あなたの触れるそこが熱くて……

誘って・シャノワール

誘って・シャノワール
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
16
評価数
5件
平均
3.4 / 5
神率
20%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048670036

あらすじ

全寄宿制のウィンダミア音楽院。『ウィンダミアの天使』と呼ばれるティモシーは、同室の素行の悪い上級生・オスカーに、音楽祭で使う猫耳を汚されてしまう。代わりにとオスカーに差し出された黒い猫耳をつけると、どうしようもなく身体が熱くなってしまった!! 淫らな熱が身体の奥を濡らし、オスカーが与えてくれる、初めての悦楽を夢中で貪るティモシーだけど……話題作に大幅加筆で遂に単行本化!おにきゅんラブ
出版社より

表題作誘って・シャノワール

ピアノ科の二年生、不良:オスカー
声楽科の一年生、美人で気位が高い:ティモシー

その他の収録作品

  • あとがき
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

「神の槍」ですか

外国が舞台(受けも攻めもnot日本人)のアホエロっぽい物を読みたくて購入(現実逃避したかったので…)
さらっと読めて期待通りのものでした。
猫耳というアイテム(おまけのしっぽも有)もいい味出しています。
ただページ数が少なめなので物足りなく、もう少し読みたかった、という気持ちがあります。
攻め・オスカーと受け・ティモシーが、昔出会っていたエピソードをもう少し掘り下げて欲しかったです。
ティモシーは親友のウィリアムとも何かあったら良かったのに、とちょっとだけ思いました。
フランシスお兄様との絡みももう少し見たかったです。
あとクリストファー先輩がよく判らない人でした…自分の読解力が無いだけかもしれませんが。

しかし攻めのあれを「神の槍」って(笑)確かに「オスカー」という名前の語源はそうなんですが。
そういえはこの作者さんは「僕のエクスカリバー」の人だった(笑)
神の槍とエクスカリバーとでは、あれの表現としてはどちらがとんでもないんだろうか、とくだらない事を考えてしまいました(笑)

1

うーん…

なんだか気持ちがすっきりしないまま終わってしまったような…
キャラクターの心情の描かれ方が雑な気がしました。ティモシーとオスカーが過去に出会っていて、オスカーの初恋の相手がティモシーという点をもっと生かして欲しかった。
猫耳の設定は面白いと思うんですよ。それが原因で、兄のフランシスや彼の友人クリストファーにちょっと手を出されたり。
オスカーが嫉妬するための要員かな?とも思いましたが、それにしてはオスカーの反応がいまいちな気がして。

全体的に何かが物足りないという印象でした。
ホームラン・拳先生のイラストは可愛かったです。猫耳に萌えます。

0

わくわくするストーリー展開です

この話は全寮制の学校が舞台です。
全寮制ってだけでちょっと・・・。萌えます・・・。
それも音楽院です。
受けのティモシーの可愛さに周りのみんなが誘惑の手を差し伸べてきます。

ティモシーの兄からもらった謎の猫耳のせいで淫乱になっちゃうティモシー。
それによってオスカーと結ばれるけど気持ちが違う・・・。

ティモシー犯され過ぎデス・・・。

0

猫耳最高ڂn[gilRj

めちゃくちゃ好みのお話でした!

表紙の絵も超可愛いので、それだけで大分期待をして読んだけど、裏切られず大正解Xp[N2Xp[N2

物語の舞台は全寮制の音楽学校で、主役のティモシー(受け)とオスカー(攻め)は同室です。

オスカーはお酒飲んだり他の部屋にしょうちゅう泊まったりする不良で、ティモシーは最初オスカーのことを嫌ってます。

でも結局はやられちゃい、しかも嫌いなのに感じてしまい……最終的に恋人にまでなるんだけど、そのきっかけとして猫耳が重要なアイテムになっています!

もうティモシーが可愛くて可愛くて!たまんないですڂn[gilRj

回りの男の子たちは次々とティモシーにマイっていきます。

なんと実の兄までもd

でもその場面も私は好きですn[g3それに、近親苦手な方でも、暗さは全然なくて、ファンタジーっぽい雰囲気なので大丈夫と思われます。

いや、あくまでメインカプは兄弟ではないのですが……。

ティモシーはモテるので、いろんな男の子が寄って来るんです。

そこはなんたって全寮制!
男×男の恋愛もバ続きリバリです!

わたしはこの作品で寮の素晴らしさを知りました_bV

まだ何にも分かってなさそうで無垢な下級生が、遊び慣れた上級生に開発されていく……。

いや~、もうとにかくティモシーが可愛いので、多くの方に読んでみてほしいと思います|X

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ