潮 FLOW―硝子の街にて〈17〉

潮 FLOW―硝子の街にて〈17〉
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784062557443

あらすじ

新たなる決意と、旅立ち。
21世紀までひと月足らず。束の間、東京に戻ったノブにある変化が――。世紀末のうねりが2人を包み込む。

2000年12月、21世紀まであとひと月。年末年始の繁忙期を前に、同僚の野々村清美と山科誠の結婚式も間近い。出張中のノブの父・石田泰行(いしだやすゆき)氏が泊まっているNY(ニューヨーク)の高級ホテルで、気鋭の女性カメラマンが殺害された。その対応に追われるシドニーを残し、手術を受けた祖父を見舞うため、ノブは束の間東京へ戻る。そこでノブがした、ある決意とは――。どこまでもピュアなNYラブストーリー。
出版社より

表題作潮 FLOW―硝子の街にて〈17〉

シドニー・ホプキンズ/刑事/32歳
広瀬伸行/ツアーガイド/29歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

20世紀最後の日

お話が始まってから、作中では既に5年目に入ろうとしていてる2000年12月。
ミレニアム…懐かしい響きですね。まとめて一気に読んでいるからか時間の経過があっという間だなぁと思います。

伸行がNYに戻って10年、もしあのまま日本に居て日本の会社で勤めていたらどうだったろうかと想像する伸行。
今の自由な伸行からは想像も付かない未来が待っていたかも。
アメリカは行ったことないのですが、この日本とは違う自由度の高い雰囲気がとても好きです。

ミレニアムであわただしい年末に、シドニーは相変わらず事件の捜査でかけまわり、伸行は自分を育ててくれた祖父の容態が悪く日本に帰国・・・というまたしてもすれ違いのお話です。

いつか、伸行の家族に何かあったら、自分は日本に戻ることになるかもしれないという伸行に、シドニーは離れていても大丈夫だからと言ってくれます。

一番よかったのは、長い間離れていて、10代の頃の伸行を見れなかったことを密かに残念に思っているシドニーですが、でも離れていた時間が糧だったと今は結論付けているところです。
もちろん一緒に居ても恋人になれたかもしれないけど、続き伸行が今シドニーを理解してくれていること、分かち合えなかった時間もそのあらゆることが全部、些細なことに思えるくらい相手に会えてよかったと思っているのはやはり離れていた期間があったからなんだなぁと思います。

そして伸行には日本を飛び出したことも、日本の国籍を捨てたことも、「必要なことだった」と理解してくれている家族がいます。

ついに伸行が長い髪を切ってしまって、この先シドニーが伸行の髪を引っ張るシーンが見られなくなるのは少し残念。
シドニーはどっちでもいいって言ってるんだけど、彼が滅多に伸行の容姿を褒めないので、実際はどう思ってるのか知りたいです。
シドニーいわく自分の容姿がどう見えるか、伸行が自覚しないほうが安心できるからだそうですが。

それにしても、距離が離れる度に絆が強くなってる気がする。
こういうのは国際カップルの素敵なところだなぁと思います。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ