虹 RAINBOW―硝子の街にて 3

niji

虹 RAINBOW―硝子の街にて 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
3件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥570(税抜)  ¥616(税込)
ISBN
9784062553308

あらすじ

土砂降りの中、バスを走らせてツアー客を迎えに、ケネディ空港へ向かったノブを待ち受けていたのは、警官の射殺事件と、5年ぶりに再会する父親の姿だった。(――泣いているのは、誰だろう?)警官の死。父と息子。過去と現在。ノブの脳裏の中を伸びてゆく多くの言葉が、彼らを事件の真相に導いてゆく。――どこまでもピュアなノブとシドニーの、“友情”と“純愛”のNYストーリー!!
出版社より

表題作虹 RAINBOW―硝子の街にて 3

刑事 シドニー・ホプキンス 28歳
広瀬伸行 添乗員 25歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

何度でも君のために

硝子の街にて、の3巻。
何故かすごくあせた雰囲気のある懐かしい感じの作品です。
舞台は90年代のニューヨークなのですが、書かれているのも90年代なのでリアルタイムを追っているはずなのに、何故かわざと懐かしい感じを出してるんじゃないかな?て思ってしまうような、淋しい感じの漂うシリーズなんですよね。この雰囲気がすごく好きです。

主人公の伸行とシドニーの間にはまだ進展らしい進展はないのですが、シドニーの過保護ぶりが拍車をかけている気がします。もう少しで25歳になる伸行に、危険への自覚がない(色々な意味で)て言うシドニーの台詞が好きです。自覚がない、てもはやシドニーの口癖になっています。

今回は日本を捨てた時以来あっていない父親と伸行がニューヨークで再会し、情緒不安定になる信行をシドニーが心配しつつも辛抱強く見守ってくれるお話。
伸行は真っすぐでお人よしであぶなかしい所もあってどこか不安定なキャラだけど、非常に主人公らしい主人公です。そしてシドニーは本当にいい男だ…。

今回も殺人事件が起こり、伸行はシドニーと一緒に捜査をするのですが、今までの巻で起こった事件全て、家族の続き愛が発端となってるんですよね。
複雑なバックグラウンドで育った伸行は事件の当事者の感情を読み取ることが出来て、今回も事件を解決に導きます。

シドニー曰く、シンクロする能力というか、伸行は事件関係者の中で最も痛々しい思いを抱えた人に共鳴する力(?)を持っていて、それで毎回事件の真相に辿りつけるという…主人公に特別にできることがあり、それで事件を解決に導くという設定はなかなか面白いと思う。
それでシドニーが毎回毎回心配して伸行には事件に関わって欲しくないと思ってるのも可愛いです。

生まれた時からの幼なじみで、一度別れ別れになったけど大人になって再開した二人。伸行は日本を捨て、アメリカ人に帰化したときもシドニーを頼り、住むところも世話してもらいます。
そんなシドニーに頼りぱなしだという自覚があるにはあるのですが、だからどうしたらいいのかわからない感じも伝わってきます。シドニーは迷惑だとは思ってないようだけと。

毎回シドニーと伸行の過去の話が絡むのですが、シドニーが昔、雨に閉じ込められた時に傘を取りに走ってくれたというエピソードがとてもよかった。

同じようなことがこの先起これば、何度でも傘を取りに走ってくれるとシドニーは言うんですよね。
「雨」は比喩なのですが、伸行に何かあれば伸行のために必ず走ってくれるシドニー。

そんなシドニーを見て伸行はいつまでもシドニーに傘を取りに行ってもらっていいの?と迷います。
こういう二人の関係がとても好きです。

シドニーは幼なじみのお兄ちゃんで大事な友達。シドニーは好きで伸行を守っていても伸行がそれじゃダメだと思ったら少しずつ変わっていくんじゃないでしょうか。でも今はまだだからどうなりたいのか、わからない、という感じです。
この先がすごく気になるし、急がないでゆっくり見守りたくなる二人です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ