魔術師―THE MAGICIAN―天にとどく樹 2

魔術師―THE MAGICIAN―天にとどく樹 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784877249076

あらすじ

石黒家次男の善臣は、苦い失恋のあと荒んだ生活を送っていたが、心の中ではただ一人、自分だけを特別に愛してくれる人を探していた。自らがリーダーをしているバンド「GNOSIS」がいよいよメジャーデビュー!というそんなとき、メンバー募集で入ってきたのは、失恋をした相手・忍に似た柴田幸彦。忍のように優しい面立ちなのに、なぜか善臣にだけ反抗的で、善臣はそれが少し気になっている。しかし、その態度とうらはらな幸彦の一途な想いを徐々に実感してくる善臣は…。
―――――天にとどく樹シリーズ2
出版社より

表題作魔術師―THE MAGICIAN―天にとどく樹 2

石黒善臣(ギタリスト)
柴田幸彦(ドラマー)

その他の収録作品

  • 一粒の砂
  • 雨のむこうがわ
  • 夏休み
  • 月を仰ぐ
  • 出逢い
  • 天使の誘惑―河本信哉・愛の幻想
  • あとがき(吉田珠姫)
  • あとがき(のやま雪)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

一人称で語られる物語としては最高峰だと思います。

レビューを書いていくにあたり、このシリーズにいつかは手をつけなければと思っていた作品でした。

吉田珠姫先生の初期の代表作で勢いがあり、一人称で語られていくのですがなんともいえない独特の雰囲気があり、その世界に引きずり込まれていきます。

【天にとどく樹】シリーズは【魔術師】の前に一冊このシリーズ名のものでこの主人公の善臣の弟の直樹と従兄弟の忍の話があります。
物語を読み進める上で前作を読んどくといいのですが、このシリーズの心髄はこの本から始まっていると感じます。

表題作【魔術師】なんとも切ないのですよ。
主人公の善臣視点で進められていくのですが、バンドの新メンバーで入った幸彦の覚悟や長年の思い、いじらしさが胸を突きます。
幸彦はGNOSISのドラムオーディションに受かるため、ドラムの練習だけでなくもう一つ、印象に残るように善臣の初恋の相手、前作で失恋した従兄弟の忍に顔を似せて整形をしてオーディションを受け受かります。
なぜそんなことをしたかというと、幸彦は親から必要とされず、おとなしい性格のため職場でもいじめられたり、ずっと底辺を生きてきたのですが善臣のバンドと続き出会って人生に光を見出します。
そこからずっと追っかけをするのですが、ファンに男女問わず手を出していた善臣に存在さえ気付かれず時が流れていきます。
そして忍に似せて姿をあらわした途端、善臣の態度が変わり戸惑うのです。
好きだという思いと、この忍に似せた見た目が好きなんだという気持ち、今まで気付かれもしなかったのにという気持ち、に揺れる幸彦。
善臣の精神的に幼く脆い内面が、見事に二人の関係を綴っていきます。
なんともいじらしい、それがいい。
それにつきます。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ