エタニティ〈3〉―TOKYOジャンクシリーズ

エタニティ〈3〉―TOKYOジャンクシリーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・ビブロス)
発売日
価格
¥900(税抜)  ¥972(税込)
ISBN
9784835210155

あらすじ

謎の華僑組織『猫〈マオ〉』に人違いで拉致された柾。
だが彼の身元を知った『猫』の首領・火獅は柾の命を盾に四方堂財閥を脅迫し始める。
追いつめられた貴之と草薙は、柾を救出するため敵アジトに潜入するが、そこで恐るべき光景を目にし・・・。
果たして柾は貴之の腕の中に帰れるのか!?
大量改稿・書き下ろし・番外編を加えて、超人気シリーズ遂に完結!(裏表紙より)

表題作エタニティ〈3〉―TOKYOジャンクシリーズ

四方堂貴之・会社社長
岡本柾・高校生

その他の収録作品

  • 春にして君を離れⅡ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ほろ苦い終わり方

 誰だかわからない人物に人違いで拉致された柾。
 すっかり行方がわからなくなって、気をもむ貴之であったが、四方堂のためにもそれを悟られてはいけない、と気丈に日常生活を送るよう心がけていた。
 そんな中、柾が謎の華僑組織『猫』に拉致されたことが判明する。
 だが、彼の身元を知った『猫』の頭領・火獅は、柾の命を盾に、四方堂財閥を脅し始める。
 そんな中、貴之の手元に、火獅から柾の指とおぼしきものが送りつけられる。
 それに怒った貴之は、草薙と一緒に柾を救出するために、敵アジトに人身売買の客として潜入することを決める。
 そこで、貴之は恐るべき光景を目にすることになる。

 という話でした。
 最初は、なるべく理性的に振る舞おうと、頑張っていたけれど、最後は指を見て、ぷっつんしちゃって、暴力で情報屋を吐かせようとしたり、秘書の中川に止められたにも関わらず、柾を助けに向かってしまったり。四方堂財閥のために必要な縁談を断ってしまったり。で大暴走。

 そして最後は、二人無事に助かった後に、二人きりで逃避行をしてしまうなんてやりたい放題。
 けれど、最後には柾がつらい決断を続きして、離れ離れ。
 まぁ、柾は独立するための「二年」と言っているけれど、その二年が終わる前に物語が終わってしまうので、ちょっと不完全燃焼!
 どうせなら、しっかりとラブラブな状況で終わってほしかったなー……と思うんですけど、それはそれ、ですかね。

 かなり大人な終わり方をしているので、それがつらい、といえばつらいのかもしれません。
 でも、これの続きもきちんとあるので、それが読みたい方は買って読むことをオススメします!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ