蜉蝣の庭

蜉蝣の庭
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
イラスト
 
原作
 
作画
 
媒体
小説
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・ビブロス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784882716938

表題作蜉蝣の庭

バイト(身の回りの世話)学生
SF作家

評価・レビューする

レビュー投稿数1

『お前は俺の体の腐った場所に寄生した蛆だ』

周りの人をも巻き込み傷つけながら、結局お互いしか見えてない二人。
湿った依存とか執着とか嫉妬とか独占とか。
夏の蒸せるような暑さとかセミの声とか庭の草の匂いとか汗の匂いとか。
正直この内容、読んでいて非常に疲れます。
でもこの先忘れる事の無い作品だと思います。

--------------------------------------

『来るな、この薄汚い裏切り者』
あの日のセンセイの声がよみがえる。
夏の嵐。
真昼の台風。
天気雨の中でヒグラシが鳴いていた。
強い雨が、庭に下りたセンセイの細い体を濡らしていた。
『お前は俺の体の腐った場所に寄生した蛆だ』
甘い声。
センセイの体から欲望のにおいが立ち昇り、拒みながら禁断の罠に誘う。
僕は眩暈にも似た情欲に、過去を振り返った。
あの暑い夏の日を――。

僕たち二人を襲った、強烈な誘惑の日々を――。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ