朝 MORROW―硝子の街にて 5

朝 MORROW―硝子の街にて 5
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
3件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥530(税抜)  ¥572(税込)
ISBN
9784062554121

あらすじ

アメリカの路上、携帯電話で自分の勤める会社の倒産を知らされた、日本人の男性。次の瞬間、彼の身体は、車に撥ねられていた!絶望のあまり、男はふらふらと車道に飛びだしたのだろうか?それとも、誰かが故意に、彼の身体を押したのだろうか?疑問が氷解する間もなく、ノブたちは、彼の妻が同様の事故に遭うのを目撃する―!―どこまでもピュアなノブとシドニーの、“友情”と“純愛”のNYストーリー。

表題作朝 MORROW―硝子の街にて 5

シドニー・ホプキンズ/刑事/29歳
広瀬伸行/ツアーガイド/25歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

大きくてささやかな進展

合意じゃないけど4巻目にしてようやくキスシーンがあり、でも5巻に入るとやはり何も進展しておらず、もとの「親友」で「隣人」に戻ってる…と思ったら、最後に大きな進展のある一冊でした。

糖度の低さに慣れていたので正直少し驚きました。
シドニーが伸行を好きな事は誰がどうみてもわかりやすく書かれているのですが、それをちょっとわざとらしいくらい伸行が気がつかない…のが一種のステイタスになっている作品だったので、それが見られなくなるのは残念な気もします。

とても簡単な英語ですが、やっとシドニーが愛の告白をするシーンがあります。
何となくロマンチックなムードになって告白・・・というわけでなく、事件に巻き込まれた上に熱を出した伸行の様子がおかしくて、それを止めようと勢いにあまって、という感じです。
待ちに待ってたシーンのはずなのに、事件の真っ最中に、今、ここで!?という感じでした。でも、それが逆によかったかも。

かといってその後なにが変わったというと何も変わってないません。
ただ後ろ向きになりかけていたシドニーへの気持ち(半同棲状態で恋人を作る邪魔になっているのなら自分は出て行続きこうか、とか)が前向きになっています。
シドニーが好きだという純粋な気持ちを大事にして、たとえそれが自分にとっては友情でも一緒にいようと結論を出します。
シドニーももう隠さないでいいから気楽と言ってますが、それでまた同じ生活に戻るんだろうなぁ。

でもシドニーの元恋人に対するもやもやを自覚している分、少しずつ進んでいるのだと思います。

このお話、子供の頃の2人の回想シーンが頻繁に出てきますが、それは何かあるたび伸行が思い出の中に逃避するから。
10年以上離れていたシドニーと伸行の再開ものなんですが、普通なら出会いがわからないと再会ものって楽しめないと思うんです。
でもこれ、出会いだって最初の1話目でされた説明だけで後は回想シーンがそう頻繁になくても、2人の絆の深さとかが今のやりとりだけで十分伝わってくるんですよね。
そこがすごく好きです。
いつもいつも事件に振り回されている2人ですが、できればアパートで日和ってるシーンがもっと見たいなぁと思います。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ