GOLD

GOLD
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
5
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784882713579

あらすじ

高校生の真司は、クラスメイトで部活仲間でもある護を密かに想っていた。
真司はある日気持ちが抑えられなくなり、ついに無理矢理護を抱いてしまうのだが・・・

表題作GOLD

三沢真司
麻生護

評価・レビューする

レビュー投稿数2

所々に時代を感じる

90年代に出た作品。目はきらきらした少女漫画のようですが、とても上手いです。

ただ、ストーリーらしいストーリーというものがなく、Hがメインだという時代を感じる流れでした。
クラスメイトの護が好きな真司は、学校の帰りに電車で護に密着した際反応してしまい、そのまま電車で無理矢理・・・あげくに駅のトイレに連れ込んで強姦。護の意思のようなものはこのさい関係ない!というようなノリでした^^;
しかし、痛々しいシリアスではなくライトな作風です。

その後も合宿所で無理矢理、保健室で無理矢理・・・
一話に必ず無理矢理Hみたいな展開がずっと続きます。
護がされるがままなのも、この時代ならではのよくある展開なのかなぁと思ってしまいます。
これでいつの間にか真司を好きになっているというのも腑に落ちない…。
残念ながらストーリーらしいストーリはないなぁと思いました。

何よりこの作品が古い!とどうしても気になってしまったのは作者さんの突っ込み書き文字が頻繁に入ってること。たまにならいいのですが、1Pに何個もセルフ突っ込みの文字が入っていてどうしても目に入ってしまい気になります^^;続き
昔の少女漫画では書き込み文字は良く見かけますが、時代を感じるなぁ~と思いました。

0

ストーリーよりもシーンに萌える・・・

まだそこまでBLにどっぷり浸かっていなかった頃に購入したコミックスです。

一冊丸々表題作の「GOLD」作品になっています。
ストーリーよりも、無理矢理H,無理矢理キス・・・という強引な攻め、そしてそれを嫌がる受け・・・のシーンの絵描写に萌える作品です。

なので、無理矢理・・・というシチュエーションが苦手な方は要注意です。
でも、シリアスな展開には一切なりません。

1話目.高校生の三沢真司はクラスメイトで同じ部活の麻生護を密かに想っていたのですが、満員電車の中で密着している内に遂にこらえきれなくなって、電車内で強引に護を触り始めた上に、そのまま駅の公衆トイレに連れ込んで無理矢理抱いてしまいます・・・(よりによって公衆トイレというのが私としてはかなり嫌ではあるんですが・・・)

2話目.紅白戦を翌日に控えた部活の合宿で、またしても我慢できなくなり、真司は嫌がる護に無理矢理フェラをさせた挙句、無理矢理抱いてしまいます。でも、最終的には護も真司の事が好きになっていて、両想いっぽくなります。

3話目.学校の保健室でHする二人。嫌がるそぶりを見せた護の両手をネクタイ続きで縛り事に及ぶ真司。

4話目.部活の先輩に告白され迫られていた護を見て、真司は嫉妬心から部活のロッカールームで無理矢理護を抱いてしまいます。(実はそれを部室の外から護に告白した先輩に気づかれてしまっているのですが・・・)

5話目.親が留守という事で真司の家に護をはじめ同級生が宴会をしにやってきます。皆酔っぱらって寝静まった頃、護の事をそっと抱きかかえて自室に連れ込む真司。目を覚ました護(酔っている)の方から真司に迫り、Hする二人。

6話目.真司が今までの事をちょっと反省して護に手を出さないようにしたところ、ものすごく不安になってしまった護、で、その気持ちを打ち明け、あろうことか学園祭でクラスの出し物であるお化け屋敷の中で事に及ぶ二人。

7話目.4話で護に告白した先輩の夢オチ話です。夢の中で部室で真司と護と3Pに及びます。

8話目.時代が少しさかのぼり、真司が護を好きになった経緯が描かれています。

無理矢理シチュエーションだらけでも、なんだかんだ結局甘々なカップルな気がします。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ