極道の花嫁

Gkudou no Hanayome

極道の花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
27
評価数
10件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784877245702

あらすじ

「てめえは家に来てもらう、俺の嫁としてな」高校生の鈴本尚弥は、由緒正しい極道の御曹司。
でも、運営難の鈴本組には逮捕された組長の保釈金が払えない…!突如、保釈金の肩代わりを申し出たお隣のライバル極道・渡瀬伊織に攫われた尚弥。
いやいやながらも鈴本組存続をかけて、伊織の豪邸で花嫁修業をすることに!寝食のお世話や、いってらっしゃいのキスに挑戦しても、ドキドキして失敗ばかり。
なのに、夜のお勤めで身体だけ淫らになっちゃって…?ラブで純真極妻修業。

表題作極道の花嫁

渡瀬伊織 渡瀬組若頭
鈴本尚弥 高校2年 鈴本組組長の一人息子

評価・レビューする

レビュー投稿数6

大好きなシリーズです

溺愛モノが読みたくなって、久しぶりに読み返しました。アホな子受けも可愛いし、攻めの溺愛ぶりは気持ちイイし、怖くない極道モノだしで、大好きなシリーズです。
極道の息子同士+幼馴染み+長年の片思いの、甘々なラブコメの1巻になります。

1巻は、2人の再会から同居、そして、紆余曲折あって結婚するまでが書かれています。
受けの尚弥が、本当にアホっ子です。疑うことを知らないし、すぐその気になるしで、極道の息子とは思えないぐらいに(笑)。でも、イライラさせられるアホっ子じゃなくて、真っ直ぐで一生懸命な可愛くて癒されるタイプなので、応援したくなります。
対して、お相手の伊織は、カッコ良くて頼れる男で、尚弥への溺愛ぶりに悶えます。尚弥へのセリフの数々もカッコ良くて愛情が溢れててキュンとなります。子供の尚弥とのエピソードや、尚弥の父親とのやり取りも萌えるし。極道なのに、1日4回のキスの約束とか、尚弥が料理を失敗しても全部食べちゃうとか、もう全てが可愛くて。
読み終わる頃には、幸せな気持ちになること間違いなしです。

1

アホの子~

タイトル&あらすじとあと挿絵がみろくことこさんだったので、これはアホの子来るかーー!!と思ってたら予想的中でまさにザ・アホの子受でした。

尚弥〔受〕は鈴木組の跡継ぎなんだけど、極道よりも洋館に住んで庭で愛らしい犬とたわむれたいとか思ってるアホの子です。
しかしそのアホの子っぷりが可愛い!
父親の保釈金を肩代わりした恩やら何やらで、渡瀬組の跡継ぎである伊織〔攻〕の嫁になる事になった尚弥。
伊織は年齢ははっきり表記はないんだけど、尚弥の10歳近く年上だそうです。
尚弥本人としては不本意なんだけど、花嫁の務めとして朝食作りで目玉焼きを爆発させたスクランブルエッグを作ったり、何だかんだ言いつつ行ってきますのキスをさせたりとアホの子なんですけど真っ直ぐで嘘がつけない性格なんですよね、そこが可愛い。
尚弥の事を悪徳弁護士が狙ってたりするんですが、ちゃんと伊織が守ってくれる。
最後は兄弟杯ならぬ夫婦杯、エロは甘めで乳首攻描写が多かったかな。
かわいいアホの子でした。

1

かわい~ラブラブ~

本当に尚弥が夢見がちで可愛いn[g
大体極道の家で生まれ育ったんだから、そろそろ普通の生活への憧れは捨てるべきなのでは?笑

しかも尚弥の憧れはもっと上を行ってて、洋風セレブな生活を勝ち取ろうと行動まで起こしちゃうという…

養子の話を疑いもせず危なっかしいことこの上ない!
しかも尚弥はものすごい可愛いという更に警戒すべきオプション付き!笑

もっと気をつけてくれー

今回の攻様は同じく極道の家に生まれたお隣さんの伊織.

伊織はずっと尚弥との約束を胸に尚弥を想い続けて何やかんやで助けてくれるとっても頼りになる男です炫

まあ多少(?)無理に押し倒した感は否めませんが…笑

最後、そんな伊織の気持ちが通じて尚弥が
「……っそばにいる。嫁になる。……伊織のことが好き」
って言って抱きつくのめっちゃ可愛いです(*´д`*)ハアハア

それに対して伊織が
「そうか。嫁になるか、俺の」
って頭撫でるのにも萌える…
長年の想いが叶ってめちゃめちゃ幸せなんだろうなあ…笑

後書きの妄想炸裂に激しく共感して、すぐにバーバラ片桐さん大好きになりました(笑)

1

シリーズ第一段

18歳の誕生日に尚弥は、お隣の同業者でありライバルの伊織に俺の嫁にしてやる!といわれ、伊織の家に連れていかれ、花嫁修業することになる。
三浦という怪しい弁護士に狙われていた。
伊織を信じられなかったりする。
伊織の仕事を手伝いするが、伊織のお客さんに対し、殴ってしまう。
尚弥の為に土下座する伊織。伊織の大人の振る舞いに尚弥だけが取り残されてしまう。
しかし、誤解がとけたとき、尚弥は、伊織と約束したことを思いだす。
尚弥は、伊織のお嫁さんになるといったことを!

0

極道モノとしては

平均年齢低め? なにせ尚弥(受)はまだ高校生だし

昔気質の組長である父親が逮捕された高校生の尚弥は 弁護士の三浦の養子になることに
尚弥は物干しにサラシやフンドシがたなびく純和風の極道の家に育ったせいで シャンデリアとか白亜の豪邸とか セレブな生活に憧れている 。。。 自覚ないかもだけど「乙女」です
幼馴染で兄貴的存在の伊織(攻)はそんな尚弥のために洋館とか天蓋付きのベッドだとかを用意して 三浦の家に向う尚弥をかっさらって嫁に迎えます
伊織は 尚弥に作らせたコゲコゲ朝食を完食したり 行ってらっしゃいのキスだの お帰りなさいのキスだのを要求したりと あまあまな新婚生活
が 伊織と衝突した 尚弥は三浦の家へ
三浦は尚弥(と彼の資産)を狙って小細工したり 尚弥に悪さしたり
でも最後はちゃんと伊織と仲直り 夫婦の杯を交わします
極道モノとしては かなりあまあま(*´д`*)

H度は おいらの中では「標準的」かなぁ
やるこたやってるけど 基本らぶらぶで 変態っぽいのはカナリ少なめだし
そんなにページ数さかれているわけじゃないし
。。。いやその前に読んだ本が濃ゆす続きぎたのか? orz

0

夫婦の盃

ごちそうさまでした!!
極道×極道のお坊ちゃまってことで、かなりBLの王道まっしぐらでしたけど。
かわいらしい容姿と極道な中身とのギャップがたまらんかったですvv
大事にされてるんだけど、極道用語ばっかりでいまいち理解してもらえない攻めの愛情もよかったわー。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ