てのひらに、はなのさく

tenohira ni hana no saku

てのひらに、はなのさく
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
14
評価数
6件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784403662041

あらすじ

ある日、雪晴が二号(=わんこ)の散歩中に田圃にはまっていると、引っ越してきたばかりだという勇進に助けられる。なぜだか彼は雪晴を気に入ったらしく、毎日一緒に散歩をすることになるが……。ショーゲキの出会いがもたらしたものは!? 南野ましろプレゼンツ*ブルーミング・ラブ!! 「明聖テクニカル猫パンチ」も収録。
出版社より

表題作てのひらに、はなのさく

竜崎勇進(高校生)
丸木雪晴(高校生)

同時収録作品明聖テクニカル猫パンチ

夏目京吾
時枝秋一

評価・レビューする

レビュー投稿数6

あのモモノーさんの学生時代。

表題作は良くも悪くも南野さんらしい柔らかいBLでした。
・・・1行で終わらせる気か?はい、そういう感じです。

個人的にはメロディ・ハレルヤから始まるシリーズ?作のミッシングリンクを
完全に埋めた怪作、「明聖テクニカル猫パンチ」の存在によっしゃ!感覚を感じます。
個人的にはメロディ・ハレルヤから100カラットバンビーノまでとプリンセスシールド以降、そしてはちみつ光線大作戦の3つのブロックにつながりを意識させつつ段差を感じていたんですが、ここでつながるんですねー。

メロディ・ハレルヤの主人公の兄が生徒会長をしている学年の生徒の一人が、キャラメルハードボイルドの主人公、桃生なわけです。
そしてシリーズを通して読んでるからこそ、そこかしこの細かいネタに「おいおい」と突っ込みながら、メインカップルのアホっぷりを見ていられるわけです。
しつように「ちんこ」にこだわる所とか、俺部の異常さとか。

単品で読んでもなんのこっちゃ分からん電波本になるので、
南野さんが好きで全部買う気にならないとちょっとお勧めできないですが
個人的には面白い本でした。

0

ゆっさゆっさ祭り

「てのひらに、はなのさく」
登場人物すべてが 不思議ちゃんだらけ。
純朴で心優しい攻め(勇進)とかわいい顔して男前の受け(雪晴)。
 初めての恋
 初めてのチュウ
 初めてのH
全部が 初めて物語です。
これから甘酸っぱい恋愛の始まりさ!
受けの飼い犬(二号)の可愛さに満喫できます。
かわいい話が読みたい時にお勧めです。
絶対 好き嫌いは完全に分かれる作品です。
あっさりとした独特なタッチの絵が強烈な雰囲気をかもし出しています。
もう1つ描かれている作品で変な世界感が味わえます。謎が一杯

1

目指せ、明るく下品!?

「てのひらに、はなのさく」
田舎に引っ越してきた竜崎勇進×そのご近所さん丸木雪晴

竜崎は田んぼの中にはまっている雪晴と出会う。
同い年の2人は友達のように付き合うが、ある日、竜崎に恋してるらしい女の子の存在に気付いた雪晴の胸は痛くなって…。

竜崎は最初に一目惚れして「俺と付き合え」って言ったのに、それが雪晴にはちゃんと伝わってなくて。
ストレートに言い直したことでようやく雪晴にもわかるんだけども、そこから先は想像してみましょうの世界で。
想像はしてみたものの最後の最後はどうなるのかわからないので試してみましょうになる雪晴ってちょっとスゴイと思ってみたり。
ま、それまでに気持ちが竜崎に向いてるから試してみてもいいと思えるところまでいってるんでしょうけども。

ええと。
ましろさんにしてはエッチがしっかり描いてあった気がします。


「明聖テクニカル猫パンチ」
夏目京吾×時枝秋一
「はちみつ光線大作戦」に登場の絢人のお友達・仙住のクラスメイト時枝のお話。
高鳥コーポレーションの桃生もクラスメイトです。

夏目と時枝は寮のルームメイト。
いつも時続き枝につき従うようにいる夏目。
部屋ではもう1年にもわたって時枝に手を出してたり。
けれど、時枝は自分にするばっかりで夏目が一度も触らせてくれないことに気付いて…。

ましろさん曰く「明るく下品v」を目指したそうで。
作中、幾度となく「ち○こ」(本来は伏字なし)が連呼されております。
1年に渡って弄られ続けながら、結局、自分が好きなのは「夏目のち○こ」なのか「夏目の本体」なのかを考えるお話。


私はましろさんの世界感とか作品が好きでずっと読み続けているので特に違和感なくお話に入っていくことができたのですが。
なるほど。
他の方のレビューを見せて戴いて確かに、独特の不思議空間すぎて伝わりづらい部分はあるのかなと思いました。

1

慕情練成過程

先のお二方が評価に戸惑われるのもごもっとも。
しかし評者はあえて言います。

「ボーイズラブの恋愛って、本当は異端なんですよ」と。

男女のラブコメなら好意を示されてそれなりの反応を
示すという過程は普通でしょう。
でも、男の子が男の子に一目惚れをしてそれなりの
モーションを掛けた場合、惚れられた方の男の子は
「そっかー」といきなり素直にその感情を受け入れ
られるでしょうか?
惚れられる方だって戸惑うに決まってるんです。
只その感情表現において烈しいか静かかの差異は
ありますが。
そう言う戸惑いと納得を経て纏まってゆく過程の物語と
考えるとそれなりの萌え所を見つけ易くなるのでは
ないでしょうか。

貴方は、友人を翌日からいきなり恋人だと認識
できますか?何の葛藤も無しに。

のほほんとした愛らしさの内面でそれなりの葛藤が
生まれ、それを自分達の言葉で昇華しているから
この人達は楽しく恋愛できているのかな、と。

1

すごく独特な感覚

すごく変わったBLでした。キャラの心情が伝わりにくく、何考えてるのか分かりません。絵柄やストーリー、キャラの仕草などで全体的に可愛らしい印象なんですけど、その理由で、いまいちスッキリしません…。

同時収録されているもう一つのお話は、さらに電波さに磨きをかけてしまった感じです。正直、受け付けませんでした。本当に独特な世界観をお持ちなようです。
この漫画の場合の電波とか不思議ちゃんは、宇宙人と表現したほうが近いかも。ほのぼの電波。でも、「股キュン」とか「ユッサユサ祭り」とか表現が面白い一面もありました。風変りなBLを求めてる方にはいいのかもしれません。

2

静かな異空間

僕が今まで読んできたBLコミックの中で一番変わった物語。
異空間に連れ去られたような不思議な感覚を味わったのはこれが初めてだと思います。
おそらく、普通なら、攻めも受けもそれなりに互いに好意を表すものだと思うのですが、受けである丸木の心がいったいどこにあるのかよく分かりません。
果たして、丸木は竜崎のことを好んでいるのか否かがはっきりしないのです。
かといって、表向き嫌いという態度をとるようなツンデレでもない。
そういう喜怒哀楽や好き嫌いという気持ちや表情が読みにくいので、読者としては「何だこれは!?」という気分になると思います。

特に、このコミックに収録されている「明聖テクニカル猫パンチ」は、なおいっそうよく理解できません。
「てのひらに、はなのさく」と同じく、キャラクターの心情がつかみにくくされていて、またその物語の設定も常識を超越した理解しづらいものになっていると思います。
本当に…何がなんだか…。

「てのひらに、はなのさく」に戻ると、話は静かに展開していきます。
そして静かに絡みのシーンへとつながっていきます。
絡みは少なくもなく多くもなく、普通に続きあると思います。

ちょっと変わったBLコミックを探している人向けかもしれません。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ