハラの日々が延々と(少なくともしばらくの間は)続くんだと思ってしまったんですよね。

ところが、読んでみたら『え・・・セクハラってコレ?』ほんの一瞬か!イヤ『セクハラ』には違いないし決していいとは思わないけど、あらすじの印象とはかけ離れてたんですよ・・・


錦織(攻)が、強引な俺様ではあっても『自信過剰の勘違い男』ではなかったので、イヤなヤツだとは感続きじませんでした。
正直、本来の好みじゃないんですが、魅力的なキャラクターだったと思います。
朝比奈(受)も、自分のこと(容姿や魅力も)はわかってなくても、ただ卑屈で自虐的ってキャラクターじゃない。まあ、私は『ネガティブ・自虐的』が即ダメなわけでもないんだけど。


『眼鏡を外すと美人の部下が憧れの社長に見初められ~』的な単なる『シンデレラストーリー』ではありません。

ラブになってからも『公私のバランス』の取り方や仕事そのものに関する2人の感覚・考え方の差から生まれるほんの僅かな行き違いや思い込みが、どんどん亀裂を広げて行くんです。

普段なら『話を聞け!(あるいはちゃんと話し合え!)』とイラ立つんだけど、この場合はただ言葉だけの問題じゃない気がして・・・
イヤ、話し合いは大事だけどね。

朝比奈も、どうにもならない・理解し合えない2人の根本的な『違い』が、秘書室長であり錦織の友人で会社の創立メンバーでもある桜庭に言われてようやくわかるんです。
それはやっぱり2人だけでいくら話しても無理だったんじゃないかな。


う~ん、正直ラブ以外の仕事関係が多過ぎて疲れはしましたが、それでも面白かったんですよ。

しかし、桜庭・・・ただの脇キャラクターには惜しいくらいの個性と存在感です。キョーレツ過ぎ。←シリーズ次作『オフィスラヴ-真昼の情事-』でメイン張ってます。やっぱりね・・・

0

メガネを取ったら超美人

女性の社員応募に勘違いで応募してそれでも合格。
そして生真面目な受け様は副社長の秘書として
憧れの会社で仕事が出来ることが嬉しくて。
そんなある日先輩秘書に会社主催のセレブパーティーに
参加させられて・・・
それは会社のスポンサー集めを目的とした裏パーティー。
かなりあぶないのですが何も知らない受け様は
新しい仕事だと、でも先輩にメガネを取られ服も
パーティー使用にされて・・・
本人無自覚なのにかなりの美人さんに変身です。
初めてのパーティーは慣れる事を目的に、客扱い。
そこで色々な男性に声を掛けられモテモテな受け様。
でも受け様は皆親切な人だと天然で受け答え。
お客は全て仮面を付けているので誰かは分からない。
そんなパーティーで尊敬する社長の悪口を聞き憤慨。
それを聞いた社長は受け様が誰なのか分からないまま
口説きますが、受け様初心過ぎて天然でかわします。
遊びなれた人と誤解され社長に似た男にキスを・・・
そして会社で受け様が誰なのか知った攻め様は
本気で口説き始めますが受け様に男同士だからと
断られるのですが、攻め様は取りあえず1時間だけ
続き自分に時間をくれと、そしてもう少し一緒にいても
良いとおもったら3時間、次は6時間と・・・・
社内恋愛は無理やりのパターンがないので
傲慢系が苦手な人でも読める内容かと思います。
でも、やはり関連作の3冊読みをおすすめします。
日向先生の作品は色々既刊と繋がりがあって
読んでると、おっ!って思える箇所が出てくるので
本編とは別の面白さもありますね。

0

王道まっしぐら

王道まっしぐらって感じのお話でした。
セレブで俺様な攻め。そんな彼に強引に口説かれ、えっちされ、あれよあれよという間にモノにされるおとなしい受け。
私のあまり好きではないパターンの王道だったので冒頭から中盤にかけてはあまり面白くなかったんですが、後半になってからぐんぐん面白くなってきました。

受けが、自分の男としてのプライドや、仕事人としてのプライドを持って、攻めに立ち向かって(?)いく様子が良かったなァ。

でも脇カップルのほうが好きでした。
女王様受けの桜庭がカッコイイ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ