NIKITAお前を愛で殺したい

NIKITAお前を愛で殺したい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784882718451

あらすじ

スパイには不向きな、優しすぎる性格のニキータ。そんな彼をスパイに仕立てようとするウラディーミルの真意は!?

表題作NIKITAお前を愛で殺したい

ウラディーミル・本部長閣下
ニキータ・元警察官のスパイ

その他の収録作品

  • 後記

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ソビエトが舞台の愛憎

紅井さん作品って耽美だけど骨太で古臭いんだけどそこを乗り越えると愛憎入り乱れるストーリーがちょっと癖になる作家さんです。
最近の流行とは真逆を行ってる漫画なんですが、それはそれで良いんだなー。

主人公のニキータ[受]は従姉妹で心臓の弱いナターシャと結婚するんですが、その心臓を治す為には費用もかかりそのせいもあってスパイになります。
心臓移植しないと生きられないと言われているのですがソビエトの一般市民では不可能に等しい。
ニキータをスパイにさせた防諜部部長ウラディーミル[攻]はその心臓移植を盾に週1でニキータの身体を陵辱するのですが、実は彼等の間には過去がありニキータは覚えていないのですがウラディーミルの妻は彼を助ける為に亡くなっているのです。
復讐の為なのか、愛憎なのか、身体の弱いナターシャとニキータとはセックス出来ない夫婦ですがニキータは上司であるウラディーミルに毎週抱かれ、夫の不倫にナターシャは密かに気付いていて母親の死もあり徐々に彼女の心を蝕んで行くのですねー。
ソビエトを舞台にしてスパイ活動も絡めた愛憎劇。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ