冥婚

冥婚
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
成美堂出版
シリーズ
クリスタル文庫(小説・成美堂出版)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784415087795

あらすじ

小児科研修医の俺・八城貴志は患者の少女に頼まれぬいぐるみを買いに出て美貌の人形師久世偲と出会い奇妙な賭けをすることに。
俺を運命の相手だと言い張り強姦した挙句、同棲強要のストーカー行為で追い詰める偲。
なぜ俺がこんな理不尽な目に!?どうやら19年前に端を発した衝撃の因縁があったらしいのだ。

表題作冥婚

久世偲,人形師,19歳
八城貴志,小児科研修医,24歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

面白かった~

「運命です」と言い切って、ひたすらぐいぐい押してくる美形の執着攻め。しかも敬語だから萌える。
こういう攻めって、オソロシイのに面白いんだよね。
その情熱的な態度に惚れたとかほだされたとかというより、嫌がっても嫌がってもめげない攻めとのやりとりの不毛さに、ほとほと疲れ果てて、押しきられて関係を持つようになった受け。その気持ち、分かんないけど分かるような気がしてしまう。
運命なら仕方ないさ!とナチュラルに思えちゃいました。
どんどんコミカルになっていく展開でしたが、これ作者も意図してない部分で、制御不能になっちゃったんじゃないかな~と思いました。面白かったから無問題ですが。

ストーリーもしっかりしてて良かったです。
攻めは人形師で、そこに人間の魂を封じ込めたり身代わり人形を作る力を持ってます。
さまざまな伏線を散りばめて、謎を提示したり回収したり、興味をそらさないストーリー構成でした。
面白かったです。
前田栄さん作品、好きかも。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ