愛の標的

ai no hyouteki

愛の標的
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌14
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
51
評価数
20件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
宙出版
シリーズ
メロメロコミックス(コミック・宙出版)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784776794691

あらすじ

父親の転勤のため、転校することになった咲良。
そこで待っていたのは生徒会長という名の、どS『悪魔』だった!
会った瞬間、愛の標的としてロックオンされてしまった咲良は、そっこう体を奪われ、あられもない写真を撮られてしまう。
その上、悪魔・雅臣は父の会社の社長令息・・・もはや逃げ場なし!!!
咲良の生活は、悩ましいピンク色の地獄と化していく・・・。
出版社より

表題作愛の標的

成瀬川雅臣,生徒会長,傲慢な天然ボケ。
島野咲良,転校生,両親の欲の生贄。

同時収録作品ダメな男でごめんなさい/俺と貴方。

蒼井,新入社員
佐久間尚純,会社員

同時収録作品想い届けば/俺とお前。

栄,高校3年生
久弥,大学生

同時収録作品ちょっと待ってよ

松岡奏介,雑貨屋に買い物に来た客
暁,学生,雑貨屋でバイト

同時収録作品なんと言う2人/俺とお前とアイツとソイツ。

啓次,学生
藍,学生

その他の収録作品

  • 愛の言葉
  • 俺とあの人。
  • 俺とこの人。
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

攻め様に色々な要素が

西原さんの初コミックスだそうです。
私が西原さんの作品を読むのはこれが2冊目で、1冊目の時もなかなか見ない攻め様を描かれる作家さんだと思ったのですが、この作品にもそれが感じられました。
表紙のなんだか俺様でしたたかそうな攻め様の絵に惹かれたんですが、それだけではなかったです。というか、予想していたキャラではなかったです。
俺様で鬼畜というのは表紙から想像できたのですが、ワンコで健気、意外に一途、執着や独占欲も著しく強いという、かなり色々な要素を持ち合わせている攻め様でした。
この両極端な面がギャップ萌を誘発して、普通に考えたらかなり嫌われキャラになると思われる攻め様が可愛く見えるんです(笑)。

同時収録の作品も攻め様のキャラが曲者というか一捻りあるキャラで、受け様より魅力的な作品が多かったです。
途中で1ページの短い漫画が収録されているんですが、コミカルで思わず笑いが漏れました。
評価は萌にしてますが、かなり萌x2寄りの萌評価です。

1

>▽<

この話のメインの成瀬川雅臣は強引で傲慢で親の立場をかさにかかってて…
という最悪級にいやぁな奴のはずなのですが、なぜか憎めない。

一つ目の理由は話の途中で何度も出てくる >▽< な無邪気な笑顔が可愛い事。
二つ目の理由は二人の出会いは高校時代ではないのにそれを島野が忘れちゃってる事。
最後の理由は島野咲良の両親が父親の出世を狙って息子を人身御供に出す、という状況でありながら、むしろえらいこっちゃ仲良しな事。

なんだろーなー単に愛想を社長の息子にふりまいてるって感じでもないんだよなー。
島野には鬼畜な成瀬川、島野の両親には丁寧で礼儀正しいんですよね。
だから「成瀬川の幼いころの初恋に協力してあげてる」ようなほんわかさを感じちゃう。

三方からの包囲網&作戦に結局島野は屈しちゃうわけだけど、
十二分にデカく無愛想で体格もある島野をかわいいと言っちゃう稀有な成瀬川ですから、
単に高飛車なだけじゃなくちゃんと愛してもくれそうな気がするので悪くないと思う次第です。

0

逆だったらもっと萌たのにっ

西原さんの作品ということで、購入をしました。
この絵のタッチが、何とも好きなんですよね。

父親の転勤のため、高校を転校した咲良なのですが、
なんと、父親の上司の息子が同じ高校に。。。
しかも、父親の処遇のためにも、
その息子・生徒会長の成瀬川のいいなりにならねばならなくなりました。
そして、その成瀬川は、襲ってくる・・・。
ただ、鬼畜、どSと言われると・・・。う~ん。
それは違うような気がしますね~。

でも、このホヤホヤした温かい感じが好きです。

個人的には、成瀬川が、誘い受な感んじだと、
もっと嬉しかったです(笑)

0

かわいらしぃ

えらい、かわいらしぃ鬼畜さんたちの話って感じです~。
鬼畜な話そんな好きやないけど、このくらいソフトな鬼畜なら
許せるっちゅ~か、普通に好きです~

4エピソードあって、攻めがみんな似たような、
好きすぎて暴走気味の鬼畜さんで
もっと、他の感じも読みたいわ~って、ちょっと思ってまいました

絵~とか、話の内容とか、読みやいコミックスやと思います~
受けの子が極端に、女っぽいとかがないから、いいですね~♪
キャラクターがおでこ広くってかわいいです

0

振り回され系

小分けになっているけど、大きくは4つのストーリー。

表題作含め、基本振り回され系。
でも、振り回されている側が本気でイヤがってるわけではないので
読んでいて思い雰囲気や嫌な気分にはならないかな^^

どのお話にも共通なのが、
好きな人を一途に思うかわいい攻め達。
その一途な子達に振り回される受けw

1冊の中に4つのお話が入っているので、心情が
ガッツリ書かれるほどでもなく、
えっち度もそんなに高くはないのでさらりと読め、
黒い(笑)部分も無いので、読後感爽やかですw
 

0

そんな頃からもうターゲットにされていたのね・・

 前、本屋さんで立ち読みして、どうしてもまた読みたくなったのでお取り寄せ、先ほど届き、読破しました。
 やっぱり表題の大きい子受け楽しかったです☆
 生徒会長の雅臣(攻)は強引で鬼畜なんだけど、普段はぽんやりしていてそのギャップがおもしろい。咲良(受)は親の転勤に伴った転向早々、雅臣に呼び出され、あれよあれよとヤられてしまうのですが、父の勤める会社の社長令息ということで、理不尽な扱いにも逆らえない。身長が180cmあって、顔もいかつい感じなのに受けなんです!そこがいいんです!
 雅臣が咲良に執着するわけも終盤で明かされるわけですが、ふーん、そんなかわいい出会いがあったんだねと、ふむふむ納得。
 Hのときは鬼畜な一面を見せる雅臣ですが、ごっつハードってわけでもないので楽しく読めると思いますww

「ちょっと待てよ」:手先の器用な高校生がバイトする店で、初めて自分の作品を並べたときに、それを買ってくれたお客様との運命の出会い!?
細かい作業をするのが得意な男の子っていいな~と最近思います。雑貨店でバイトする今時の男の子ってさ、なんかかわいい。この二人の関係は受けの子の気持ちが続き好きの一歩手前って感じなので、完全にラブしてないところがこれから②というところ。

短編ですが、全体的に読みやすく、表題作とかに関しては脇役の台詞も面白かったりするので、読んでも損はない作品だと思いますよww

1

まさに標的・・・

作者さんの初コミックスらしいです!!結構きれいな絵で私は好きでした♪

・生徒会長でありながらドSで鬼畜な雅臣と咲良の話。雅臣は咲良父の会社の
社長令息なので彼には逆らえず、気に入られてしまった咲良は嫌々ながらも
抱かれることに。
雅臣はものすごく小悪魔って感じなんですが、咲良にぞっこんなので
憎めない感じですね(●^o^●)メインの話です。
・社内恋愛もの。先輩社員佐久間を好きになった蒼井は気に入られようとがんばっていたが、佐久間に男の恋人がいると勘違いした蒼井は・・・。
嫉妬でHしちゃいます♪♪
・久弥は栄の父親に家庭教師として雇われる。実は久弥は栄の父をひそかに
好きなのだが、それを栄に知られてしまい、さらに久弥が見せる父親への態度を見て嫉妬する栄は・・・。
・雑貨屋で働く暁に一目ぼれした松岡は商品を買って暁にアピール。
それは暁の作ったアクセサリーで、売れたことに喜ぶが・・・。

エッチ:★★☆☆☆  エッチは少なめですが嫉妬してH、とか無理やりが多くかなり萌えポイントはありました!!表情も細かくてきれいでまだBL初心者ですって人にもおすすめですよ。続き


0

制服(^O^)/

鬼畜系が好きな方にはいいのではと。

絵のバランスがわたし自身好みじゃなかったです;
長身黒髪受けは可愛いんですがね。

さらーっと読めてしまって、別にこれといったインパクトがなかったですが
結構、王道!っていう感じだったかな?

BL初心者の方にはオススメです!

1

愛の標的

メロメロコミックスってたまにデザインが壊滅的にひどいよね…
表紙と裏表紙がさ…たぶんデザイン会社に委託してないんだよな題字んとことか…
脱線した!!
初コミックスだそうです。
絵は…ラブポの一宮さん系かな?
短編集です。それぞれの初出が書かれてないからわかんないんだけど、終始安定してたーと思う☆
強引(で若干電波ぎみww)な攻めが多くて良かったです!!

0

本当に惜しいあと一味

全体的に鬼畜の色合いが強い一冊の筈なのです。
表題作のトーンも鬼畜色が強い…筈です。

全体を通して、話を引き締める一味が足りないなと
言う印象の為どこかぼやけてしまうのですね。
構成要素がきちんと揃っているだけにその点がとても
残念です。

『BLだから』ツメを甘くした訳ではないのでしょうけど。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ