花のある生活

hana no aru seikatsu

花のある生活
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
52
評価数
16件
平均
3.4 / 5
神率
31.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784835212623

あらすじ

「五百川、お前の乳首は眩しすぎるぜ。可愛い声でよがりやがって、このやろう…俺を勃起死させる気か?」「先輩…いつも優しくして貰ってるのに、セクハラなんて思ってごめんなさい…(ぽや~ん)」万年発情カップルの変態チック・ラブコメディ!?

表題作花のある生活

スキー全日本強化選手・倉橋
地味なスキー部員・五百川

同時収録作品褪せる

和夫・弟の友人・小学生(12歳)
雄大・高校生

同時収録作品密室

和夫・弟の同級生・中学生
雄大・大学生

同時収録作品ねじ

スポーツトレーナー(名前なし)
高校球児(甲子園のアイドル)・鮎川

その他の収録作品

  • 花のある生活 高校生編
  • 姉への手紙
  • 花のある生活 大学生編
  • ファンタジア

評価・レビューする

レビュー投稿数11

門地さんらしい一冊

表題作のシリーズ(倉橋×五百川)が4話+ヤンデレな年下攻のお話(和夫×雄大)が2話+また別のヤンデレ系のお話が1話収録されています。表題作は門地さんらしいエロくて明るい、ごちゃっとしたコメディーですが、その一方で他のお話も門地さんらしい病み具合だなと思いました笑 絵がキュートなのでまだ読めますが、ヤンデレが苦手なので評価は「中立」です。

こんな12歳、ヤダなぁ…。雄大の弟・勤がまともな高校生活を送っていることを願ってやみません。

0

名前は好き

五百川が印象的で懐かしかった
当時のBLはこういった絵柄多く誰が誰の作品か
判別が私はできていなかった記憶があります

少年体系体ラインがまっすぐ
そんな感じが多かったかと

たまたまかもしれまんが
この作品はかわいいといえばかわいいし
じれったいといえばじれったい

エロといえばエロい

じゃ、何が良かったのかと聞かれたら答えられなくなる
そんな作品でした

好みじゃないで終わらせたくはないのですが
全くの別世界の話として
読めることにはよめるのですが
読んだあとに記憶になにもないような
気持ちになりました

かわいいのですが・・・

0

エロい、切ない

表題作はコメディ担当の学生スキー選手カップル。俺様攻がお人好し受にめろめろ。コメディだけど、しっかりエロい。ファンタジアはちょっと切ない。

同時収録作はどれも暗いです。お気に入りは「褪せる」「密室」←レイプ×監禁×弱冠ショタ物です。傲慢な年上男が一度だけ見せた情けが悲劇を起こす。受が攻を見捨てないところが好き。

締めはスポーツトレーナー×高校球児の陰湿な復讐物。若く美しい青年の身体にハマる年上男。利用されていると分かった後も痛々しい受を抱きしめてあげる攻に萌え。鮎川(受)を弄んだ男が倉橋(表題作の攻)だったら面白いのになあ・・・。

三作品とも傲慢な年上男の心境に変化が起きる話。性悪な男達が意外な相手にひれ伏す姿にひたすら萌えます。えろくて切ない漫画を読みたい時にどうぞ。

1

門地かおりといったら

私的に、門地かおりと言ったらコレ!
買った当時、もーーあまりにも自分の萌えツボ押し過ぎやで!ってくらい押してくれて、読み過ぎて本がまっ黄色になってる程です苦笑
初めて門地先生の作品を読んだのがコレで、いっそいで当時発売していた既刊を全巻購入したくらい。

いまでこそ珍しく無い不細工受というジャンル、これが発売した当時はまだ普及?しておらず、結構珍しかった筈です。確か。
この本をきっかけにイケメン傲慢俺様×不細工常識人に目覚めたのは言うまでもない。
(実際、不細工というほど受の五百川くんは不細工では無いのですけど)

とにかく攻の倉橋先輩はデリカシーが無い、良心も(五百川以外)無い、性格は悪いわで顔だけが取り柄の最低男なのですが、これが冴えない後輩・五百川君の前ではデロデロになってしまうんだからカワイイったらない。
五百川君も五百川君でとにかくトロい、人を疑わない、素朴、どこまでも素朴。それが倉橋先輩にたぶらかされて焦っている様はカワイイったらない。
気付いたら史上最強に可愛いカップルの出来上がり、というわけです。
もー説明はいいからとにかく読んで!とにかく!って作続き品です。
とにかく読んで!

先生の代表作である「生徒会長に忠告」と主人公らの傾向が被っているので、あれの原点という感じでしょうか。
しかしこちらの方が一話完結で連作になっているのでギャグとラブのテンポが非常に良いです。
この頃の門地先生は良かったなあ...と呟きたくなる作品でございます(汗)この頃のアナログ塗りも好きだったので、いまデジタル塗りが違和感...。
この本を読むと、先生は一話完結か、長くても1巻完結じゃないと読んでて辛いなーと思う。
どんだけ今の先生好きじゃないのよって話なんですけど苦笑


後半の「褪せる」「密室」「ねじ」は、表題作の明るいラブコメとは対照的で非常に暗い。門地先生の本領発揮といったところでしょうか。
先生は表情で語るのが非っっ常〜〜〜に上手い方で、この作品でそれを確認することが出来ます。
狂気の笑いや、絶望、嫌なのに感じてしまう苦悩の表情などなど、とにかく圧巻。通常がキラキラと輝いてるカワイイ系のイラストなだけに余計際立ってて凄いです。
個人的に精神的ブラックな話を描かせたらBL界で右に出るものはいないと思っています。

生徒会長に忠告しか門地先生を知らないという方は是非読んで欲しい。
恐らく印象がガラっと変わると思います。

3

サブとかメインとかありません。全編メインストーリー!!

門地かおり先生の、生徒会長に忠告が、
大好きなので、買ってみました。
あたりでした。メインカップ良い!
最高におもしろかった。

天然で消極的な、後輩と、
腹黒い、アホ?かもしれない先輩の話。

天然の純粋さに振り回される腹黒先輩、
いいキャラ。ふりきってます。現実にいたら、いやw
二人の心情は見もの。セリフもアホなのにどきどきした。

他のお話はダーク。痛いというか
メンタル的にもよろしくない話。
でも、それぞれに何か...胸に突き刺さるものを
感じるお話で、かなり見ごたえあった。

大満足(´v`)

2

門地ワールド奥が深い・・・

可愛らしすぎる?表紙で門地ワールドを避けていた私ですが、ついつい手を出してしまった一冊ですっかり門地かおり様の虜に。

天然「五百川」を好きで好きでたまらない先輩「倉橋」の妄想弾けるお馬鹿っぷりに悶える一冊。
頭上を天使と悪魔が乱れ飛ぶ倉橋の確信犯的いたずら並びに指導とそれを真剣に受け止めてドキドキしっぱなしの五百川がもうっ!もうっ!可愛いことこの上なく~~。大好きなカップルです!

表題作以外はかなり暗めトーンのちょっとせつなくなるストーリー展開で、
門地先生の奥の深さを感じました。

しかし、おまけマンガもまたまた五百川可愛すぎです!

2

まるで雰囲気の違う2つのシリーズ。

『花のある生活』のシリーズ
スキー部先輩・倉橋×スキー部後輩・五百川
倉橋は最初っから五百川狙いでセクハラまがいのスキンシップを多様してくるんだけども。
五百川の方はフツーに倉橋に憧れてて。
なので、ちょっと変な触れ方されても、それは自分の意識の問題で倉橋を汚したとかさえ思っちゃって。

高校時代に出会った2人の物語は大学生になって何故だか同棲するようになってもビミョーな関係もまま続いてくんだけども。
五百川がやることなすことかわいいので倉橋がその気になるのもわかる。
倉橋はといえば結構素直に気持ちに言い訳?しつつセクハラしてるような気もするんだけども、その屁理屈のような言い訳に納得してる時点で五百川も落ちてるんだろうね。
ま、元が憧れの先輩ですから。
何されたって許しちゃうくらいには好きになってるんだろうな。
それでも、倉橋が強引に抱こうとしてそれを突っぱねて飛び出してきた五百川が、自分の行動に「先輩に嫌われたらどうしよう」と思ってるのが印象的でした。
『ファンタジア』の中の倉橋の妄想っぷりも楽しかったです。


『褪せる』『密室』
和夫×友人の兄・雄続き
強引にねじ伏せられて始まる歪んだ関係。
和夫は雄大が好き過ぎてどうしても手離せない。
それでも、このままではいけないとどうにか自分の中で決着をつけようとするのだが…。

『褪せる』の冒頭には友人も登場しててなんか不思議な感じで始まるのですが。
あとはずっと雄大と和夫の物語といった感じで。
和夫のやってることはひどいことなんだろうけども。
それでも、どこか好き過ぎてたまらないという感じで。
雄大の方もすっぱりと酷い奴と切り捨てられたらいいんだけども、そうでもなくて。
和夫のまっすぐな感情がこわくて一時期は避けたりしてたのかな、と思ってみたり。

1

何で、これで1冊の本に?

すごく極端なお話3編の詰まった、何とも不思議な読後感の1冊。

表題作は、奥手で身持ちは堅いけど、素直過ぎる、ガリガリな子供・五百川くんと、妄想暴走なエロエロ大魔神・倉橋の、かわいい?ラブコメ。
この、冴えない五百川と、かっこいい倉橋。
倉橋は、五百川にメロメロ過ぎて、手が出せない、けど、五百川のお人好しさにつけ込んで、セクハラはしまくっていて、
この、「困惑している五百川」がとってもかわいい。
倉橋がメロメロなのも納得。

と、この表題作は、「かわいらしい門地さん」

問題は、後の2作品。
表題作が、かわいいギャグテイストだから、そのままの気分で読み進めると、、
「痛っー!」

門地さんの絵って、特に足が、メチャメチャエロいよね

1

本領発揮してる作品

門地さんのギャグとシリアスの差は今に始まったことではないですが(笑)
この単行本はやっぱりはずせないと思います。
後半の3篇の暗さを中和するために表題作はあるのではないかと
思ってしまうほどでした。

表題作はぽやーっと平凡な五百川くんと性格が終了している倉橋先輩の
進んだり止まったりのあまあまラブストーリー。
先輩が無意識に五百川くんに精神的に調教されていてくすっと笑えます。
友達藤田くんの不憫さが一番萌えました(笑)

「褪せる」と「密室」は門地さんの話の中で一番好きかもしれません。
これまた性格が終了している受けに攻め君が何年もストークしていく
話なんですが(笑)とにかく攻め君に「なんでキミこの人好きなの・・?」と
問わずにはいられない受けの性格の悪さ(笑)
どこまでも利己的でむしろ攻めくんを利用しようとすら思っていた受けが
ほんの少しだけ見せる優しさにすがる攻め君がいじらしい。
新装版だと扉絵がこの二人で、私としては大満足でした(笑)
手を繋がせる受け君の譲歩が可愛かった。

「ねじ」の性格終了同士の応酬戦も最高でした。
ここまでお互いね続きじれ曲がってたら、一緒にいたほうが
うまくいくのでは(笑)
ラストの「気持ち悪いよー」が甘えに見えてなんだよラブラブじゃん
とか思ってしまうのは私だけなのかなー。

2

表題作は好き

痩せっぽちでお人よしでノロマでさらに天然な五百川くん。そんな彼を好きになったのはズルいけど格好よくてモテモテな倉橋。
五百川が天然なのをいいことにセクハラしまくりで、変態ちっくな倉橋の心の中の天使と悪魔の葛藤が面白かったです。

五百川の貞操観念が強いためにエチまでは行けていです。
が、かわいらしいカプでよろしい。

しかしその後の「褪せる」「密室」はレイプ、監禁などちょっと痛めなお話で苦手でした。
攻めは過去にわけありで切ないお話なんですがね。

表題作は好きですがその他のお話は私にはあいませんでした。

0

表題作のバカップルぶりと同時収録作のダークさ。このギャップが作者の魅力

客観的にみてさほど可愛くはなく、能力が高いわけでもなく、ただそのことを十分自覚していて自信のないスキー部員・五百川と、五百川からどういうわけかただならぬ色気を感じ取り、彼がニブいのをいいことにセクハラ三昧を繰り返すスキー部の先輩・倉橋(全日本強化選手という実力者)のバカップル振りが楽しい表題作。「勃起死」という言葉を始めて聞きました…。

同時収録作『褪せる』『密室』『ねじ』は、いずれも表題作とはうってかわったダークな短編。

『褪せる』は高校生と小学生の兄弟と、弟の友人の話。友人が兄を犯すことに加担させられた弟の視点で語られることにより、衝撃はより強いものとなる。

『密室』は『褪せる』の続編で、高校生になった友人と大学生になった兄の話。タイトルどおり行き詰まり救いのない2人の関係だが、最後に仄明かりが射す。

『ねじ』は、恋人と思っていた相手(高校生)が実は自分を見ていないと知らされたマッサージ師の話。コミックス『デジャブ。』のレビューにも書いたことだが、ここでもやはり、大人を惑わすのは子供なのである。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ