貴賓の誘惑

kihin no yuuwaku

貴賓の誘惑
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイSLASHノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784862633880

あらすじ

「感じ上手な淫らな身体だ」休暇を箱根の高級旅館で過ごすことにした美貌のエリート・晶。そこで出会った若旦那の上矢は、驚くほどの美丈夫だけれどその眼差しは鋭く、晶は頑なに隠している欲望を暴かれてしまう!
 柔和な貌とは裏腹に、傲慢で鬼畜な本性を見せる上矢。巧みな性戯で荒々しく奪われ、淫らに濡れた晶の身体は限界まで感じてしまい…!
 変えられてしまう自分が怖い、けれど極上の愛撫と熱い愛に抗えなくて――!
 オール書き下ろしエロスラブ!
出版社より

表題作貴賓の誘惑

旅館の若旦那 上矢
エリート銀行員・晶

評価・レビューする

レビュー投稿数1

とにかくエロい

老舗旅館の若旦那・上矢直人と、エリート銀行員・椎原晶の物語です。
表題作と「甘く愛しく乱れて溶ける」が収録されています。どちらも晶の目線で話が進みます。

「貴賓の誘惑」
長期休暇に奮発して老舗旅館「箱根旅亭」に宿泊したことにした晶(受け)は、ふとしたことで上矢(攻め)が元役者でゲイであることを知る。上矢から「口外しないでほしい」と頼まれた晶は、そんな口の軽い人間だと侮辱されたと憤り、ここにいる間は自分と付き合ってほしいと上矢に迫る。最初は断っていた上矢だったが…という内容です。

「甘く愛しく乱れて溶ける」
61ページとSSと呼ぶには長めです。表題作の後日談。
銀行を辞めて箱根に引っ越してきた晶。演劇祭を前に多忙な上矢でしたが、二人の仲は順調そのもの。そんな中、晶の元彼氏が脅迫してきて…という話です。

やる気になった上矢がエロいです。快感を貪る晶もエロいです。
カラー挿し絵は裏表紙と同じイラストなのですが、帯で足を結んだ浴衣同士のエッチというエロさです。カラー込み10枚中7枚のイラストがエッチ関連。内容もそれに沿ったものなので、エロ重視の方にはお勧めです。
続き
ただ、身体先行で、エッチに心が引きずられている印象を受けます。晶の銀行での話や上矢の元彼疑惑の登場など、ストーリーがないがしろにはされているわけではありませんが、両思いになるまでのすれ違いの切なさとかは感じません。個人的には、上矢が結構早いうちから好きオーラを出しているのが読んでいて楽しかったです。

スピンオフとして、「誘惑の灯は切なく甘く」があります。上矢に、物語の序盤部分でフラれた青年・香野澄夜が主人公になります。上矢は相談役としてそこそこ登場しますが、晶はちらっと姿を現すだけ。順調な仲を見せています。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ