AVALON 永遠の愛の島 2

AVALON eien no ai no shima

AVALON 永遠の愛の島 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784882716891

あらすじ

遂に第2次世界大戦勃発。ドイツの美しき伯爵アロイスとユダヤ人の使用人ダヴィデ。淡い恋心はいつしか深い愛憎に変わる…。激動する時代に弄ばれ、無惨に切り裂かれていく2つの魂。そして2人がたどり着いた先は永遠の…!!(カバー裏より)

表題作AVALON 永遠の愛の島 2

ダヴィデ・ユダヤ人、ヴュンローエ家の使用人
アロイス・ヴァンローエ ・ドイツ人、伯爵で軍人

評価・レビューする

レビュー投稿数1

まさに愛憎

戦局は激しくなりユダヤ人への弾圧も強くなって行き、アロイスの館にもユダヤ人を匿っていると秘密警察が踏み込んで来る様になります。
不本意ながら親衛隊の権力を使いダヴィテを守り続けるアロイス。
そしてダヴィテは父を、そしてアロイスに嘆願して逃がしてもらった母をも亡くします。
己を攻めるアロイスを怒りと哀しみでもってダヴィテは犯すのですねー、まさに愛憎の関係。
ダヴィテには何も告げず、ヒットラーへの反乱メンバーへと加わるアロイス。
その事がバレてしまい、親衛隊へと囚われる事となります。
そこで性的陵辱も含めた拷問が行われるもアロイスは仲間の名を吐かず沈黙を続けるのでした。
ラストの解釈は読者へと委ねられる形で終るのですがこの作品に相応しい形かと。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ