ロードライト2~様々な光~

rhodolite

ロードライト2~様々な光~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルス(小説・心交社)
発売日
価格
¥854(税抜)  ¥922(税込)
ISBN
9784883022939

あらすじ

偶然の再会から、高校時代の初恋を実らせ恋人同士となった雨宮裕一と芳村史柾。
宝石店の店員と新進のジュエリーデザイナーというそれぞれの仕事も順調で、穏やかで幸せな日々を送っていた。
そんな中、芳村にあるチャンスが訪れる。
雨宮の勤める宝石店の展示会で発表する新作の評判がよければネーム・ブランドを設立できるというのだ。
ライバルとなるデザイナーは二人。
そのうちの一人・今田は、家出した弟そっくりな雨宮に、まるで本当の兄のような親愛の情を見せ―。


表題作ロードライト2~様々な光~

芳村史柾 ジュエリーデザイナー
雨宮裕一 宝石店勤務

評価・レビューする

レビュー投稿数1

地に足のついた恋愛

攻・芳村史柾
受・雨宮裕一

ロードライト~冴えた結晶~の続編です。

雨宮の勤める宝石店で、新人デザイナーのコンペがあり、それに参加する新人3人の1人が芳村です。
雨宮もそのコンペが行なわれる展示会に仕事として関わるのですが、参加デザイナーの今田が雨宮に接近してきます。

家出をして行方の知れない弟に似ているから、と雨宮に自分の作った宝石を渡そうとしたり、芳村との関係を疑い「悪いやつから守ってやる」的な発言をしたり。
ストーカーチックになってきた今田への対応に苦慮します。

同時期に、芳村のデザインを「ココには向かない」と言い捨てる猛一人の新人デザイナー・冬口の存在が、芳村をイラつかせる。
冬口は芳村のデザインを貶しているのではなくて、「老舗の宝石店には向かない」と言いたかっただけなのですが。
最初は冬口の言っている意味が分からなかった雨宮ですが、芳村のデザインを見ていて納得します。

また雨宮の同僚の伊藤に、2人の関係についてカミングアウトします。
同僚であり親友である彼を困らせるつもりは無かったのですが。

雨宮が今田のことで困っているのを知っ続きて、冬口が先輩デザイナーの春日から今田の情報を入手してきます。
今田は弟を溺愛していましたが、その愛情が兄弟以上のものだったこと、兄であることを盾に身体の関係を強要していたこと。それが嫌で家出をしたことを突き止めます。

それらの事実を突きつけられた今田は、持っていたナイフで芳村を刺そうとしますが、とっさに雨宮が庇い傷を負います。

雨宮の周囲のトラブルと、芳村の抱えるイライラと。
同時進行で絡まって、ストーリーは深く繊細です。
恋愛と、仕事と、人間関係と。
全部をしっかりと書き込んであって満足の読後感でした。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ