非保護者

hihogosha

非保護者
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×26
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
71
評価数
19件
平均
3.8 / 5
神率
31.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813011712

あらすじ

麻倉征、19歳、大学生。彼には8歳年上の同居人がいる。ひとり暮らしをする征に父親が寄越したお目付役・瀬尾篤史だ。幼い頃から傍で自分を見守ってくれていた瀬尾と数年ぶりに一緒に暮らすことになった征だったが、瀬尾に対してどうしても素直な態度を取れない。かつて征にとって誰よりも大切な存在だった瀬尾。だが、ある時を境にふたりの関係は大きく変わってしまっていたのだ……
出版社より

表題作非保護者

瀬尾篤史,征の父がつけたお目付役,27歳
麻倉征,大学生,19歳

その他の収録作品

  • 恋人の距離で

評価・レビューする

レビュー投稿数7

王道な設定だけに

こちらは生意気な坊ちゃんと父親に雇われてるお目付け役、というよくありそうな設定ですが、その「よくある設定」を期待を外さないで最後まで読ませてくれる作品だと思いました。

主人公の征は生意気で夜遊びばかりで、お目付け役の瀬尾に面倒ばかりかけています。けれど密かに瀬尾が好きだというのもまさに王道的で、でも素直に楽しめました。瀬尾が好きだと悪友にばれ、ばらして欲しくなかったらと襲われてそこを瀬尾に見つかり強がって逆に瀬尾に抱いてもらおうとする展開は流石にこれもよくあるな…と感じたのですが、そこから先が思っていたよりしっかした展開になったので何だか納得。

征は子供っぽいながらも、最後に取った行動は素早くて潔くて格好よく思えました。最初が面白かった分、後半の大団円までが割りと急ピッチだった気がするのでその辺りは少し残念です。

おまけに瀬尾視点のお話が入っています。
こういうお話って、お目付け役の人が坊ちゃんを好きな事自体が既にテンプレートなのですが…。
どちらかというとその中ですれ違いを楽しむための設定なのかもですね。
そういう意味ではお互い好きなのに十分すれ違い巻を楽しめ続きた作品でした。

3

やっと会えた

お目付け役の瀬尾(攻め)と、それに反発する征(受け)の主従関係?の王道のお話かなぁとも思いましたが、瀬尾も征もお互い自分の思い・考えを伝える気が全然無くて、ひたすら隠し、一線引いた関係がいつ動くのか・・そういった部分も合わせて、じっくりゆっくり面白く読めました。

お話は、受け視点で始まります。以前自分の近くに居た瀬尾が、お目付け役ということで自分の所にやってきて、夜遊びをすれば呼び戻しに迎えに来る。
家事全般を引き受け、面倒をみてくれるのですが、昔のよく笑って手をつないでくれたお兄ちゃんと慕っていた瀬尾は全く別人になっていて・・・
何をしても表情が一切変わらない相手に困惑しつつも、それでもまた構って貰えるのが嬉しい。その反面、相手は仕事で自分に構ってるだけだと、読めない相手に腹が立って素直になれない日々。

攻めの瀬尾も、征(受け)のことが好きなんです。征が自分の気持ちに気づく、ずっとずっと前から。でも過去の出来事や自分の立場そして同姓である自分が気持ちを打ち明けることは絶対に無い決めていて、それでも傍にいたくて・・・。なので、お互い自分の気持ちがばれたら、この関係は終わ続きりと思っていて、切ないです。

征(受け)がある人のおかげで、過去の出来事で今まで何をやっても駄目だと諦めていたのですが、やっと新しいことに興味を持てるのです。そして、少し自分を受け入れられる様になり・・・
その後、紆余曲折あるのですが、征(受け)が色々な意味で一歩進もうと思えたことで、動かなかった二人の関係は、物語はようやく動きだします。といっても自己完結型でですが・・そこで、瀬尾もようやく征を追いかけます。そりゃもう必死・・・今までの鉄仮面はどこへ?(笑)

読後の感想としては、「やっと、会えた」という気持ちでした。周囲の人間や背景に色々なことがありすぎて、お互いの気持ちを見ずに、正反対へ突っ走ってるかのようでしたが、偽りで固めた自分を捨てたら、ずっと話をしたかった相手がいてやっと素直に話が出来た。そんなイメージを抱きました。

収録作「恋人の距離で」瀬尾視点のお話は、瀬尾の気持ちがいろいろと分かって、すごく萌えさせて頂きました。そんなに好きだったら、さっさと手を出せばよかったじゃん!とすら・・(笑)好きだらかこそ、臆病になったり大事にしたいと思うんでしょうけど。。一回読んだ時は、(萌)でしたが、瀬尾視点で読むと(萌)が増えるので×2でした。

最後に叔父さん食えないタヌキですね。。。どこまで気づいてるんだろう!叔父さんもこちら側の人間なのか思わず疑ってしまいました。

2

好みの設定なんですが

主人公の受けが、あまりに幼稚で、思考回路が子供すぎて、鼻についてしまって萌えそこねてしまった。
残念。
年の差も、主従ものも、好みは好みなんですが。

椎崎さんならではの、じれったさ、もどかしさが、逆に読み進めていく間にイライラ感になってしまって、楽しみそこねてしまったかんじ。好きな設定、展開だったから、余計に残念。

イラストはきれいで、話に合っていました。

2

お目付役×坊ちゃん

大学生の柾には8歳年上の同居人がいる。
彼の名前は瀬尾。柾の父親がよこしたお目付役だ。
幼い頃誰よりも大切な存在だった瀬尾だが、今の柾には厄介なだけ……そのはずだった。

お目付役×坊ちゃん。
意地っ張りな主人公と生真面目な瀬尾のすれ違いが切ない。
好きだから素直になれない。好きだからお目付役としての瀬尾に反発してしまう。
そんなすれ違いのお話。
椎崎さんの書く丁寧な感情描写の王道話は大好きです。
じっくり読ませてくれる王道ほど貴重なものはないと思う今日この頃。

小さなころからのつきあいの二人ですが、途中で二人の関係はなんどか変化します。それは立場だったり感情だったり態度だったりするわけですが、長い時間の中ではぐくまれた関係性ほどじんわりテンションの上がるものもない気がする(関係性萌え)

後半。
お目付役から離れた瀬尾が丁寧語からタメ口になり、坊ちゃん扱いをやめた柾は逆に丁寧に話そうとするんですが、その逆転にものすごく萌えました。
慣れないせいで時々二人とも口調がまざる初々しさにすっごいときめくんですが!!

そんなピンポイントなツボを激押しされた続き一冊でした

4

何度か読み返すと面白い

タイトルや粗筋からも分かるように主従の王道設定で、
こうなるんだろうなと思うところに、ストンと落ちた作品でしたが。
なんとなく、好きなお話です。

心の傷を抱えた坊ちゃんが、思いを寄せるのは年上のお目付け役。
昔は優しかった瀬尾が、最近は事務的な態度になり、切ない。
そんな彼の気を引きたいがために、わざと飲み歩いたり。
両親の愛情が薄かったせいか、この坊ちゃんは甘え下手で。
素直な気持ちを相手に示せません……

自分の本心を知られたら、相手に嫌われてしまう。
お互いがそう思い、自分の気持ちにブレーキをかけているので。
両片思いのすれ違い状態が続き、焦れったいやら、切ないやら。 

収録作「恋人の距離で」は瀬尾視点のお話しです。
表題作の坊ちゃん視点では、瀬尾の真意が判らず戸惑うばかりでしたが。
瀬尾の本心を知った上で再度、「非保護者」を読むと、また面白い。
この時は彼も結構余裕がなかったんだろうとか、
初読時とはまた違った感じ方が出来て萌えました。

2

読み進めるたび印象が違ってくる

金持ちのボンボンが自分の我侭で大人を困らせている話…

だと最初は思っていたのですが違いましたね。特に主人公である柾の印象が読み進めるたびに微妙に違ってくるのが面白かった。

有名ピアニストを母に持ち将来を有望視されるほどの実力だったのに、怪我でその道を絶たれてしまったために自堕落な生活を送ってる大学生の話。

怪我をして夢を絶たれたときに、そこから立ち直る別の道を周りの大人が上手に導いてあげられていれば、自分がどういう道に進みたいか、何に希望を見出せばいいのか判らないまま大学生まで過ごしてしまうことも無かったでしょうにねぇ・・・と思わずため息ついてしまいたくなるような話でした。

だってね、周りの大人たちがそろいもそろって欠陥人間ばかり

母親は柾が怪我をしてその手ではピアノを弾けないと判ったとたん、柾から大好きなピアノを取り上げちゃっただけでなくまったくといっていいほど自分の子どもに関心を示さないし、父親は子どもが可愛くないわけじゃないけれど、どんな風に接していいのか良く判ってない感じの人だし。唯一柾を気にかけてくれてるような人が母方の伯父である新見という男なん続きだけれど、またこの人も妙に癖のある人で・・・。

柾 本人おそらく無自覚なんでしょうけれど、そんな大人たちにかまってほしくて、全身からかまってオーラを垂れ流ししているのだけど、周りの大人が一癖も二癖もあるような人ばかりで、そのかまってオーラを上手に消化できていないというか、ゆがんだ形で返している・・・というような印象を終始受けました。

それで、傍にいて自分の世話を焼いてくれる瀬尾には自分に怪我をさせ夢を絶った負い目があって、雇い主である柾の父親の言いつけで自分の事を仕方なしにかまっているだけ・・・・だと思っているからそりゃ~反抗したくもなるよねぇ

周りの大人がそんな感じだから、最初は嫌な子ども、という印象が強かった柾のことが、だんだん健気でいじらしく見えてしまう、柾が周りの大人を振り回しているわけではなく、大人の都合とエゴに振り回されている柾…って図式が見えてくると、これね、もうちょっと瀬尾がしっかりしてたら柾がこんな風にぐれなくてすんだんじゃないの?なんて風に考えが変わっていたりしました(笑)

だから、柾が自分のやりたいやり続けていきたいと思えるものに出会えた時には、ほんとホッとした。夢も、希望も、そして愛情も手に入れた柾の笑顔は、はにかみがちでもきっとすごく輝いて見えるに違いありません。

後半に収録されているSS「恋人の距離で」は瀬尾視点。

瀬尾の目から見たその後の柾の可愛さからも、公私共々、その充実振りが伺えます。瀬尾の気持ちもしっかり決まったみたいだし、この先訪れる種々の困難も、きっとこの二人ならば上手く乗り越えてくれるでしょうね。

4

主従の典型的パターン

主従もの……ですね。
BLでなくとも子供の時慕っていた人と言うのは誰でもいませんか?
私なども従兄弟のお兄ちゃんとか、お嫁さんになりたいとか思ってましたけど(笑)
誰にでもどこかで覚えがあるので、この子供の時に好きだったネタは案外萌えるような気がします。
特に年の離れた人。

大人になるに従い、自分や相手、もしくは周りの大人の思惑で思い出が壊されるのも覚えがあります。
現実だとだいたいそこで終わるんですが、BLはファンタジーですからね、再会物へと続いてハッピーエンドにならないと。
そして二人はめでたく……はやはり定番です。
わかっていても切なくなりながら読んでしまうのです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ