ボクサーは犬になる―ドクター×ボクサー 1

ボクサーは犬になる―ドクター×ボクサー 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
22
評価数
5件
平均
4.4 / 5
神率
60%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
成美堂出版
シリーズ
クリスタル文庫(小説・成美堂出版)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784415087658

あらすじ

高校を中退し故郷を捨てた18才の橋口徹の、ボクシングこそすべての生活が、ある日突然激変して…黒光りするドーベルマン2頭を連れた外科医・加藤との出逢いが家族愛すら知らなかった徹に、監禁と呪縛の愛の檻の中で生きることを求めるとは…誰も先生みたいに構ってくれなかった!!シリーズ第1弾。

表題作ボクサーは犬になる―ドクター×ボクサー 1

ドクター
ボクサー

その他の収録作品

  • ドクターは犬を飼う
  • チャンピオンを犬が噛む
  • ナースが犬を盗む

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ドクターとボクサー

医師加藤[攻]は愛するあまり、ボクサー徹[受]を自宅の一室に監禁します。
見つめ続け、用意周到に計画を練りと恐るべし執着愛なのですが、監禁された徹が寡黙というか動じない性格というか、泣き喚きもせずあまりに淡々としているのでうっかりその犯罪性を忘れそうになってしまいました。
けれどそれを感じさせない剛しいらさんの筆力はやっぱ凄い。
加藤が飼っている2頭のドーベルマンが単なるペット以上の存在感とエッセンスになってます。
執着愛の加藤も怖いけれど、淡々とそれを受け入れる徹も怖い。
なのにラブストーリーとして仕上がっているのが怖いけど凄い。
このドクター×ボクサーシリーズは続きますが、やはり1作目のこの作品が一番強烈で一番好きです。

3

打ち震えるほどの感動

はじめて読んだ時は衝撃的でした!!

ドーベルマンを飼っている男が若いボクサーを監禁するお話です。
何がすごいのかとにかく話に引き込まれる引力が違います!!
このお話でしいらさんの真髄を見た気がします。ベテランと呼ばれる人はやっぱり違うな~と納得。

男は寂しさと狂気的なまでの愛で主人公・徹を監禁します。徹は、純粋で曇りのない心を持ちただ全身で男を受け入れていく。
徹の透明感のある心情に読者の私がシンクロしてしまい普通ならあり得ない変態行為に理解を示してる!?
そこには倒錯的で真剣な世界があって他でみるエロさやハードを追求するような拉致・監禁モノとは全くの別モノであると感じます。
加藤が抱える寂しさと誰かに愛された記憶のない徹が思わぬ形で近づいてお互いの存在がかけがえのないものになっていきます。

そして外せないのは犬たちの存在。
犬嫌いだった徹が、自分も犬のように忠誠を誓うかのように加藤を愛するように。
そうした過程で犬たちをも理解していくのです。ドーベルマンのカインとアベルです。
短編はどれも犬は欠かせない存在ですが絶妙な加減で示されるところが、しいらさ続きんの文章力の高さ。思わず呻りをあげてしまうほど。
動物好きとしても魅力的な内容です。

また医者としての加藤。ボクサーとしての徹。そして彼らに関わる人々。個人としてもストーリーがあるので人間味が非常にあふれてます。
そのストーリーの濃さに感動と興奮をさせられました!!

自分の中では評価:神 としても神神神と分けて考えたいくらいの位置づけです。

※余談ですが、昔子供のころ知り合いがやはりドーベルマンを二匹飼ってました。徹じゃないですが吠えられてものすごく怖かった記憶が・・・。
ドーベルマンて二匹セットは基本??






2

切なすぎる純情。

久しぶりにゾゾゾッと来た作品です。
雑誌で名前は聞いたことあったんですけどね。ドクター×ボクサーシリーズ!って…何だ!?とか思ってましたがー…。小説買うのに少し一苦労しました。クリスタル文庫…。

ドクターである加藤先生はボクサーである徹という少年を好きになり、1年間くらい見つめてて(ストーカー…)ついに我慢できなくなって、飼ってる犬を使って拉致・監禁してしまいます。普通、監禁モノの攻めって言ったら、鬼畜・サド・変態の三拍子なんですが…。「いい子だね」とか「お願いだよ」とか…切なげに攻めてきます。
この加藤先生が、とても弱気で寂しそうなのですよー。。。
彼の異常なニュアンスがかなり出てて、徹とシンクロして怖くなってきます。
彼もドモっちゃう程の弱気なタイプですけど芯が通った男らしい子で健気受けです…。
ある出来事がきっかけで恋に臆病になってしまった加藤先生を、優しく受け止めていく徹とのやり取りは、何となく静かな人間ドラマを聞いているようで、胸が熱くなりました。
小説の挿絵は石原理先生。た…たまりません、先生が描く男の肉体は美しいです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ