封印された手紙―金曜紳士倶楽部 2

封印された手紙―金曜紳士倶楽部 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥550(税抜)  ¥594(税込)
ISBN
9784062557740

あらすじ

依頼人は美少年の幽霊!?
幽霊がでるという屋敷を訪れた金曜紳士倶楽部のメンバー。そこで千歳は不思議な体験をして……!?

「霊の彷徨う屋敷があるらしいんだけど、興味ない?」東郷鷹也、篠宮千歳、大日方稀一、勧修寺凛、金森拓海、佐久間京介。名門、財閥、梨園、暴力団、陰の大物といった家の御曹司で構成された『金曜紳士倶楽部』の新たな事件は、拓海のそんな一言から始まった。奥日光のある屋敷では、美少年の幽霊が出るのだという。退屈していたメンバーたちは早速その屋敷に出かけることにしたのだが!?
出版社より

表題作封印された手紙―金曜紳士倶楽部 2

東郷鷹也(御曹司・議員)25歳
篠宮千歳(鷹也の秘書)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

相変わらずの有閑○楽部っぷり

金曜紳士倶楽部二巻です。
有閑倶楽部度がかなりアップしました(笑
メンバーが購入した奥日光の幽霊屋敷の謎を解け!的な。

『無憂館』と名付けられたメンバー所有の屋敷に集うのは、最初からカップルになっている若手議員の鷹也×鷹也の秘書千歳。
そして大企業御曹司の稀一、日本舞踊宗家御曹司の凛、暴力団組長の息子で金融業の京介、両親の莫大な遺産を相続する拓海。

拓海が手に入れた幽霊屋敷では千歳が美少年幽霊に憑かれてしまい、今回も不運を背負い込む担当となっています。
千歳はメンバーただ一人の一般人なので彼らの言動や行動、そして強引に関係を続けてくる鷹也に常に頭を痛めつつ共に行動していますので(苦笑
そんな幽霊事件の解決の為、タイトルにもなっている手紙を探すという内容。
そして一巻と同じく色恋担当の鷹也と千歳。
鷹也ははっきりとは千歳へと思いを伝えておらず、いわば千歳は体の関係はあるものの宙ぶらりん状態。
その辺りが少しだけ前進ですかね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ