悪魔はそれをガマンできない

悪魔はそれをガマンできない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥520(税抜)  ¥562(税込)
ISBN
9784062556897

あらすじ

堕としたければ、誘ってみろ。
落ちこぼれ悪魔の選んだ獲物とは……!?
落ちこぼれ悪魔の真雛は、一人前のインキュバスになるため、人間界で、ある青年に目をつけるのだが――。

落ちこぼれ悪魔の真雛は、次の魔界の昇進試験に落ちたとき、大審判の餌食にされると断言される。試験に合格し、一人前のインキュバスになるには、悪魔や人間を性的に堕落させなければならなかった。真雛はラストチャンスに気合いを入れ、人間界に降り立つと、ある青年に目をつけるが――。
「堕としたければ、誘ってみろ」
なぜか青年は真雛の正体を知っていて……。
出版社より

表題作悪魔はそれをガマンできない

大天使で社長・北条一威
落ちこぼれ悪魔の真雛

評価・レビューする

レビュー投稿数2

生意気な受け!

 BL小説って、何となく3種類くらいに分けられるような気がするんです。(大雑把に言えば)
 えちがメインっぽいのと、切なくなる様なのと、ファンタジー要素が強めなやつ。

 これはそのうちの、恐らく一番目に当たると思います。
 まぁ、この分類って割と、作者さんの傾向……ってやつなんだと思ってるんですが(勝手に)。

 ただ、個人的には悪くなかったと思ってます!
 悪くなかったのは、真雛のギャップ萌え……という一点に尽きるんですけどね(苦笑)

 何ていうか、思いっきり意地っ張りで、強気……というか、生意気なのに、中身は乙女みたいで、触られちゃうと蕩けちゃうところとか、結構よかったような気がします。

 まぁ、あくまでも僕の好みの問題ですが……。

 えちなシーンはとっても多かったですが、悪くなかったと思ってます!

0

パラレル番外編のノリ

「薔薇の名前」シリーズの瀬名×彬が好きな方にもお勧めです。
名前が違うだけでメインカプや脇役がとても似ているというか、そのまんまなのでパラレル編として楽しめます。
受けが悪魔という設定を楽しく使って、鬼畜で甘くてエロエロです。

大天使で社長・北条一威 俺様鬼畜攻め×落ちこぼれ悪魔の真雛 淫乱強気受け
試験に666回も落ち続け、 今度落ちたら、魔界でも有名なエロジジイ大審判の元にいかなくてはならない。
人間界で人間を誘惑することにするが、真雛は悪魔でインキュバスなのに、セックスも苦手。
上から落っこちた先に北条がいて、北条に目をつけるが、堕とすつもりが北条にいいようにしてやられて……。

真雛の容姿がそのまんま、彬です。弟の菜津央みたいなちゃっかりめな弟も存在しますし、瀬名までも!
作者様主導の番外編同人誌みたいなノリを、感じました。
悪魔の尻尾も性感帯なので2倍感じるという美味しい状態で、自分の尻尾を中に入れられての初Hがエロかったです。
尻尾つきの悪魔でインキュバスな癖に、天使の北条にエロエロにやられます。
ちょっと優しい北条の態度にほだされちゃって、北条続きを堕とせば二階級特進という言葉に乗せられて、兄が大好きな愉火流と戸田とに妨害されながら、北条との愛を育むという感じです。
無口ながら真雛への愛があるので、愛がある鬼畜と言った体なのが、いつもながら好きな所です。
読み応えというよりも、このカップルを好きなファンの為のパラレル番外編という感じです。
知らなくても、エロコメとして軽く明るく楽しめると思います。

エロ:★4 自分の尻尾を中に入れられてのH、愛のある鬼畜エロなど。
総合:★4 いつものエロコメで、ノリが相変わらず楽しいです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ