雪 NOW―硝子の街にて 2

雪 NOW―硝子の街にて 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
3件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784062552585

あらすじ

「ゴミに埋もれても、人間は死なない」殺人課の刑事シドニーが口にすると、含蓄(がんちく)があるように聞こえるから、ノブも黙ってしまった。乱雑なシドニーの部屋を後にして、大雪に凍えるNYの街路で死にかかった男がノブに言ったのは「近寄るな、ユキオンナ」!?ファッション業界の醜聞(スキャンダル)!?トップデザイナーの死。大雪の日、少年が見たものは!?──どこまでも純(ピュア)な伸行(のぶゆき)ことノブとシドニーの、“友情”と“純愛”のNYストーリー。
出版社より

表題作雪 NOW―硝子の街にて 2

刑事 シドニー・ホプキンス 28歳
広瀬伸行 旅行会社店員 25歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

無防備な行動

硝子の街にての第2巻。
1巻を読んだときには、恋愛でなく友情に重きを置いてる作品だと思ったのですが、シドニーのほうは伸行を恋愛対象としてはっきり意識している感じです。

ゲイのシドニーは伸行を「初恋だった」、と前回笑いながら言っていましたが、終わった恋でなく今でもずっと好きなんでしょう。
子どもの時から考えると長い年月ですね。その間に付き合った人もいるんだろうけど。

今回、雪の日に埋もれた怪我人を発見した伸行は、結局亡くなってしまった被害者の足取りをたどる警部補のシドニーにひっついて捜査に協力します。
ミステリー要素が強くラブストーリーはその不随のような作品ですが、前回よりは恋愛要素が多いかなという感じです。

口は悪く大雑把だけどどんな時も冷静で頼りになるシドニー。
男性から見ても女性から見てもカッコイイと思います。
そんなシドニーを伸行は頼り、甘え、でも鈍感で、「雪の日は眠れないから一緒に寝ていいか」と聞いてシドニーに「それは拷問だ」と言わせます。
でもそれが全くなんのことかわかっていない伸行の中では、シドニーはまだまだ恋愛対象として意識していないのかなと続き思います。

けれど、「100%盲目的に信頼している」という関係がとても素敵だしBL的には萌えるし…
シドニーが年上だからかもしれません。
「お前は恋愛対象だ」なんてハッキリ言わないで伸行を大事にしてるのがわかります。

捜査官としては行動力のあるシドニーに、被害者や容疑者の心理が何故かわかってしまう伸行の組み合わせは、事件ものとしても十分楽しめます。

キスシーンやベッドシーンはこの段階では一切ないんだけど、それを物足りないとは思いません。
むしろ、伸行の一挙一動がシドニーをくすぐっているのに頑張って堪えるシドニーと、全く無防備な伸行が楽してもっと見たいと思える作品です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ