便利屋さん

benriyasan

便利屋さん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×25
  • 萌10
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
70
評価数
19件
平均
3.7 / 5
神率
21.1%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784877248536

あらすじ

”わたしのお友達になって下さい 桐ヶ谷あき”
商店街の片隅で営業中の便利屋「SHIVAスタッフサービス」に届いた、ちょっと変わった依頼メール。
スタッフの一人、柴崇史はそんなメールの差出人を、寂しがり屋の女の子だと思った。
ところが、訪ねてみるとそこに住んでいたのは桐ヶ谷亜喜という美形の会社専務だった!
こんな美人で金持ちな人と「友達になる」なんて依頼、初めてなんですけど・・・?
(カバーより転記)

表題作便利屋さん

便利屋さん・柴崇史/依頼人・館石雅章
依頼人・桐ヶ谷亜喜/便利屋さん・宮代琉一

評価・レビューする

レビュー投稿数9

きれいでかわいい

亜喜さんにメロメロなってしまう
のは仕方がないよね!と思いました。

柴もそうですが、会社の人々にも
慕われているのに、自覚がないので
悩んでしまう亜喜さんがいじらしかった。

宮さんはきれいな顔に似合わず、
がさつなところがよかったです。
(Gを素手で潰せるのはすごい。)

体格差(攻め>受け)があり、
受けが女性っぽくて華奢なのですが、
美人な受けはいいよね!
(べっぴんさん最高!)
と思いながら読んでいました。

攻めの外見としては、
柴より館石の方が好みだったなぁ。

絵柄が気に入ったのもありますが、
ストーリーも面白くて、読みやすかったです。

0

始まりは変わった依頼メールから

便利屋で働くコとお客さんのお話です。『さあ恋におちたまえ』の、のぼる達兄弟が時々登場してるのも面白いです。

◎便利屋で働く柴×桐ケ谷専務
真夜中に酔っ払って送った1通のメールから、二人は知り合います。
不器用で恥ずかしがり屋で一生懸命な桐ケ谷が、本当に可愛いです。一方、柴は、近所のみんなに慕われる人情あふれる人で好感が持てます。便利屋の報酬が食べ物というのも、微笑ましいです。
付き合ってからの金銭感覚の違いからのすれ違いや、専務プレイにキュンキュンして萌えます。

◎便利屋で働くミヤ×探偵の館石
お坊ちゃまの時と便利屋の時のミヤのギャップが笑えます。便利屋の仕事を誇りに思ってるのが、好感持てます。
一方、館石の不器用ぶりが可愛くて好きです。付き合ってからのストーカーぶりも萌えます。

1

この町に住みたい。

便利屋さん。タイトル通りの
便利屋さんで働くそれぞれの
人のお話です。

それぞれといっても勤務している全員ではないのですが。

舞台は小さな町の商店街にある
便利屋。
経営は成り立っているのは
心配ではありますが

メインは、勤務している柴くん。
お相手は仕事依頼してきた
桐ヶ谷さん

桐ヶ谷さんとってもかわいい。
真面目なかわいこちゃん。
柴くんは、大型犬といった感じです

このシリーズ案外好きだったなと
読んでいて思い出しました。

お金持ちっていう部分がなければ
もっと楽しめたかな。

0

可愛らしくていい話

大和先生の絵は、どうしていつもこんなに可愛いらしいのだろう…。
「何でもやります!」な熱血柴くんと重役なのにおとぼけキャラの亜紀さん。
良かれと思った行動が柴くんを傷つけて、まぁ柴くんも早とちりと言うか短絡的なんだけど、そんなすれ違いも微笑ましい。
周りのスタッフ達もいい人で、悪人が一人も出て来ないのでどこまでもほんわか路線です。

私も亜紀さんの人柄にやられました。
亜紀さんが、「会議で積極的に発言してみたけど、うるさく口を出すと思われていないだろうか」と悩むところなんか、伊豆の踊り子並みにピュアだと思う。

もう1つのお話も、攻めの正体がばれるところで胸がチクンとしましたが、自ら誘う受けが色っぽくて可愛い。

とにもかくにも、みんな幸せ~なお話でした。

近所にないかな、こんな便利屋さん♪

1

ひたすら可愛かった

二組のカップルが登場しますが、どっちのカップルもツボでした。
それぞれのキャラがしっかり立っていて、それぞれの性格の違いゆえに起きる小さなすれ違いを描くのがすごく上手いなァと思いました。
どっちの性格も好きで、どっちの気持ちも分かるのだ。かなりポイントの高いすれ違いでした。当て馬がいないのも良かった。

便利屋×専務
専務がかーわいい。
不器用っぷりに萌えました。
もうちょい年相応の絵でも良かったんじゃないかなァとは思いましたが。
大和名瀬さんの絵は可愛すぎるほど可愛いし、社会人を描くときはここまで幼い顔にしなくていい気がする。

謎の依頼人×便利屋
このカップル大好き。
イケメンで無表情だった攻めが、実は鈍感バカだったというのがツボでした。
受けから誘っていった最初のエッチも好きだな。このときの攻めの複雑な心情を思うと、なんか妙にニヤケます。

0

とっても素敵

但し、少女漫画的な意味で。

絵もきれいでお上手。
ストーリーの展開もわかりやすい。
キャラクターの性格もイイ。

文句の付けようがない。

なのに萌えないの、、、

多分、受け攻めのキャラが、いかにも「受け受けしい」受けと、男らしい攻めってあたりが、私の萌えポイントをスルーしちゃう要因だと思うの。
もう、これは、単に私自身の好みの問題。

普通に、とっても素敵なので、「もう普通にきれいなだけじゃ物足りない」って言う、どっぷり腐りきった方に、「失ったもの」を見直すタメにも、オススメ

この作品、私はCDの方が好き。
特に、アキが。
コミックだと、ビジュアルがちょっとショタ可愛すぎ。
CD版のアキは、神谷さんの声だとショタ臭さが薄れて、いい感じの天然姫になっていて、好きだわ。
というわけで、評価的に、どっちも「萌」だけど、CD>原作 かな。

0

最近の

最近の大和先生って本当に上手いとおもうのよね.。゚+.(・∀・)゚+.゚
ほら、昔はショタばかり描いてたっていうイメージなんですが、最近大きいお兄さんたちも描いていただけるようになったじゃないですかww
どっちかって言うと私はコッチのほうが好きかな。
絵もバツグンに上手くなってこれはソッコー買いでしょ♪♪


話は、便利屋さんに関わる2組のカップルの話。
便利屋さん×サラリーマン。

会社では高いポジションで弱みを見せられないと頑張っているリーマンさん。
「友達が欲しい」との依頼ww
可愛いww
自分なんかのために~と、お金を払ったり、何気に歓んでたり。
そいういうところがチョット可愛いなと思います。

ただ、個人的な好みは、二組目。
お客×便利屋のほうが好きです。
「男にやられるのがこんなにいいなんて・・・・」
名言だと思いました。←作文風

3

利用したいです

SHIVAスタッフサービスという名の便利屋に勤めている柴、ある日「わたしのお友達になってください」という依頼を受け、てっきり子供の相手をするのかと思ったら、それは酔った男・亜喜が間違って送ってしまったものだった。

確かに亜喜が可愛かったですw
弱音を吐く人がいないので柴に抱きついて「もう仕事疲れた…」と言っているとことかw
すぐ照れるところも可愛いですよね~
マネキンが全部柴に見えて時計やら服やらを買ってしまったり…w
可愛すぎますよ亜喜さん!!

あと専務プレイも萌えました(*´ω`)
エチ中に柴が亜喜をわざと「専務」と呼んで亜喜が「専務と呼ばれるたびにこの事を思い出してしまう」って!
そして後日、本当に会社で「専務」と呼ばれて顔を赤くしてる亜喜wこれじゃ仕事できませんよねw

柴と亜喜も萌えましたが、同じ便利屋に勤める琉一とその客・館石の話も良かったです♪
こんな便利屋さんがほんとにあったらなあ…笑

2

亜喜さんが可愛いっ…。

『お友達になってください。』
一通の以来メールから始まる
便利屋さん(柴)×お客さん(亜喜)のお話です。

亜喜さんが、たまらなく可愛かった~!
いろいろズレてたり、おかしな方向に勘違いしてるところが目につきますが、
不器用ながらも一生懸命なところが、放っておけない感じです。

柴くんも、お金にならないような依頼ばかり受けてしまっているけれど、
まわりの人たちから愛され、信頼されている爽やかな好青年。

そんな二人がお互いに好意を持って、少しずつ距離を縮めていく
ほのぼのラブ・ストーリーで、大変楽しめました。

絵も可愛くて綺麗で読みやすいので、オススメです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ