世紀末☆ダーリン2007

seikimatsu darlind 2007

世紀末☆ダーリン2007
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784537108460

あらすじ

ワガママ・ツンデレ王子な坂本三四郎に、毎日振り回されまくる桂千太郎。それがふたりの奇妙なカンケイ…と思っていたら、ある日千太郎に大阪長期出張の話が持ち上がる。「俺がいなくても、坂本さんはひとりで生きていけるのだろうか!?」ふと不安になる千太郎。だけど出張の話をして、もしためらいなく「行ってこい」と言われてしまったら?もどかしい想いに囚われる千太郎。「俺は坂本さんのことが、ただ好きなだけなのに…!」 純情一途な故に千ゝに乱れる千太郎を見つめる読者の視線は自然と「攻」っぽく?  大人気BLコミック『世紀末☆ダーリン』の新作が単行本でついに登場!
出版社より

表題作世紀末☆ダーリン2007

会社員 桂千太郎
会社員 坂本三四郎

その他の収録作品

  • 世紀末☆ダーリン2007 act.1
  • 世紀末☆ダーリン2007 act.2
  • 世紀末☆ダーリン2007 act.3
  • 世紀末☆ダーリン2007 act.3

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ホモは連鎖する

今回は桂×坂本組が大阪に行く話。表紙もこの二人。

色々あったけど坂本に大阪について来てくださいって言う桂はやっぱり男前だなあ。

その後大阪に来たのはいいけど様々なトラブルが。そしてここでも新たなホモ達が。もうこの世界はホモ=禁断ではないのですよね。そう割りきって読めば楽しめます。でもやっぱり男が男に恋してるってなんの躊躇いもなく言うっておかしいよなあ。何もつっこまない坂本達もおかしい。

最後はなんとか丸く収まり、新しい友人も出来て二人の同居生活がようやくスタートします。

次回は高杉×緒方組が大阪へ!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ