ライバルに恋しちゃった!?

それは罪なアナタのせい

それは罪なアナタのせい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
48
評価数
14件
平均
3.5 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥690(税抜)  ¥745(税込)
ISBN
9784048670081

あらすじ

ナルシストでちょっとおバカな高校生・斉賀。自分よりも恰好イイ下級生・夏木の存在を知り偵察に向かうが、その顔を見る前に階段から転げ落ちてしまう。助けてくれたのは、王子様のように綺麗でキラキラきらめく笑顔の持ち主……こ、これが夏木!? 優しく指が触れる感触さえイイと感じて、動悸息切れ目眩に襲われ、眩い笑顔に見惚れてしまうばかりか、愛しいなんて思ってしまった。これってまさか……恋!? 書き下ろしつき
出版社より

表題作それは罪なアナタのせい

年下のキラキラ王子・夏木
元気で健気なおバカ・斉賀

その他の収録作品

  • やっぱり罪なアナタのせい
  • アナタも罪な人

評価・レビューする

レビュー投稿数7

ドタバタのちハピエン♪

ここまでイサクさんの挿絵が合う作品も
無いんじゃないかなって思う程にぴったりで
楽しいのに切なさもちゃんとあって
こちらの感情の起伏も激しくなってしまいますw

自分の顔に結構な自信を持ちながらも
嫌なヤツではなく、微笑ましいおバカさんな高校生・斉賀。
特に好きだと思ってもいなかった可愛い彼女に
「夏木君の方がかっこいいから」とフラれ、
どんな奴だ!と確かめようとした途端、
当の夏木の前で階段から転んでしまいます。
心配する夏木はそれはもう非の打ちどころがない程のイケメン!
優しさもあり、王子様のような華やかさもある夏木を
斉賀はどんどん気になってしまいますが…。

また申し上げてしまいますが
斉賀のまっすぐなおバカさんっぷりが
すごくイサクさんのイラストに合う!!合いすぎる!!
脳内でコミカライズしましたww
前向きかと思いきや、ちょっとしたことで落ち込んで
友達の遠野に呆れられたり多少心配されたり。
遠野が冷静で、斉賀とバランスがとれていた気がします。

夏木の心理が私にはわからないなーと最初思っていましたが
夏木の友人・宮田の的確な続き解説(?)で
そうか、そうかもしれないな、夏木なら仕方ないかなと
徐々に理解出来……うん、理解しようと己に思い込ませましたw
誰にでも優しいけど、壊滅的に無神経。
色男ゆえ、好意を受け続ける弊害とでもいいますか、
ある程度鈍くないと日常もままならないのかもしれません。
夏木の言動に斉賀が色々と勘違いして
一喜一憂する姿はとても可愛らしかったです。

そんな斉賀が誘い受けっていうのも美味しかったですし、
最初は自覚がないまま抱いてしまった夏木が
ゴムを付けてもらうのが好きっていうのが
めちゃくちゃ照れました!!!
なんだこのイケメン!!!!
ちょっとSの素質もあるような感じ、嫌いじゃないです←

カラダまで繋いで幸せなはずなのに
自分と同じように好きになってくれない夏木に焦れて
決意する斉賀と
そんな事言われると思ってもいなかった夏木にも
胸が痛みました……。
恋をするとちょっとした事で
嬉しくなったり悲しくなったり。
ああー、青春…と遠い目になりながら
楽しませていただきました!!

1

コレがあるので安心しました

コレ=ゴム
「BLはファンタジー」とか言われるのを何度も目にした事があるのですが、
やっぱゴムは付けててほしい…というのはおかしいでしょうか?
特にこの二人は高校生なので、なんだか安心しました。

萩野先生の学園モノ。学園モノは苦手なのですが、萩野先生を信用しました。
当たりました、よかったー!

お話はいたって単純明快。
天然おバカな斉賀がキラキラ王子様の夏木に一目ぼれしてから落とすまで、
から、お付き合い初めてからの斉賀一人すれ違い。
どのお話も斉賀がぐるぐるぐるぐるしています。
夏木の言動に一喜一憂する斉賀は可愛いの一言。
でも無意識な言動に深い意味は無い事を知って落ち込む姿は切ないです。
高校生の甘酸っぱい恋だなぁ~なんて思うのですが、やっぱ斉賀も男の子なので
結構強引に押し切っちゃう部分もあります。

なんだかこういうのを読んでると、高校生時代まで時間を戻して欲しいっ!と思ってしまいます。
そういう意味ではやっぱ学園モノは苦手だw

あと、夏目イサク先生の挿絵も雰囲気にバッチリ合っていて気持ちよかったです!

0

ばかわいい

完璧に一目ぼれなのに、何だかんだ夏木と親しくなってから自分が恋していることに気付く斉賀。
そして切ない片思い……なのですが語り口が軽くて、楽しく読めました。

ちょっとお馬鹿で素直な斉賀がほんとかわいい!

行動も好きゆえのまっすぐな感じが読んでいて気持ちいいです。

「それは罪なアナタのせい」では、斉賀が何とか押し切って夏木と既成事実を作るまで、「やっぱり罪なアナタのせい」ではその後が描かれるんですが、こちらの斉賀ほんといじらしくって切ないです。
一生懸命でかわいくもあるんですが…。


斉賀も夏木も夏目イサク先生の絵がとっても合っていて素敵でした。

0

前向きな行動派の空回りは、切ない

萌萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
王子様なモテモテ下級生・夏木×ナルシスト気味なおバカ高校生・斉賀の、ちょっぴり空回りなラブ。ちなみに空回りするピエロは受けです。

「斉賀も悪くないんだけど、夏木君の方が遥かに格好いいんだよね。優しそうだし」
そんな理由で彼女に振られた主人公・斉賀。
自分の顔に自分でうっとりするような(←おバカ)ナルシストな彼は、元彼女の明らかな格下発言にプライドを触発されて、噂の下級生・夏木を見物しにいきます。
で、あっさり(無意識に)一目惚れ。そんな軽快な始まりです。
萩野さんはプライドの高い大人の男の話のイメージがあったので、高校生同士という設定にまずびっくり。でも違和感なく嵌まってました。ばっちり!

主人公の斉賀のキャラがいい。
本人もだけど、夏木はもちろんノンケ。
下級生の男相手にときめく自分の暴走気味な気持ちに、いくらおバカな斉賀でも悩みます。でもおバカだからすぐに開き直る。
何という愛すべきその単純さ。素直さ。
恋を自覚した斉賀はできるだけ一緒に行動しようとしますが、その夏木がまたナチュラルにタラシな言動を無自覚に連発します続き。でも、妙なところで無神経。
そんな王子様な夏木のアレコレに面白いくらい(笑)一喜一憂して、結果、斉賀はぐるぐる空回りの一人相撲。
その姿がまたすごく可愛いんだけど、ちょっと切ない。
心の中で片思いという受け身の切なさよりも、斉賀のように恋に一生懸命な方が、切実で切ないです。
だからこそ躓いて空回って凹んだ姿に、こっちまで一緒にツーンときてしまうんだなあ。いや泣いてないけど。

自分の気持ちを隠さない(というか隠せない 笑)バカがつくほどの斉賀の素直さが、とっても好きです。
受けだろうが何だろうが、男にゃ変わりない。好きな相手ができれば、もっと自分を好きになってもらおうと働きかける。
そんな風に、ちゃんと高校生の男の子らしい。そこがすごくいいなと思います。
本人が頑張ってる恋は、素直に応援したくなる。

あと、ゴムをちゃんと使ってて、しかもちょい萌える感じにエピソードを入れてるところも好きだなあv

夏目さんのイラストがイメージにすんごい合ってます。
表情豊かな斉賀が愛しいなあ。しかも、夏目作品では拝めないだいぶエロい一枚も拝めるというおまけつきです。ラッキー。
それにしても萩野さん、最近新作にお目にかかれないんですが…?だしてー!

2

ピュアラブw

ちょっとオバカなナルシスト受ヾ(*´∀`*)ノ
キャラクターも可愛くエロスな描写もウマ。こういう子たち好きですw
『神』に近いくらいの良作だとおもいます。
受である斉賀ちゃんは、ナルシスト。自分ってカッコいいwと思ってる。
でもちょっとアホ。
自分よりカッコいい男がいるってな!?と覗きにいったら、ほんとの王子ってこんなんじゃん!みるみる好きになってしまった斉賀ちゃん。
さてこの恋どうなるか。
高校生らしいというか、若いエネルギーにあふれた書き口が良い。
受である斉賀ちゃんが恋して~という流れなのですが、ちょいとアホなので重たくなりすぎないところがちょうどいいかなと思いました。
夏木が、泣いた斉賀のまぶたにキスを落とし、それに舞い上がってしまった斉賀ちゃん。しかし・・・というエピソードの作り方も上手いな~と思った場面のひとつです。
初エッチも良かった。言葉の使い方がうまいのかな。
後半は、カップルになってからの2人を描いた話も織り込まれております。
俺はこんなに好きなのに、夏木は俺のこと「好き」じゃないんだ。
一人ちょっとした空回り。あれ・・・?んんん・・・・ん続き・・?!
と、思う文面もありましたが、まとまりとしては悪くなかったかな。
最初の頃にあった自分の容姿に対する自信なんて、いまはこれっぽっちも・・という表現な一文がすき。
あんなに自分のことが好きで、カッコいいと思っていた斉賀ちゃんが、恋でこんなに変わったっていうのが読んでいても面白く、うれしかった。

なによりも、夏目イサク先生の挿絵がベラボウにウマでした(∩∀`*)キャッ

2

付き合って以降の話がお気に入りです

夏木昌幸(高校1年生 王子様のような容姿)×斉賀直哉(高校2年生 直情型の性格 愛すべきおバカ)

夏木の事が好きになったという理由で彼女に振られた斉賀は、その噂の夏木を見に行こうとしますが足を踏み外し階段から転げ落ちてしまいます。そこに通りかかった夏木にいたわるような声をかけられその完璧な容姿に完全に敗北を認めると、夏木の情報を集め帰り道に尾行したりしているうちに仲良くなり、親交を深めていく中で恋をしてしまいます。

二人が付き合うまでの話「それは罪なアナタのせい」は、単純でちょっとおバカな斉賀がキラキラ王子・夏木に恋をしてしまい、夏木の天然タラシ振りに振り回されつつもなんとか押し切ってHまで持ち込むまでを描いているのですが、こちらの話で注目したいのはモテモテ夏木が童貞設定だったということでしょうか。かなり好きなシチュなので「キター!!」と思ったのですが、むしろ動揺しているのは斉賀の方で夏木はソツなく初Hをこなしていたのが残念でした(余裕のない姿を見るのが楽しみなのに…)。でも斉賀が夏木にコンドームをつけてあげるシーンではきっちり萌えをいただきました。

ストーリー的には続き、二人が付き合うようになってからの話「やっぱり罪なアナタのせい」の方が面白かったです。モテ過ぎた弊害で鈍感・無神経な夏木に対して、斉賀がもう付き合ってられない!!と別れ(友達に戻る)を宣言してしまうという話なのですが、まぁ確かに夏木の恋愛に対するスタンスは素っ気なさ過ぎるような感じがして、斉賀がキレてしまうのも無理はないかな…と。一度衝突してからは反省して態度を改めた夏木ですが、その夏木視点の話「アナタも罪な人」を読むと、やっかいなタラシ資質を完全に目覚めさせてしまい斉賀はこれから先もますます翻弄させられるんだろうな…と、ラブラブな2人を微笑ましいと思いつつもちょっと同情してしまいました。

2

私はあまり学園モノを得意としないのですが、
これは高校生ものという感じがしません。

愛されバカ?の斉賀(受)が王子・夏木(攻)の言動に
一喜一憂している様はとても面白く
萩野さんのこういうコメディタッチはすごく楽しい。
受が恋する乙女的発想をしますが健気で可愛いんです。

「秘密な唇、嘘つきな接吻」の受とタイプが似てる、かな?
元気な頑張る健気なおバカが好きだという人はいいと思います。
エロもそこそこあり、夏目さんのイラストもあっていて
とても楽しめました♪

脇キャラがいい具合にたっているので話も読みやすいです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ